「ホンジャマカ」が元々は11人体制、そして恵さんも昔はデブキャラでした。
2016年6月3日 更新

「ホンジャマカ」が元々は11人体制、そして恵さんも昔はデブキャラでした。

ホンジャマカといえば東京フレンドパークでのエアホッケーが人気でした。ただ、そのあとはあまりホンジャマカとして活動することがないような気がします。元々は11人体制、そして恵さんもデブキャラだったの憶えていますか。

8,443 view

ホンジャマカ

近年はソロ活動ばかりですが・・・

近年はソロ活動ばかりですが・・・

ホンジャマカは、日本のお笑いコンビ。
ワタナベエンターテインメント所属。活動開始当初はホリプロに所属。

櫻井翔×二宮和也 嵐の二宮と櫻井がホッケーでマジ勝負! - YouTube

ホンジャマカを振り返る

当初は11人体制だったホンジャマカ

当初は11人体制だったホンジャマカ

1983年、当時渡辺プロダクションが若手お笑いタレント養成機関「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)を開校。石塚がその第1期生として参加し、恵が第3期生として参加。
BIG THURSDAYには石塚と恵以外にも中山秀征や松本明子らも参加、定期的に渋谷109スタジオにてライブを行う。
1988年6月4日、インクスティック芝浦ファクトリーにて11人体制でホンジャマカ初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL.1」を開催。
同年、テレビ朝日の演芸番組『ザ・テレビ演芸』でグランドチャンピオンを獲得している。しかし、1989年になるとメンバーが減少していき、最終的には石塚と恵の2人だけになったため、お笑いコンビ「ホンジャマカ」として再始動。
出典 rubese.net
元々は二人ともデブキャラ

元々は二人ともデブキャラ

コンビになってからもホンジャマカ単独でのイベントやライブを積極的に行い、バカルディ(現・さまぁ〜ず)とともに1990年代初期の関東を代表するコンビに。
元々石塚と恵の体型はあまり大差が無く、いわゆるデブタレ同士のコンビだった。そのため、コンビ結成当時は「大デブ小デブでホンジャマカ」をキャッチフレーズに活動していた。
しかし、1992年から1993年頃に恵が意を決したダイエットで劇的に痩せたため、現在ある姿の「デブと痩せのコンビ」になったのである。この事について石塚は、「相方の食事まで食べるなどしてさらに太った」などとネタで話すことがある。
ソロ活動が本格化

ソロ活動が本格化

1990年代末期からは石塚・恵ともに個人での活動に重点を置くようになり、2人がホンジャマカを名乗って出演する機会は少なくなっている。
また、共にネタ見せをすることも無くなり、それぞれグルメリポーターや司会者や俳優としての活動が中心になっている。石塚曰く、ホンジャマカとは元々お笑いコンビではなく、ソロでやっていた者同士によるユニットとのことである。

2016年春、久しぶりにテレビでコントを披露

ホンジャマカの石塚英彦と恵俊彰、TBSで22年ぶりにコントネタ披露! - YouTube

お笑いコンビ・ホンジャマカの恵俊彰と石塚英彦が、本日2日放送のTBS系バラエティ番組『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2016春』(18:55~21:48)にコンビで出演し、コントを披露する。同局のネタ番組に出演するのは22年ぶりだという。
ホンジャマカとしては解散せず

ホンジャマカとしては解散せず

コンビを解消することなく活動を続けており、TBSの『関口宏の東京フレンドパークII』には長年ホンジャマカとして出演し続けていた。
また、2010年初頭にはコンビ結成から20年が経過したのを記念し、2人揃って日本テレビの『嵐の宿題くん』や『99プラス』、フジテレビの『ウチくる!?』などにゲスト出演して回った。
そして、同年3月13日から14日まで新宿紀伊國屋サザンシアターで「ホンジャマカ ライブ “成人” 〜20周年すぎてました〜」を開催し、久々にホンジャマカを名乗ってのコントを披露した。

お互いピンでも活躍し続けていますね

【爆笑トークネタ】   恵俊彰(ホンジャマカ)親父 - YouTube

【爆笑すべらない話専門チャンネル】です。

石塚英彦の通りの達人 肉祭り!秘ハンバーガー&焼き肉&ステーキ! - YouTube

13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
『東京海上日動 Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~』で恵俊彰×ヒロミ “同級生”対談!

『東京海上日動 Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~』で恵俊彰×ヒロミ “同級生”対談!

TOKYO FMの恵俊彰のレギュラー番組『東京海上日動 Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~』でまさかの同級生対談が実現!なんと「ヒロミ(B21スペシャル)」と「恵俊彰(ホンジャマカ)」が久々の対談です。当時のお笑いファンは、オンエアをチェックするしかない!
清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

かつてフジテレビの「ものまね王座決定戦」で一世を風靡したタレント、清水アキラ、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)、栗田貫一、コロッケが、6月20日放送のフジテレビ系バラエティ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演することが明らかとなりました。
隣人速報 | 5,735 view
ドリフのヒゲダンスのBGM「ヒゲのテーマ」には元曲があった?!

ドリフのヒゲダンスのBGM「ヒゲのテーマ」には元曲があった?!

70年代から80年代にかけて土曜日の夜8時といったら「8時だョ!全員集合」! その中でも人気コーナーだった「ヒゲダンス」。その「ヒゲダンス」のテーマ曲「ヘゲのテーマ」には元となる曲があるのをご存知ですか? その曲についてや、当時のドリフターズについて、ドリフの音楽を中心に振り返ってみましょう。
Yam | 3,882 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト