“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいが、結局は、『パリ、テキサス』はすべての人の物語なのだ。

“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいが、結局は、『パリ、テキサス』はすべての人の物語なのだ。

別に入口はなんだっていい。“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいし、ライ・クーダーのギターに魅せられるのでもいい。ヴィム・ヴェンダースの最高傑作だからもう一度観ておこう、みたいな感じでもいい。結局は、さまざまな愛の再生の物語に心が引き取られ、落ち着かされ、なだめられていく。年齢を重ねたからこそ感じられる発見もある。僕らはいつ主人公トラヴィスのように生きることになってもおかしくない、と気づく。いい意味でも悪い意味でも。

コメントを書く

コメント欄は、投稿された記事への「想い出を語る場」として公開いたしております。
利用規約・ご利用上の注意を遵守し、内容に責任をもってご利用ください。

■ご利用上の注意
・投稿の受付から公開までお時間を頂く場合があります。
・投稿したコメントの編集・削除はできません。
・URL、画像の投稿はできません。
・本コメント欄の主旨にそぐわないと運営側が判断した場合は、サイトに反映されません。
 また、コメント反映後も、運営側の判断で削除させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
・本コメント欄は、運営側へのご意見、ご要望を受付けるものではありません。
・何人も、他の利用者からの発言に応答しなければならない義務は負いません。