大人気マンガ「ワタシってサバサバしてるから」をお得に読める電子書籍サイト・アプリをご紹介!!
2022年8月17日 更新

大人気マンガ「ワタシってサバサバしてるから」をお得に読める電子書籍サイト・アプリをご紹介!!

DPNブックスのコミックなにとぞに掲載の人気マンガ「ワタシってサバサバしてるから」がお得に読める電子書籍サイト・アプリをご紹介します!あらすじや登場人物などマンガ・コミックの見どころも一緒にまとめました!

29 view
 (2429852)

「ワタシってサバサバしてるから」は、DPNブックスのコミックなにとぞで連載の人気マンガです。作者は江口心、とらふぐ。電子書籍アプリやサイトで「ワタシってサバサバしてるから」が無料で読めるのか有料で読めるのかを調査しました。アプリで漫画「ワタシってサバサバしてるから」が読みたい人は必見です!

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」が全巻読める電子書籍サービスは?

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」が全巻無料で読めるサービスはありませんでした。全巻無料はありませんでしたが、試し読みが出来るお得な電子書籍サービスがありましたので、紹介します!

人気のマンガが複数巻無料で読めるキャンペーンなどもありますので「ワタシってサバサバしてるから」の全巻無料購読のチャンスも今後あるかもしれません。またそれぞれのサイトでお得に全巻購入できるクーポンの配布などもありますので、是非チェックしてください。

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」全巻購入を検討している場合は、まとめ買いや大人買いのキャンペーンを行うサイトもあるのでチェックしてみてください!

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」を読むなら「Renta!」がオススメ!!

「Renta!」は無料会員登録だけでは料金が発生しません。漫画購入時にだけかかるので解約も必要ないのでおすすめです。Renta!はコミック等が48時間100円から、読みたい時にパソコンやスマートフォンですぐ借りられる、電子書籍のレンタルサイトです。
また、サイトの特典を活用すれば、定額で購入して読むより半額以上お得になることも!
https://renta.papy.co.jp/ (2429861)

出典 https://renta.papy.co.jp/

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」を読むなら「まんが王国」もオススメ!

~漫画を読むなら「まんが王国」~ 無料で読める漫画が3,000作品以上! 会員登録(無料)キャンペーン中! 今会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます! 恋愛、バトル、ヒューマンドラマ、、、あなただけのお気に入りタイトルがきっと見つかる!? まんが王国だけでしか読めないオリジナル作品も要チェック! 老若男女問わずお楽しみいただける品ぞろえで、お客様のご利用をお待ちしております!
https://comic.k-manga.jp/ (2429870)

出典 https://comic.k-manga.jp/

全巻を読む前に!マンガ「ワタシってサバサバしてるから」について

「ワタシってサバサバしてるから」は、2020年11月からDPNブックスのコミックなにとぞにて連作されいてる日本の人気マンガです。作者は、原作とらふぐ、マンガは江口心。
AMG出版とDPNブックスの産学共同事業の一環として制作されており、作画を務める江口心はアミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科の卒業生だそうです。主人公の網浜には特に決まったモデルはいないそうですが、「自称サバサバ系」のあるあるを集約しているとも。
インターネット上ではバナー広告の露出が大きな効果を上げ、そこで興味を持って読み始める人が多く、SNSでも身近にいる「自サバ女」の体験談を語ることがブームとなり、配信をはじめた「めちゃコミック」では、2021年の売り上げ年間ランキングで総合2位を獲得しています。
2022年5月には小学館より単行本が刊行されました。

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」あらすじ

光洋出版社で働くOL・網浜奈美は、そのネチネチとした性格や、周囲に迷惑を掛ける言動により、同僚からは嫌われていた。しかし派遣社員の本田麻衣はうまく場をあしらっており、網浜は本田ばかりがちやほやされるのが気にくわず対抗心を燃やしていた。そんな中、人事異動で本田が正社員として登用されるという噂を耳にした網浜は、本田と揉めている谷川誠をけしかけ、正社員登用を妨害しようとする。しかしその試みは失敗して本田は正社員になり、谷川は総務部へ、網浜は通称「追い出し部屋」と呼ばれる社史編纂室へ、それぞれ異動となる。

社史編纂室での網浜は、上司である嘱託社員の千堂光男から厳しく言われることを不快に思っていた。そんな中、新しいWEB雑誌の社内公募コンペが開かれることを知り、一発逆転を目論む。しかしアイデアが思いつかなかった網浜は、同僚の木内静江の企画書を剽窃して投稿。当初責任者は、先に提出した網浜の企画書を木内が盗用したと考えていたが、実際に大賞を受賞することとなったのは木内だった。網浜は会長であった千堂に抗議を行うが、盗用の証拠も見つかっており、徒労に終わる。網浜は、クビを言い渡される前に自主的に退職する。

職を失った網浜は本田から退職する際にもらった名刺の派遣会社に行き、そこで偶然出会ったアパレル企業「GOGO CITY」の社長・滝川守にアピールし、同社のコールセンター職員となる。

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」主要キャラクター

網浜奈美(あみはま なみ)

OL。光洋出版社第一編集部から社史編纂室に異動になり、退職。その後派遣会社に登録し、GOGO CITYのコールセンター勤務。
自称サバサバ女。「私ってサバサバしてるから」が口癖。それを免罪符に偏った主張を繰り返したりネチネチと嫉妬深かったりするが、自分がネチネチ系だという自覚はない。自分の主張とやらかしたことで自業自得の状況に陥るが、すべて他の「ネチネチ系」の人間の仕業ととらえ、全く反省はない、ある意味鋼メンタルの人物。

本田麻衣(ほんだ まい)

第一編集部。当初は派遣社員だったが、正社員に登用される。モデル活動も行っている。真性サバサバ女で、網浜の嫌味に対する返しが秀逸(本人は真面目に返しているが効果絶大)。

千堂光男(せんどう みつお)

会長。社史編纂室の嘱託社員のふりをし、編纂室に追いやられた網浜の動向を注視していた。

マンガ「ワタシってサバサバしてるから」の見どころ

そもそも「サバサバ女」のメリットって何でしょうね。からまない、気にしない、気っぷがいい、姐御肌・・・というところでしょうか。それを「自称」するのだから、「あなたたちの私への評判は私は気にしないよ」というのが真意かと。でもそれを踏み台に失礼な言動をし、それに対する評価は「自分はサバサバ系だから」気にせず、というか自分のせいではなく他のせいと考える。その姿勢を徹底してできたキャラが網浜なんでしょうね。この人、間違いなく自分のせいでひどい境遇に異動し続けていますが、全く自省せず元気に自分を押し通していくのもある意味立派。いるいるこういう人!と読むのも良し、ひょっとして私こういうとこあったりする?と読むのも良し。ひどい目に合う場面を見て留飲を下げるも良し。楽しんで読める作品ですよ。

もちろんAmazonでも「ワタシってサバサバしてるから」コミックを全巻大人買いが出来ます!

電子書籍サイトもいいけど、AmazonからもKindle版のご購入ができますよ。Kindleなら配送時間を気にせずにすぐに読むことができますし、紙の本よりも安く購入が可能!コミックで「ワタシってサバサバしてるから」を全巻読みたい方はAmazonをチェックしてみては??

ワタシってサバサバしてるから(15) (コミックなにとぞ) | 江口心, とらふぐ | マンガ | Kindleストア | Amazon

220
「みんな私みたいにサバサバ生きればいいのに!」女性雑誌の編集部に勤める網浜奈美(28歳)。“私ってサバサバしてるから”を言い訳に、偏った主張をズケズケと繰り返し、同僚たちから疎まれていた。傍若無人にふるまっていたある日、奈美に天敵・本田麻衣(26歳)が現れる。美人で女子力の高い真性のサバサバ女・麻衣にイラつきを隠せない奈美。暴走する自称サバサバ女(通称:自サバ女)VS真性サバサバ女の戦いが始まる!
※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。詳細は、各サービスの公式サイトをご確認ください。
33 件

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト