映画【アマデウス】について語ろう!アカデミー賞で8部門を受賞!

映画【アマデウス】について語ろう!アカデミー賞で8部門を受賞!

映画【アマデウス】日本での公開は1985年2月、ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化された【アマデウス】ついて語ろう!

【アマデウス】ついて語ろう!

顕著に表れる

近年サリエリの再評価が始まっているとか。

33. 投稿者:顕著に表れる

返信 2018/11/22 10:43
人面ライオン

サリエリの「F・マーリー・エイブラハム」と、モーツァルトの「トム・ハンス」はマジで名優。

32. 投稿者:人面ライオン

返信 2018/11/21 14:15
もっともらしい理由

クライマックスの演技は必見ものですよ!

31. 投稿者:もっともらしい理由

返信 2018/11/20 13:47
リーダーになりたい

劇中でモーツァルトの名曲がふんだんに使用されていて、クラシックやモーツァルト好きならそれだけでも観る価値がある。モーツァルト役のトム・ハルスはこの役の為に必死でピアノと指揮の勉強をしたそうで、演奏シーンは吹替なしで演じているらしい。すげーや。

30. 投稿者:リーダーになりたい

返信 2018/11/20 13:38
君の好きなとこ

ミドルネームの『アマデウス』は、ラテン語がルーツで「神に愛された」の意味だそう。深いわぁ。

29. 投稿者:君の好きなとこ

返信 2018/11/20 11:40
証明すること

サリエリに感情移入すると悲劇なんだけど、語弊あるかもだが皮肉った視点で見ると喜劇になるのよね。またモーツァルトに感情移入すると、喜劇かなと思うんだけど、死に間際のあの疲弊してとっくむ姿は悲劇かなとか。35歳に罷られるし。人の人生なんて見ようによって喜劇にもなりうるし悲劇になりうるんですね。

28. 投稿者:証明すること

返信 2018/11/20 10:43
ピンヒールの女

モーツァルトってこんなに変な人だったの?っていう驚きが大きい映画だった。そして、変人で更に天才って反則だと思うの。嫉妬しちゃうよね!でも、心の隅っこに憧れがあったりもして。サリエリの気持ちがわかるわーって思った映画。

27. 投稿者:ピンヒールの女

返信 2018/11/20 10:12
叶うといい

「神よ、なぜずっと真面目に努力してきて祈りも捧げてきた私にではなく、あんなヘラヘラした破天荒な男に素晴らしい音楽の才能を与えたのですか?」と言わんばかりのサリエリにすごい同情してしまうんだけど、音楽の魅力センスがあるのはモーツァルトなんですよね!その理不尽さが悲劇で喜劇でしたねえ。。

26. 投稿者:叶うといい

返信 2018/11/20 09:48
眠たくなる

レクイエムを作るシーンはすごい顔色悪くてはらはらした。実際、あんな死にそうな状態で作ったって考えたら凄い。

25. 投稿者:眠たくなる

返信 2018/11/19 13:51
太陽のひと

変人の天才ってなぜか惹きつけられますよね。そういう映画。そこに羨望の嫉妬とかが絡み、エンターテイメント性もあり、まごうことなき超名作!

24. 投稿者:太陽のひと

返信 2018/11/19 12:01
広告
往々にして

天才の一人に翻弄される内容。張本人のモーツァルトもその自身の才能に扱いきれてなかったと考えるとまた人間らしくていい。面白かった!

23. 投稿者:往々にして

返信 2018/11/19 10:48
つまらなくはない

生でオペラを観たくなりますねえ。きらびやか!!

22. 投稿者:つまらなくはない

返信 2018/11/19 09:44
一からつくる

3時間という長編映画でしたが、時間がすぐ過ぎるくらい面白かった!モーツァルトの天才的な才能に圧倒されてサリエリが苦悩する物語が非常によかった。

21. 投稿者:一からつくる

返信 2018/11/16 13:46
深夜に届く

非常に人間味溢れるドラマ。人間ドラマとして楽しめるし、オペラの入門としても楽しめられます。

20. 投稿者:深夜に届く

返信 2018/11/16 11:58
丸く収まる

モーツァルトとサリエリの喜劇と悲劇。凡人サリエリがモーツァルトを妬み、疎みながらもモーツァルトの音楽を愛してしまう葛藤もいとおしく思える映画。渦中にいるサリエリは余裕がなかったでしょうが。いとおしく思わずにいられない、そんな映画。

19. 投稿者:丸く収まる

返信 2018/11/16 10:50
くらくらとする

最期に2人が歩み寄ったのは、ぐっときた。実話もそうだったら良いなと思った。けどサリエリの最期間近にはどうか平穏が訪れることを祈らずにいられない。フィクションだけどさ!

18. 投稿者:くらくらとする

返信 2018/11/16 09:35
阿吽の呼吸

実際にはサリエリがモーツァルトを嫌ってたって文献はなかったらしいね。妄想たくましい映画ってことになるけど、事実に沿ってるか否かはどうでもいい。とにかくモーツァルトの変人かつ才能あふれるキャラと嫉妬に燃えるサリエリっていう2人のキャラが魅力的だった。

17. 投稿者:阿吽の呼吸

返信 2018/11/15 11:15
その程度

サリエリの嫉妬や狂気がじりじりと伝わる凄い映画だった。もうサリエリが可哀想で仕方ないんだけど、それが作品の魅力だった。

16. 投稿者:その程度

返信 2018/11/14 13:58
可能性の芽

天才とはなにか、凡才はどうすればいいのか。天才に立ち向かった時、ひとはただ涙するんだなと。

15. 投稿者:可能性の芽

返信 2018/11/14 12:17
まあたらしい響き

サリエリ...サリエリ...いいいいいいいいいい!!!(泣)この映画ほんんんんんんっとに好きです。

14. 投稿者:まあたらしい響き

返信 2018/11/14 11:40
広告
33 件

あなたにおすすめ

関連するスレッド(映画やドラマについて語ろう)こんな掲示板も人気です♪

大河ドラマ、あなたにとってベストは?

大河ドラマ、あなたにとってベストは?

1963年(昭和38年)から放送されている大河ドラマ。あなたにとってのベスト作品は何ですか?
1 コメント | 54 view
黒澤明のベスト作品と言えば何ですか?

黒澤明のベスト作品と言えば何ですか?

「七人の侍」をはじめ「羅生門」や「生きる」、「用心棒」など、数々の名作を生み出した黒澤明監督。優れた作品の中でもあなたにとってベストと言える作品はなんですか?
1 コメント | 41 view
映画【星の王子ニューヨークへ行く】

映画【星の王子ニューヨークへ行く】

映画【星の王子ニューヨークへ行く】日本での公開は1988年12月、【星の王子ニューヨークへ行く】ついて語ろう!
2 コメント | 152 view
映画【ツインズ】双子の兄弟の超優秀人間と超ダメ人間が母親を探す旅を描く。

映画【ツインズ】双子の兄弟の超優秀人間と超ダメ人間が母親を探す旅を描く。

映画【ツインズ】日本での公開は1989年8月、アーノルド・シュワルツェネッガーとダニー・デヴィート出演の【ツインズ】ついて語ろう!
0 コメント | 88 view
映画【エイリアン2】について語ろう!1986年のアカデミー賞では視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞!

映画【エイリアン2】について語ろう!1986年のアカデミー賞では視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞!

映画【エイリアン2】日本での公開は1986年8月、ジェームズ・キャメロンを脚本・監督に迎えた映画【エイリアン2】ついて語ろう!
0 コメント | 381 view