本当は妹を虐待していた…??映画『火垂るの墓』と原作者・野坂昭如の実体験の違い

本当は妹を虐待していた…??映画『火垂るの墓』と原作者・野坂昭如の実体験の違い

1988年に公開されたジブリ映画『火垂るの墓』。その主人公・清太は、原作者・野坂昭如のアバターとされていますが、しかし、野坂は戦時中、清太のような妹想いの好青年だったわけではなく、幼い妹の食料を奪い、虐待まで加えるというひどい兄貴だったといいます。

コメントを書く

コメント欄は、投稿された記事への「想い出を語る場」として公開いたしております。
利用規約・ご利用上の注意を遵守し、内容に責任をもってご利用ください。

■ご利用上の注意
・投稿の受付から公開までお時間を頂く場合があります。
・投稿したコメントの編集・削除はできません。
・URL、画像の投稿はできません。
・本コメント欄の主旨にそぐわないと運営側が判断した場合は、サイトに反映されません。
 また、コメント反映後も、運営側の判断で削除させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
・本コメント欄は、運営側へのご意見、ご要望を受付けるものではありません。
・何人も、他の利用者からの発言に応答しなければならない義務は負いません。