松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。狂気の殺人者が描かれた本作には、妖艶な雰囲気を持った小林麻美も出演。美人過ぎる画像も集めた。「まばたき無し」の長回しシーンなど逸話だらけの映画『野獣死すべし』を特集する。

記事を読む コメントを書く

コメント

Missing バーボンベア 2018/2/19 19:48

夜汽車のシーンは、柏木役の室田日出男曰く「俺と優作ちゃんの役者魂のぶつかり合いって言うか、いい意味でのケンカだった」とか。
更に「(村川)監督がオッケー!言ったらさ、みんながワーッて拍手するんだよ。
思わず優作ちゃんとお互いの名前呼び合って、イエーイ!って言いながら握手しちゃったよ」との事。

1 件