1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品
2016年10月28日 更新

1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品

90年代以降の映画女優ヌードのまとめ。掲載女優は、宮地真緒・芳賀優里亜・吉高由里子・真木よう子・奥貫薫・宝生舞・笛木優子・遠野なぎこ・細川ふみえ・高島優子・井上晴美・若林志穂・吉本多香美・麻生久美子・南果歩・山本未來・高橋かおり・鈴木保奈美・緒川たまき・広田レオナ・高岡早紀・中村映里子ほか合計36名、37作品の濡れ場・ヌードシーンのまとめです。

4,523,355 view

90年代以降の映画女優ヌードのメニュー:女優36名・作品数37作品

1.南野陽子 「私を抱いてそしてキスして」(1992年)「寒椿」(1992年)
2.清水美沙 「おこげ」(1992年)
3.鈴木保奈美 「いちげんさん」(2000年)
4.夏川結衣 「夜がまた来る」(1994年)
5.緒川たまき 「ナチュラルウーマン」(1994年)
6.鈴木砂羽 「愛の新世界」(1994年)
7.飯島直子 「ZeroWOMAN警視庁0課の女」(1995年)
8.広田レオナ 「エンドレス・ワルツ」(1995年)
9.高岡早紀 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(1994年)
10.高橋かおり 「あした」(1995年)
11.喜多嶋舞 「GONIN2」(1996年)
12.山本未來 「不夜城」(1996年)
13.南果歩 「不機嫌な果実」(1997年)
14.麻生久美子 「カンゾー先生」(1998年)
15.吉本多香美 「皆月」(1999年)
16.宮本真希 「おもちゃ」(1999年)
17.若林志穂 「張り込み」(2000年)
18.井上晴美 「フリーズ・ミー」(2000年)
19.高島優子 「偽装殺人」(2001年)
20.細川ふみえ 「千年の恋 ひかる源氏物語」(2001年)
21.遠野なぎこ 「海は見ていた」(2002年)
22.笛木優子 「新・雪国」(2002年)
23.宝生舞 「なごり雪」(2002年)
24.奥貫薫 「竜二 Forever」(2002年)
25.真木よう子 「ベロニカは死ぬことにした」(2005年)
26.吉高由里子 「蛇にピアス」(2008年)
27.小島可奈子 「泪壺」(2008年)
28.宮地真緒 「失恋殺人」(2010年)
29.水野美紀 「恋の罪」(2011年)
30.沢尻エリカ 「ヘルタースケルター」(2012年)
31.芳賀優里亜 「赤×ピンク」(2014年)
32.市川由衣 「海を感じる時」(2014年)
33.中村映里子 「愛の渦」(2014年)
サービスカット:テレビドラマの中でのヌードほか

南野陽子 (1967年誕生)

南野 陽子(みなみの ようこ)

南野 陽子(みなみの ようこ)

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )は、日本の女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。兵庫県伊丹市出身。所属事務所は、エスワン・カンパニー、サザンフィールド(“南野”の英訳、個人事務所)、スイートベイジルを経て、現在はケイダッシュ。1990年代に入り、歌番組も減少した背景もあって、1992年に歌手活動を休止した。その後は女優業に専念する。1992年、映画『寒椿』、映画『私を抱いて、そしてキスして』主演。同年、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

デビュー当初は全くの無名だったが、個人的な売り込み活動を行った結果、『週刊少年マガジン』などのグラビアでは大量ページで取り上げられた。また同誌の発行元・講談社のアイドル雑誌『DELUXEマガジン』でも、早々に表紙を飾るなど大きく扱われた。同誌は1982年からミスマガジンコンテストを開催しており、既に伊藤麻衣子や斉藤由貴を輩出していたため、時に同コンテスト出身とされることもあるが、実際にはコンテスト外で起用された「マガジンメイト」である。
『スケバン刑事II』でアクションをこなし、体に血糊や爆薬のついた状態で学校に向かう事もあったという。劇中でリンゴを握りつぶす場面があるが、南野の握力では無理だったため、中身をくり抜いて何とかこなした。また、このドラマでの土佐弁訛りを交えた決まり文句「鉄仮面に顔を奪われ十と七とせ、生まれの証しさえ立たんこのあてぇ〜(“あたい”。私)が何の因果かマッポ(警察)の手先。二代目スケバン刑事(デカ)麻宮サキ。おまんらみたいに、**(相手の悪事を挙げる)する奴ぁ、絶対に許さんぜよ!」は子供達の「ごっこ遊び」に反映され、中でも「おまんら許さんぜよ!」は若者の間でも流行した。しかし運動が極度に苦手で、アクションシーンの撮影に苦労する。例えば腕立て伏せができなかったため、ワイヤーで腰を上から吊ってもらい、何とかこれをこなした。
(出典:Wikipedia)

映画「私を抱いてそしてキスして」(1992年)

私を抱いてそしてキスして(1992年11月、東映) -...

私を抱いてそしてキスして(1992年11月、東映) - 主演・圭子 役

『私を抱いてそしてキスして』(わたしをだいて- )は、1992年制作の日本映画。日本映画で初めてエイズ問題を正面から描いた作品。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した家田荘子の同名ノンフィクションを原作としている。また、日本映画で初めて厚生省(当時)の推薦を受けた。
(あらすじ)旅行代理店に勤めるOLの合田圭子はある日、昔の恋人からエイズの血液検査で陽性だった事を告げられる。不安にかられて検査に行った圭子は、すでに自分もエイズに感染していることを知りショックを受ける。
そんなときに出会った高野晶という男性と圭子は、自分がエイズであることを告げられないまま肉体関係を結んでしまう。圭子が感染者であることを知った晶は彼女のもとを去ってしまう。
そんな圭子のもとに津島美幸というジャーナリストが現れる。彼女はエイズに対する偏見や差別の問題を調べているという。圭子は当初美幸を拒絶するが、その真摯な態度に少しずつ心を開いていく。
ある日、圭子は自分が妊娠していることに気づく。子供もまた感染しているのではないかと不安にかられる彼女の前に、思い直した晶が戻ってきた。2人は一緒に子供を育てよう、抱いてキスしようと誓い合った。
そして圭子は出産、生まれてきた子供は幸いにも感染していなかった。それから数か月後、圭子はその生涯を閉じた。
(出典:Wikipedia)
南野陽子

南野陽子

南野陽子

南野陽子

映画「寒椿」(1992年)

寒椿(1992年5月30日公開、東映) - 主演・牡丹...

寒椿(1992年5月30日公開、東映) - 主演・牡丹(貞子) 役

1992年5月30日に東映系にて公開された。ヒロイン・牡丹役の南野陽子が濡れ場を演じたことで話題となった。(あらすじ)昭和初頭。高知には人の心が分かる女衒として知られた富田岩伍(西田敏行)がいた。元は任侠の世界に活きていたが、堅気の女・喜和(藤真利子)と結婚するため、きっぱりと足を洗い、今の商売に着いたのだった。しかし、喜和は女を売り買いする家業に馴染めず家を去り、家には息子・健太郎(西野浩史)が残される。多感な少年時代、健太郎は父への反発と共感をこめて女衒という家業を見つめていく。
ある日、岩伍の元に父親の借金のカタに、高知初の女性バスガイドという貞子(南野陽子)が売られてきた。年齢からして玉水遊郭の女郎になりかけたが、高知一の料亭「陽暉楼」の主人が、白楽天の牡丹の詩「花開き、花落つ二十日、一城の人皆狂せるがごとし」を引用し、―この子が笑えば人が皆心奪われると、芸妓として仕込まれることが決まった。
松崎みね(かたせ梨乃)に預けられた牡丹は、過酷な仕込みにも耐え、店出しの日を迎える。陽暉楼の主より「牡丹」の源氏名を与えられ一躍売れっ子に。南海銀行頭取・多田の長男守宏と、土佐銀行頭取・中岡という、高知きっての二人の上客が張り合うように牡丹についた。しかし当の牡丹の心は、親に売られた自分に思わぬ優しさをかけてくれた、岩伍の上にあった。
折しも高知で平民選挙が実施されることになり、守宏と中岡は共に立候補。議席をかけ、また牡丹を巡っての、両者の争いは多くの人々を巻き込んで深まっていく。
一方、中岡の用心棒として売り出し中の侠客・田村(萩原流行)には、元相撲取りの子分、仁王山(高嶋政宏)がいた。彼もまた、偶然、往来で牡丹を見かけてその虜となっていた。
そんな折、牡丹は守宏に落籍されることが決まった。嫉妬に狂った仁王山は、牡丹を拉致し想いを遂げるが、その事件が牡丹の運命を大きく狂わせてしまう。
(出典:Wikipedia)
南野陽子

南野陽子

南野陽子

南野陽子

清水美沙(清水美砂)(1970年誕生)

清水 美沙(しみず みさ)

清水 美沙(しみず みさ)

清水 美沙(しみず みさ、本名:バックリー美砂〔旧姓:清水〕、1970年9月25日 - )は、日本の女優。エージェントオフィスタクト所属。身長165cm。血液型はA型。旧芸名は清水美砂(読み同じ)。東京都田無市(現西東京市)出身。明治大学付属中野高等学校定時制課程卒業。1987年、映画 『湘南爆走族』 のヒロインオーディションで選ばれ、芸能界入り。
1989年度上半期、NHK朝の連続テレビ小説『青春家族』ヒロイン(いしだあゆみとのダブル主演)を務める。その後は、主に映画を中心に活動し数々の映画賞を受賞した。
1998年に在日米軍人と結婚。2001年3月に女児、2003年4月に男児を出産する。2008年4月10日に清水美沙へ改名した。
また、サンミュージックプロダクション、ロングブリッジ、高岡事務所を経て、2012年5月よりエージェントオフィスタクトに所属している。
(出典:Wikipedia)

映画「おこげ」(1992年)

おこげ (1992年) - 諸橋小夜子 役

おこげ (1992年) - 諸橋小夜子 役

『おこげ』は、1992年公開の日本映画。中島丈博原作・監督・脚本。第2回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映。
ゲイのカップルに魅了された女性が、様々な困難を経験しながら愛の形を摸索していく。ここで言う「おこげ」とは、男性同性愛者に付きまとう女性を指す俗称(蔑称)のことである(劇中お釜に引っ付いてくるからという説明あり。近年における類義語としては腐女子がある)。
中島丈博は2007年にも同性愛の異母姉妹とゲイの青年を中心に、彼らの30年以上に及ぶ関係を描いた全65回の昼ドラマ『麗わしき鬼』を発表した。
(あらすじ)ゲイに関心をもっている女性・小夜子は、彼らの発展場として知られる海岸へ行った時、あるカップルの愛の光景を目の当たりにする。その後、とあるゲイバーで偶然本人たちと遭遇。彼らの事情を知った小夜子は、行く当てのない二人を自分のアパートに迎え入れることにした。
(出典:Wikipedia)
清水 美沙

清水 美沙

清水 美沙

清水 美沙

清水 美沙

清水 美沙

319 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

関連する記事こんな記事も人気です♪

【30日間無料】Amazonプライム会員なら無料で見れる有名女優のエロい映画15選!

【30日間無料】Amazonプライム会員なら無料で見れる有名女優のエロい映画15選!

Amazonプライム会員なら無料で見れる!今でも活躍しているあの有名女優が脱いでいるムフフな映画を集めてみました! 今なら、Amazonプライム30日間無料!さらにAmazonの『Fire TV Stick』を使えば大画面のテレビで視聴可能!もちろんPCやスマートフォンでいつでもどこでも楽しめます! 懐かしいエロ映画を無料で楽しんじゃいましょう!
夏川結衣さんの懐かしいモデル時代・デビュー当時の作品・体当たり演技まで振り返ります。

夏川結衣さんの懐かしいモデル時代・デビュー当時の作品・体当たり演技まで振り返ります。

美しい夏川結衣さんの懐かしいキャンペーンガールやノンノモデル時代・映画とドラマのデビュー当時の作品・ヌードシーンを含む体当たり演技まで振り返ります。
ガンモ | 191,000 view
【美少女出身】ミラ・ジョヴォヴィッチ☆青い珊瑚礁・続編にも出演バイオハザード他

【美少女出身】ミラ・ジョヴォヴィッチ☆青い珊瑚礁・続編にも出演バイオハザード他

今年3人目のお子さんを出産したミラ・ジョヴォヴィッチは親日家としても有名です。そんな彼女のまだ有名でなかった頃と、有名になった彼女のざっくばらんな画像を集めてみました。
NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

10月27日(土)~11月2日(金)まで池袋シネマ・ロサにて公開予定の宮地真緒主演作品『夜明けまで離さない』のDVDが、11月7日にR18版として発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,697 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 5,009 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト