夏と言えば【ポカリスエット】!!歴代のCM出演者をまとめてみたよ!!
2018年8月9日 更新

夏と言えば【ポカリスエット】!!歴代のCM出演者をまとめてみたよ!!

1980年に販売を開始したポカリスエット(スポーツドリンク)数々の女優やモデルさんが出演されました一説には『有名女優の登竜門』と呼ばれポカリスエットのCMに出れば有名になれると言われていました。そんなCMに出演された方々をまとめてみました。大人の事情で1999年迄の方々です。

7,123 view

ポカリスエット

ポカリスエットは、大塚製薬から発売されている清涼飲料水。
日本においては同社の登録商標(第1574161号ほか)である。日本におけるスポーツドリンク普及の起爆剤になった。開発における商品コンセプトは「飲む点滴」
夏~~~という感じのCMとして定番のポカリスエット!CMには色々な芸能人方々が出演してきましたね。

80年代

ポカリスエットのCMは新人女優・モデルが起用されるイメージが強いですが、80年代の最初の頃は海外の女優さんやモデルさん起用されていました。

1981年 フランチェスカ・マクベス(イギリスのモデル)

ポカリスエットCM 80年代

キャッチフレーズは「身体、めざめなさい」←このフレーズ流行りましたよね。
楽曲:まぎれなく恋(レモン・トリー)

1983年  マーゴ・ヘミングウェイ

ポカリスェットCM マーゴ・ヘミングウェイ

キャッチフレーズは「アイソトニック飲料」
楽曲:まぎれなく恋(チェリッシュ)

1984年  エバ

キャッチフレーズの「イオンサプライ」←こちらもポカリスエットの代名詞的な存在に。
因みに、このキャッチフレーズは1991年まで使用されました。
楽曲:シネマのように(CMオリジナル曲)(ロザンナ)

1985年  ソフィー・デュエズ

ポカリスエットCM

楽曲:DEJA-VU(デジャヴー)(CMオリジナル曲)(杏里)

1985年 舘ひろし

懐かしいCM ポカリスエットボトル 舘ひろし

57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【安西ひろこ】!!90年代後半・ギャルのカリスマとして全盛期から7年間の活動休止~復活・そして現在は?

【安西ひろこ】!!90年代後半・ギャルのカリスマとして全盛期から7年間の活動休止~復活・そして現在は?

1996年、グラビアアイドルとして芸能界デビューし90年代後半には雑誌・CMやバラエティー番組など幅広く活躍し全盛期の時代を築いたのに活動休止されました。そんな安西さんが気になり調べてみました。
ギャング | 5,740 view
成功する二世タレントと失敗する二世。境界線はどこにあるのか。

成功する二世タレントと失敗する二世。境界線はどこにあるのか。

有名人の子供に生まれた宿命か、二世タレントは親の七光り、コネ入社などと叩かれがちな世の中ですが、芸能界は実際には、昔から二世(三世)タレントだらけなので、今更、叩いてもしょうがないのですが、昭和に比べて、平成の二世タレントは親に比べてかなり微妙・小粒・実力不足になっている感じがするので、余計叩かれやすいのかもしれません。どの世界の二世でも親のコネなしでも実力で選ばれ続ける能力を持っているかどうかが問われます。
トントン | 39,759 view
「ぼくらの7日間戦争」事実、宮沢りえは可愛かった。

「ぼくらの7日間戦争」事実、宮沢りえは可愛かった。

「僕らの7日間戦争」見ましたよ。内容はともかく、宮沢りえが輝いていて。そんな思いをもちながらこの映画みたんだよな~、なんて気持ちを表現してみました。
青春の握り拳 | 28,101 view
1980年代後半の「美少女ブーム」を牽引した美少女たち 10選:後藤久美子・小川範子・坂上香織・宮沢りえ・観月ありさ・桜井幸子・一色紗英ほか

1980年代後半の「美少女ブーム」を牽引した美少女たち 10選:後藤久美子・小川範子・坂上香織・宮沢りえ・観月ありさ・桜井幸子・一色紗英ほか

今からだと25年から30年前のブーム、1980年代後半に起こった「美少女ブーム」は1987年の後藤久美子のデビューから、90年代前半の3M(宮沢りえ、牧瀬里穂、観月ありさ)の活躍時期までのムーブメントです。80年代中盤のおニャン子クラブに代表される「普通っぽさ」のアンチテーゼとして登場したものでした。この美少女ブームの人気の一翼を担った美少女たちを振り返ってみましょう。この美少女ブームは時期的にはバブル経済(1986年 - 1991年)と合致しており、視聴者サイドのブームというよりもプロダクション・メディア・テレビサイドが強く仕掛けたものでした。このブームは既存のアイドルという価値観を希釈させましたが、結果としてはアイドル・女優・タレントの多様性が高まりました。
ガンモ | 174,985 view
[歴代の美少女の宝庫]三井のリハウスCMガール (三井不動産)のまとめ

[歴代の美少女の宝庫]三井のリハウスCMガール (三井不動産)のまとめ

歴代の三井のリハウスCMガール (三井不動産)の初代の宮沢りえから14代目の山本舞香までのまとめです。可能な限り当時の雰囲気を重視したまとめになっています。
ガンモ | 124,999 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト