アニメ『スペースコブラ』の最終回ってどうだった?
2021年3月14日 更新

アニメ『スペースコブラ』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『スペースコブラ』はこんな感じでした。

2,182 view

『スペースコブラ』

製作・著作:トムスエンタテインメント
アニメーション制作:東京ムービー
放送期間:1982年10月7日から1983年5月19日
放送時間:木曜19:00から19:30
放送局:フジテレビ系列
放送話数:全31話
主題歌:「コブラ」前野曜子

スタッフ

原作:寺沢武一
チーフディレクター:出崎統、竹内啓雄
ディレクター:奥脇雅晴(最終回担当)ほか
シナリオ:山崎晴哉(最終回担当)ほか
コンテ:児玉兼嗣(最終回担当)ほか
作画監督:杉野昭夫、大塚伸治
美術監督:石垣努
撮影監督:高橋宏固
音楽監督:鈴木清司
録音監督:加藤敏
音楽:羽田健太郎

キャスト

コブラ:野沢那智

ドミニク:高島雅羅

レディ:榊原良子

サラマンダー:柴田秀勝

『スペースコブラ』とは

左腕に特殊な光線銃サイコガンを点けた宇宙海賊・コブラの活躍を描いたスペースオペラ・アニメ。
相棒の女性型アーマロイドの名はレディ、乗っている宇宙船の名前はタートル号である。

原作は「週刊少年ジャンプ」にて1978年から連載された『コブラ』。変更点はあるものの、この第1部までがアニメ版の内容となっている。

『スペースコブラ』の最終回

第31話「あばよ!おれのコブラ」

雪の惑星。地面の氷を割って、死んだほずの海賊ギルドの総司令官サラマンダーが現れた。そしてバットを殺す。酒場で起きた爆発のため、酒を飲んでいたパンプキンも殺された。ふたりはサラマンダーを倒すためにコブラに協力した仲間だった。

豪華な列車で旅行中のコブラとドグ。コブラが身だしなみをしている間に、ドグは先にバーに向かった。

部屋を出たコブラは、ひと月前に消えてしまったドミニクそっくりの女とすれ違う。
コブラ「ドミニク、俺だよ、コブラだよ」
だがそれはエルラド教会の首長、ミラールだと名乗る。
ミラール「そんなにあたしに似てますの?これも何かのご縁ですわ。よろしかったらそのうち教会本部の方に遊びにいらしてください」

その頃、ドグはバーで知り合った女と部屋にいた。ベッドで女に覆い被さると、ドグは緑色の炎に包まれる。
女「バットとパンプキンの後を追うのよ!」
その女の正体はサラマンダーだった。

コブラの前でドアが開き、ボロボロになったドグが現れる。
コブラ「ドグ、どうした!誰にやられた!」
ドグ「…サ、サラマンダーは生きている。バットもパンプキンもやつにやられた。気をつけろコブラ…」
ドグは死んだ。

宇宙船の中のコブラ。
コブラ「サラマンダーの基地があると言われてるバレンタイン星域。その中にエルラド教会のあるエルラド星も含まれている。そしてその首長にドミニクのそっくりさんが」

女神像の前にいるミラールと、その信徒たち。そこへコブラがやって来た。
コブラ「これはミラール様、お目にかかれて光栄です」
ミラールは大司教のラシッドと、司祭のソフィアを紹介する。ソフィアは今、エルラド教会は非常に重大な時期を迎えていると言う。

それは女性があぐらをかいた姿の巨大なシドの女神像を、軌道上に打ち上げるというものだった。教会の平和と自由のシンボルであり、そして宇宙を航海する船の安全を守る灯台になる。それはひと月後、宇宙中の無数の惑星で同時に打ち上げられる予定だった。

バルコニーにいるコブラとミラール。
ミラール「寝る前のほんのひととき。それがあたし自身のための時間なのです」
コブラ「エルラド教の首長にキスしたいときは、一体なんて言やあいいんだ?」
キスするふたり。
コブラ「やっぱり、やっぱりあんたはドミニクに間違いない。あんたの背中には刺青があるはず」
ミラール「そんな!違うわ、私はミラールよ。たしかに刺青のことはその通りよ。あたしも最初は驚いたわ。でも…」
ミラール「悪かった、気にしないでくれ。あんたはやっぱりミラールさ。さあ信徒70億の首長がいつまでも泣いてちゃ恥ずかしいぜ。笑った笑った」
そこへ銃を構えた3人の男たちが現れた。素手で倒すコブラ。
コブラ「どうやら教会ではあんたを必要としなくなったようだ」
男の手にはサラマンダーの部下の紋章があった。服には宇宙船の打上げ用のオイルが付着していたる。
コブラ「シドの女神像だ!ミラール、女神像の打ち上げ場所へ案内してくれ!」

巨大な打ち上げ施設にやってきたコブラとミラール。一ヶ月後のはずの打ち上げの準備が着々と進められている。
ミラール「ソフィア!これはいったい何事ですか?」
ソフィア「ただちに打ち上げの準備をするよう大司教から命令されまして」
背後からラシッドが現れた。
ミラール「ラシッド、なぜそのようなことを。打ち上げは一ヶ月後のはず」
ラシッド「急ぐ事態が発生したからです。あれをご覧ください」
モニターには銀河パトロールの大艦隊がうつる。エルラド教国に向けて侵攻を始めたのだった。
ミラール「銀河パトロールが来ても別に構わないではありませんか」
コブラ「海賊ギルドとしては困るのさ」
周りにいた信徒たちがコブラに銃を突きつける。ミラールにもソフィアが銃を向ける。

ラシッド「あと数分で何万という惑星から一斉にシドの女神が打ち上げられる」
コブラ「平和と自由の女神像。いつからギルドは慈善事業を始めるようになったんだ?」
ラシッド「残念ながらあれは、いわば『死の女神』といったところだよ」
シドの女神像は、強力なレーザー光線砲を供えた死の衛星なのだった。
ラシッド「各惑星はこの女神を通して我々ギルドの支配を受けることになるのだ」

コブラ「ついでだ。ひとつ教えてくれないか。なぜドミニクをミラールに仕立て上げた」
ラシッドは本物のミラールが死んでしまったから、そっくりのドミニクを利用したのだと言う。ドミニクの脳を凍結し、そこにミラールの記憶を埋め込んだのだ。
ラシッド「だが替え玉ももはや必要なくなった。すべてはシドの女神像を打ち上げるまでのことなのだ」
カウントダウンが進んでいる。10秒で補助エンジンが点火し、ついにゼロになる。
ラシッド「発射!」
打ち上げられるシドの女神像。
ラシッド「夢が、三千年を越える夢が時空を越えていまここに甦った。ハイル、サラマンダー!第三帝国に栄光あれ!」
サラマンダーが現れた。
サラマンダー「諸君、あと数分ののち各惑星にある一万二千基のシドの女神像が全宇宙を掌握する!」

サラマンダー「私は、最終命令『我に従え』をシドの女神にプログラムする」

サラマンダー「この指令センター、もはや必要としなくなった」
建物は爆発し、崩れ始める

走って脱出したコブラとミラールは、広くて長い階段がある部屋に到着した。階段の上にはキーボードが付いた台がある。奥の壁にはギルドの紋章が描いてあった。

コブラ「感じる。恐ろしいほどのサイコエネルギーだ」
台を見るコブラ。
コブラ「そうか!やつはあれでプログラムをインプットするんだ!」

現れたサラマンダーをサイコガンで撃つコブラ。身体に当たるが頭だけが飛んできて、壁の中に消える。
コブラ(…そうか!やつもたただのエネルギー体にすぎないのか)
この部屋に、サラマンダーを作り出しているものがいるとコブラは確信する。

コブラは再び現れたサラマンダーを撃ち、エネルギーが吹き荒れる中をキーボード台にたどり着いた。プログラムを入力するコブラ。しかしエネルギーに吹き飛ばされる。

現れたサラマンダーが、キーボードに入力する。
サラマンダー「最終命令プログラミング。『我に従え』!」
そしてシドの女神像に、銀河パトロールを攻撃するよう命じた。

だが宇宙にあるシドの女神像は、同士撃ちを始めた。次々と大破していく宇宙中の女神像。
コブラ「どうやら、こっちのプログラムが効いたようだな。『コギトエルゴスム』、大昔の哲学者の言葉さ。『我考える、ゆえに我あり』」
コブラの入力したプログラムによって女神像はいっせいに自我に目覚め、同じ自我の自分を否定して攻撃し始めたのだった。

コブラ「サラマンダー!貴様の本体はそこだーっ!」
サイコガンで紋章を撃つ。その中から巨大な男の首が飛び出した。

紋章の奥にあった部屋に入るコブラ。そこには椅子に座った男の姿があった。
コブラ「やはりな。あんただったのかい。ミイラになっても精神は生き続けていたらしいな」
サラマンダーは、ギルドを操るためこの男に作られた幻影だった。
コブラ「三千年にもおよぶあんたの闘争もやっと終わりを告げたってわけだ」

倒れているミラールを助け起こすコブラ。
ミラール「ここはどこ?どうしてあたしをここに?」
ミラールはドミニクの記憶を取り戻していた。
ドミニク「ミラールって誰なの?誤魔化さないで、コブラ!」
コブラ「やれやれ、これじゃミラールのままの方がよかったかなあ?さよならーっ!」
逃げ出すコブラ。

コブラとレディを乗せて、宇宙を飛んで行くタートル号…。

その後の『スペースコブラ』

原作は「週刊少年ジャンプ」から「スーパージャンプ」、「コミックフラッパー」から「COMIC Hu」と雑誌を変えて現在も続いています。

先駆けとして1982年に『コブラ SPACE ADVENTURE』という劇場版があり、それからの本作となりました。

アニメ版から25年後の2008年には「コブラ生誕30周年記念作品」として『COBRA THE ANIMATION』が制作されました
OVAとして全6巻で「スーパージャンプ」時代のエピソードをアニメ化。
その後「週刊少年ジャンプ」時代の作品も含めてテレビアニメ化。

ハリウッドでの実写映画化(映画化権は正式に取得済み)という話もあるようですが、進捗はないようです。

ちなみに「メイプル超合金」のカズレーザーはいつも赤い服を着ていますが、コブラに憧れているからなんだそうです。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
宮崎美子に続け!斉藤慶子(60)がセクシー過ぎる還暦ビキニ姿を披露!!

宮崎美子に続け!斉藤慶子(60)がセクシー過ぎる還暦ビキニ姿を披露!!

女優・タレントとして活躍する斉藤慶子(60)がこのたび、講談社発行の雑誌「週刊現代」の7月16日発売号にておよそ30年ぶりとなる水着グラビアを披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 62,563 view
お宝写真は突然に!鈴木保奈美(54)が36年前に撮影された高校生時代の写真を公開!!

お宝写真は突然に!鈴木保奈美(54)が36年前に撮影された高校生時代の写真を公開!!

女優として活躍する鈴木保奈美(54)がこのたび、自身のインスタグラムにて36年前に撮影された高校生時代の写真と現在の最新ショットを公開し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 13,947 view
「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

映画「氷の微笑」などのヒットで知られる女優のシャロン・ストーン(63)が、自身のインスタグラムにて黄色いビキニを着用した写真を投稿、その若々しさ溢れる姿が大きな話題となっています。
隣人速報 | 18,510 view
数々のアイドルを輩出したティーン向け雑誌「セブンティーン」が月刊発行を終了することが明らかに。

数々のアイドルを輩出したティーン向け雑誌「セブンティーン」が月刊発行を終了することが明らかに。

集英社が発行する女子中高生向け雑誌「セブンティーン(Seventeen)」がこのたび、月刊誌としての発行を終了することが明らかとなりました。
隣人速報 | 609 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト