saoriママさんの記事

1990年代の主なG1馬たちの血脈のその後について調べてみた!(1997年編)

1990年代の主なG1馬たちの血脈のその後について調べてみた!(1997年編)

競馬はブラッドスポーツと呼ばれるくらい血統を重視する。そしてその優秀な血脈は、血統表にいつまでも残り続けるものだ。今回は、1990年代に活躍したG1馬達の血脈が、20年以上経った2020年の今、どうなっているか調べてみた。(今回は1997年のクラシック世代編)
saoriママ | 191 view
陸上の新星 田中希実選手もビックリ!? 3000mまで走って結局は1200mの短距離G1馬。「距離不問」のマルチランナー キングヘイロー

陸上の新星 田中希実選手もビックリ!? 3000mまで走って結局は1200mの短距離G1馬。「距離不問」のマルチランナー キングヘイロー

今、陸上界では800mから5000mまで走る田中希実選手に注目が集まっているが、競走馬にもマルチランナーがいた。その馬はキングヘイロー。クラシック3冠レースを普通に戦いながら、唯一のG1勝ちは最も短い距離の1200mのG1レース高松宮記念だった。そんなキングヘイローを筆頭とした「距離不問」の競走馬にフォーカスしてみたいと思う。
saoriママ | 97 view
ロベルト・ヘイロー時代に敢然と立ち向かった父内国産馬!  メジロブライト

ロベルト・ヘイロー時代に敢然と立ち向かった父内国産馬! メジロブライト

「ロベルト・ヘイロー系」種牡馬全盛の時代に抵抗し続けた「父内国産馬」メジロブライト。クラシック時代の勝ちきれなさ、G1の勝ち星ともに父に似たもどかしいものではあったが、その成績を超えた存在感もまた父譲りのものであった。
saoriママ | 115 view
菊の舞台でも福が来た!刹那の輝きを見せた馬  マチカネフクキタル

菊の舞台でも福が来た!刹那の輝きを見せた馬 マチカネフクキタル

 同期のマチカネワラウカドとペアで名前を付けられたマチカネフクキタル。遊び心から付けられた言葉が4歳(今の3歳)の秋に一気に現実となった。馬主にとっても馬にとっても待ちかねた戴冠。しかしその活躍は、刹那的なものでもあった。
saoriママ | 121 view
シルバーコレクターでは終わらなかった。引退間際に見せた光。そして今もなお輝きを増し続けている。  ステイゴールド

シルバーコレクターでは終わらなかった。引退間際に見せた光。そして今もなお輝きを増し続けている。 ステイゴールド

 重賞もなかなか勝てないのにG1では2着、3着に健闘する小柄な馬。競馬ファンは、そんな不思議な「頑張り屋」を、いつしか馬券度外視で応援するようになっていった。しかし、そんな温かい目すら、「違うよ」と言わんばかりに、彼は競馬ファンの想像を遥かに超えるポテンシャルを示していくことになる。
saoriママ | 174 view
1997年ドラフト1位で新人王獲得!あの黒田博樹より凄かった広島東洋カープ投手 澤崎俊和

1997年ドラフト1位で新人王獲得!あの黒田博樹より凄かった広島東洋カープ投手 澤崎俊和

 元広島東洋カープの投手で、現在は同チームの投手コーチを務める澤崎俊和。ケガという悲運から、輝いた期間が短かったため、彼がドラフト1位として入団し、後にメジャーリーガーとして活躍することとなる同期入団黒田博樹よりも、その才能を期待されていたことを知っている人は多くないかもしれない。
saoriママ | 1,095 view
6 件