日本のネオ・ロカビリーバンドの代表だった「ヒルビリー・バップス」

日本のネオ・ロカビリーバンドの代表だった「ヒルビリー・バップス」

日本発のネオ・ロカビリーバンド「ヒルビリー・バップス」のデビューから解散、現在までの概要のまとめ。 バンドの活動期間は、1983年-1990年、2004年-現在。 1988年、バンドの人気絶頂期に初代ボーカル宮城宗典が死去。それにより一時的に活動休止を余儀なくされるが、その後宮城の追悼コンサートを行う。2代目ボーカル横山裕高を迎え再始動するも、1990年に解散。2004年からバンド活動を再開している。

コメントを書く

コメント欄は、投稿された記事への「想い出を語る場」として公開いたしております。
利用規約・ご利用上の注意を遵守し、内容に責任をもってご利用ください。

■ご利用上の注意
・投稿の受付から公開までお時間を頂く場合があります。
・投稿したコメントの編集・削除はできません。
・URL、画像の投稿はできません。
・本コメント欄の主旨にそぐわないと運営側が判断した場合は、サイトに反映されません。
 また、コメント反映後も、運営側の判断で削除させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
・本コメント欄は、運営側へのご意見、ご要望を受付けるものではありません。
・何人も、他の利用者からの発言に応答しなければならない義務は負いません。