本の未来を共に描く《本3.0-本と教養とビジネス》イベントシリーズ最終回(TSUTAYA、NewsPicks)
2017年10月28日 更新

本の未来を共に描く《本3.0-本と教養とビジネス》イベントシリーズ最終回(TSUTAYA、NewsPicks)

株式会社TSUTAYAと、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を運営する株式会社ニューズピックスが2017年5月より始動したシリーズイベント《本3.0-本と教養とビジネス》は、11月22日に最終回イベントを開催する。特別ゲストとして登場するのはハードボイルド文学そして中国歴史大河小説の第一人者である北方謙三氏。テーマは「なぜ男は本を読むべきか、歴史を学ぶべきか」。

172 view

《本3.0-本と教養とビジネス》最終回に北方謙三氏、登壇

 電子書籍、それにともなうアプリケーションの登場。そしてスマートフォンをはじめとした端末の進化。

 様々な要因によって〝本〟のあり方が問われ、新たな位置づけが求められている――とことから発生しているのがTSUTAYAとソーシャル経済ニュース「NewsPicks」によるシリーズイベント。
 今回で言うところの《本3.0-本と教養とビジネス》である。

 ここでは
《紙だけしかなかった時代(=本1.0)》《紙と電子が分離していた時代(=本2.0)》に続き、《紙と電子とウェブとリアルな体験が融合した、〝本3.0〟の時代》が到来することを予想。

「今後、本のかたちはどう変わっていくのか?」
「教養を積む上で本の持つ普遍的な価値とは何か?」
「そして、本を中心とするメディアビジネスはどう変わるのか?」
「本3.0」は、そんな疑問や課題を出版業界の最前線で、新しい本の創り方や、本の売り方に挑戦し続けるリーダーの方々を毎回ゲストにお招きして、モデレーターであるNewsPicks編集長の佐々木紀彦氏が、参加者の方々と本の未来を共創していく場になることを目指してまいりました。
 とのこと。
 そして〈最終回を飾るに相応しい特別ゲスト〉として北方謙三氏が登場。
北方謙三氏

北方謙三氏

第4回目となる『本3.0』は最終回を飾るに相応しい特別ゲストして、累計1,000万部を突破した大ベストセラー「大水滸伝シリーズ」の作者である北方謙三氏にご登壇頂き、出版業界で働く方々や、ビジネスマンに向けて「なぜ男は本を読むべきか、歴史を学ぶべきか」について、熱く語って頂きます。
 北方氏と言えばどうしても「本を読め!」「ソープへ行け!」「俺はソープに行ったことが無い!」のエピソードが浮かんでしまうのですが、果たして今回は強気な北方節が炸裂するのでしょうか。

《本3.0》過去のイベント情報

第1弾イベント:「本はコミュニティの入り口になる」

 ゲスト:編集者、コルク代表取締役社長 佐渡島庸平様
 TSUTAYAスピーカー:株式会社TSUTAYA 取締役 根本浩史

第2弾イベント:「文芸と教養」

 ゲスト:文芸誌「新潮」編集長 矢野優様、新潮社出版部 部長 中瀬ゆかり様

第3弾イベント:「テクノロジーで出版はどう変わるのか」

 ゲスト:ピースオブケイク代表取締役CEO 加藤貞顕様、NHK出版 編集長
 TSUTAYAスピーカー:株式会社TSUTAYA 首都圏カンパニー BOOKユニット長 小野雄一

北方謙三氏プロフィール

北方三国志

北方三国志

 1947(昭和22)年、佐賀県出身。
 中央大学卒業後、1970年に『明るい街へ』でデビュー。

 1981年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、1983年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、1985年『渇きの街』で日本推理作家協会賞。

 1988年から歴史小説にも挑み、1991(平成3)年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。
 2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。
 2007年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。
 2010年、日本ミステリー文学大賞受賞。
 2011年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞。

 2016年、『水滸伝』『楊令伝』に続く『岳飛伝』全17巻を完結し「大水滸伝シリーズ」全51巻が完成。2017年、新たな大河小説『チンギス紀』の連載を開始した。

 2000年より、直木賞選考委員も務める。
メディアファクトリーの〝北方三国志〟

メディアファクトリーの〝北方三国志〟

こんなゲームあったんや……
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,677 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
ドラえもん誕生50周年記念!「CanCam」4月号でのび太&しずかの『婚姻届』がふろくとして付属します!!

ドラえもん誕生50周年記念!「CanCam」4月号でのび太&しずかの『婚姻届』がふろくとして付属します!!

女性ファッション誌「CanCam」4月号にて、ドラえもんとのコラボ企画の付録として“婚姻届”が付属することが明らかとなりました。
隣人速報 | 729 view
ミドルエッジ世代も参加OK!あの「チャンプロード」がコラボ企画「成人式で一番イケてるヤツ」コンテストを開催!!

ミドルエッジ世代も参加OK!あの「チャンプロード」がコラボ企画「成人式で一番イケてるヤツ」コンテストを開催!!

株式会社Donutsが運営するゲーム「暴走列伝 単車の虎」が、伝説のヤンキー雑誌「チャンプロード」と共同で成人式を記念した企画「成人式で一番イケてるヤツ」コンテストの開催を決定しました。
隣人速報 | 2,216 view
アサヤン、Boon、ロキノン…90年代のカルチャー雑誌が揃い踏みのヴィンテージブックストアがオープン!!

アサヤン、Boon、ロキノン…90年代のカルチャー雑誌が揃い踏みのヴィンテージブックストアがオープン!!

90年代にファッション、音楽などに目覚めた方必見!stopover tokyo(ストップオーバー・トーキョー)にて、90年代当時の貴重なファッション雑誌などを集めて販売する「ヴィンテージブックストア」が現在開催中です。期間は10月13日まで。
隣人速報 | 2,688 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト