松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』
2017年1月25日 更新

松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。狂気の殺人者が描かれた本作には、妖艶な雰囲気を持った小林麻美も出演。美人過ぎる画像も集めた。「まばたき無し」の長回しシーンなど逸話だらけの映画『野獣死すべし』を特集する。

15,941 view

松田優作主演の映画 『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。

製作は角川春樹事務所。配給は東映。監督は松田との数々のコンビ作で知られる村川透だった。
また、「処刑遊戯」や「探偵物語」で松田出演作の脚本を手掛けた丸山昇一が、本作の脚本を担当した。
映画 『野獣死すべし』 タイトルバック

映画 『野獣死すべし』 タイトルバック

大藪春彦の同名小説を映画化した本作であるが、人物描写などに原作との差異が少なからず存在するため、原作とは同名異作のハードボイルド映画とする評価もある。
大藪春彦の小説 『野獣死すべし』

大藪春彦の小説 『野獣死すべし』

脚本を担当した丸山昇一は、主人公「伊達邦彦」のキャラクター描写について原作者の大藪春彦から批判されたそう。
これは大藪が伊達を野性的なタフガイとして位置付けていたのに対して、丸山は原作が書かれた時期とは時代の様相が大きく異なっていたことも鑑みて、当時の若者から感じ取った、掴みどころがなく陰湿な不気味さを持った人物として伊達を描いたことに起因する。
映画 『野獣死すべし』 4K Scanning Blu...

映画 『野獣死すべし』 4K Scanning Blu-ray

ありえない逸話だらけの主演・松田優作

主演を務めた松田優作は、クランクイン前に「役作りのために少し時間が欲しい」と、しばらくスタッフと連絡を絶った。
その間、松田は10kg以上もの減量をし、62kgまで体重を落とした。さらに頬がこけて見えるようにと上下4本の奥歯を抜いたという。

約1ヶ月後、撮影所に現れた松田の痩せ細った姿に監督の村川透が激怒し、松田と激しい口論を始めたという逸話も残されている。
確かに頬がこけている・・・。

確かに頬がこけている・・・。

また、主人公「伊達邦彦」になりきる上では身長が高過ぎるという理由で「可能なら足を5cm程切断したい」と真剣に語っていたとも伝えられている。

ただ、主人公の身長設定は「180cm前後」もしくは「180cm以上」とされており、松田の身長は公称185cm(美由紀夫人の証言から実際には183cm)のため、大きくかけ離れている訳ではなかった。

この逸話は松田の演技へのストイックな姿勢を物語る際によく用いられるものとなっている。

狂気の殺人者・伊達邦彦の物語

ある大雨の夜、東京都内で警視庁捜査第一課の岡田警部補が刺殺され、拳銃を奪われる事件が起きた。更にその直後、その拳銃を使用した違法カジノ強盗殺人事件が発生、世間は騒然となる。

その犯人は、数々の戦場で地獄を見てきた大手通信社外信部記者の伊達邦彦だった。
伊達は東京外国語大学卒のエリートで頭脳明晰、射撃の心得もある。
現在は通信社を退職し、翻訳家をしながら趣味である読書とクラシック音楽鑑賞に没頭、社会とは隔絶した生活を送っていた。
殺戮に飢えた狂人、伊達邦彦(松田優作)

殺戮に飢えた狂人、伊達邦彦(松田優作)

コルト・シングル・アクション・アーミーを自らのこめかみに当てる伊達。
実際はモデルガンではあるが、劇中グリップ部分の裏面が映し出される際の隠し文字は、入手した時点で既に掘られていたそう。
次の標的を銀行に定めた伊達は綿密な計画を企てるが、厳重な防犯体勢の元では単独犯行は不可能であると判断、相応しい共犯者を欲するようになる。

そしてある日、大学の同窓会に出席した伊達は、レストランでウェイターとして働く青年、真田と出会う。
2人は正反対の性格ながら、どこか通じ合うものを感じ、以後行動を共にするようになる。

現金強奪計画を真田に伝えた伊達は、真田に銃の扱い方を教え、「動く標的」として恋人の殺害を強要する。そして、躊躇を重ねながらも恋人を射殺した真田を伊達は「君は今確実に、神さえも超越するほどに美しい」と称え、社会性や倫理感を捨て去り「野獣」として生きていく術を説く。
真田徹夫(鹿賀丈史)

真田徹夫(鹿賀丈史)

レストランのウェイターながら、同窓会で来店していた伊達たちに絡む。
エリートで固められた伊達たちに対して、因縁をつけ、終いには暴力をふるう厄介者であり、狂犬だった。

真田が同級生とトラブルになっている様子をじっと観察していた伊達に気づき、「何見てんだお前!」とまたも喧嘩を吹っかけてくるが、直後にレストランを勢いで辞めてしまう。
2人は銀行襲撃を決行するが、伊達に思いを寄せる華田令子が客として偶然居合わせるという、予期せぬ事態が起きる。
行員達を次々と殺害し、地下金庫から大金を収奪すると逃走を図るが、そこにはマスク姿の伊達を見つめる令子の姿があった。振り返った伊達はマスクをはずし、躊躇することなく令子にも引き金を引く。

警察の緊急配備網を巧みな鉄道移動で突破したかに思えたが、岡田の部下で伊達を執拗に追い回す変わり者の刑事・柏木は、どこまでも伊達に付きまとう。

そしてついに決断した柏木は、夜も更けた鉄道の車内で伊達に拳銃を向け、尋問を始めたのだが…。
伊達の趣味であるクラシック音楽の演奏会で出会った華田令...

伊達の趣味であるクラシック音楽の演奏会で出会った華田令子(小林麻美)

華田はミステリアスな雰囲気を漂わせる伊達に興味を惹かれていく。
偶然レコード屋で再会し、華田がアプローチを掛けるもどこか素っ気ない伊達だった。

刑事と対峙する緊迫した電車内のシーンでは、まばたきなし!

【シーンのあらすじ】
銀行強盗の後、真田と逃亡する伊達。
普通は自動車で現場を離れるものだが、裏をかき、電車を乗り継ぎ逃亡するが、途中で刑事の柏木と遭遇してしまう。

銀行の事件を知り、伊達の後をつけていく柏木は、深夜に無人となった電車の車内で、ついに伊達を犯人と断定し、銃口を向ける。
しかし、伊達が唐突に「リップヴァンウィンクル」の話をはじめ、あっけにとられる柏木。
銃をすっと伊達に取られ、強制的に柏木のみがロシアンルーレットをさせられる。

「リップヴァンウィンクル」の話で、とても美味しい酒が出てくる。柏木が何の酒か尋ねる。
「ラム、コアントロー、それにレモンジュースを少々シェイクするんです。わかりますか?」
「X・・・Y・・・Z」
「そう、これで終わりって酒だ」と、引き金を引く伊達。

しかし、弾は出ずに、脱力する柏木。
直後、逃げ出す柏木だったが、伊達はその背中に弾丸を撃ち込み、仕留める。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • バーボンベア 2018/2/19 19:48

    夜汽車のシーンは、柏木役の室田日出男曰く「俺と優作ちゃんの役者魂のぶつかり合いって言うか、いい意味でのケンカだった」とか。
    更に「(村川)監督がオッケー!言ったらさ、みんながワーッて拍手するんだよ。
    思わず優作ちゃんとお互いの名前呼び合って、イエーイ!って言いながら握手しちゃったよ」との事。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,310 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

名作映画を観ながらオーケストラの生演奏で映画音楽を楽しむ「シネマ・コンサート」、昨今人気が高まっています。そんな中、角川映画3作品「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」のシネマ・コンサートの開催が決定!!
隣人速報 | 618 view
遡るシリーズ!【1980年・昭和55年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1980年・昭和55年】のアレコレを振り返る

この年は、ジョン・レノン銃殺事件や日本もボイコットしたモスクワオリンピックのあった年でした。その中でも、ポカリスエットや任天堂のゲーム&ウォッチの発売など、明るい話題も多く、さっそく1980年・昭和55年を振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 12,850 view
日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

バブル真っ只中の1988年、文化遺産・莫高窟に隠された経典等をもとに作られた超大作。人間の欲望、男女愛の葛藤等を背景に、それぞれの男たちが、それぞれの守るべきものを命を懸けて必死に守ろうとする姿を描いた作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 11,028 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト