【甘くキュートな歌声】ドラマ「悪魔のKISS」挿入歌【好きになって、よかった】の加藤いづみの魅力

【甘くキュートな歌声】ドラマ「悪魔のKISS」挿入歌【好きになって、よかった】の加藤いづみの魅力

1993年、奥山佳恵、常盤貴子、寺脇康文などの体当たり演技でテレビの前に釘付けになったドラマ「悪魔のKISS」。主題歌はサザンの「エロティカ・セブン」ですが、挿入歌の加藤いづみ「好きになって、よかった」の魅力が忘れられません。今回は、加藤いづみさんの魅力をレポートします。

コメントを書く

コメント欄は、投稿された記事への「想い出を語る場」として公開いたしております。
利用規約・ご利用上の注意を遵守し、内容に責任をもってご利用ください。

■ご利用上の注意
・投稿の受付から公開までお時間を頂く場合があります。
・投稿したコメントの編集・削除はできません。
・URL、画像の投稿はできません。
・本コメント欄の主旨にそぐわないと運営側が判断した場合は、サイトに反映されません。
 また、コメント反映後も、運営側の判断で削除させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
・本コメント欄は、運営側へのご意見、ご要望を受付けるものではありません。
・何人も、他の利用者からの発言に応答しなければならない義務は負いません。