逸見政孝さんの癌告白会見【マスコミに発表した『許される嘘』】
2021年9月6日 更新

逸見政孝さんの癌告白会見【マスコミに発表した『許される嘘』】

1993年9月6日、日本テレビ麹町本社で行われた逸見政孝さんによる記者会見。冒頭、「私が今、侵されている病気の名前、病名は、癌です」との発言から始まった同会見。続けて、同年2月に入院した際に発表した病名について「大変申し訳無かったんですが、嘘の病名を発表しました。」と謝罪しています。その理由とは?

8,779 view

1993年 逸見政孝さん≪癌との闘い≫

「タモリ・ビートたけし・明石家さんま」によるBIG3を仕切ることができた稀有な司会者でありアナウンサーであった逸見政孝さん。真面目で堅物、そんなイメージを本人が見事に切り崩し、一躍お茶の間の人気者として輝いていた90年代前半、逸見さんを病魔が襲いました。

本稿では逸見さんの癌との闘いをまとめています。当時、異例だった癌告白の記者会見を一部文字起こししています。生前、逸見さんが闘病へと向かう直前の決意表明を、今一度ご覧ください。
逸見政孝さん・病状経過

逸見政孝さん・病状経過

※1993年9月の入院時まで

YouTube版ドキュメント動画

逸見さんが癌告白を行った記者会見の様子を短い動画にまとめています。記事と合わせてご覧いただければ幸いです。

逸見政孝さんの癌告白会見【マスコミに発表した「許される嘘」】

≪1993年9月6日≫逸見政孝さんが胃癌であることを告白した記者会見

1993年9月6日、日本テレビ麹町本社で逸見政孝さんによる記者会見が行われました。当時、超が付くほどの売れっ子だったフリーアナウンサー・逸見さんの告白は生中継され、日本中に衝撃を与えました。

会見冒頭に逸見さんが発した「私が今、侵されている病気の名前、病名は、癌です」との告白は、彼が非常に深刻な状態であることを瞬時に伝え、ただならぬ覚悟を持って会見に臨んでいることを感じさせました。

息子である逸見太郎さんによると、会見前日の逸見さんは自室で告白内容や構成を黙々と考えていたそう。自身の癌罹患を告白するというとてつもない勇気のいる会見となりました。
1991年当時は現在の医療環境とは異なり、癌は不治の病との認識が強かった時代。ましてや自ら進んで世間に公表するのは考え辛いことでした。しかし、病名を明かし、三ヶ月間仕事を休養すると宣言することは、テレビ局や制作会社、スポンサー、そしてファンへ向けてであることを逸見さん自身が会見の中で語っており、会見自体が彼の誠実で真摯な性格が顕著に表れたものであることを物語っています。

マスコミに発表した「許される嘘」

逸見さんは会見の冒頭で、同年2月に入院した際にマスコミに対して発表した病名について「大変申し訳無かったんですが、嘘の病名を発表しました。」と謝罪しています。嘘の病名は「穿通性十二指腸潰瘍」でした。

続けて嘘をついた理由について「当時、本当のことを言うことによって、迷惑が掛かる人が大変多かった」と発言。おそらく人気タレントであるがゆえに様々な番組でキャスティングされていたことが、真実を語ることを妨げていたのだと思われます。
逸見 政孝 (著)「ガン再発す」

逸見 政孝 (著)「ガン再発す」

”恐ろしいです。でも生還したい…。衝撃の告白宣言から始まったガンとの凄絶な戦いの日々。回復の足音から一転…、今ここにガン闘病の真実が明かされる。”
(-内容(「MARC」データベースより)-)
また、嘘をつくことは心苦しかったが、「許される嘘」とも表現しています。ただ、本人にとってもその数か月後に癌の告白をする場面が来ることは予想していなかったようです。逸見さんの発言では「あえて嘘をついたんですが、その嘘は許される嘘だと思ってつきました。ただ、こういう形で、こんなに早く本当のことを申し上げなくてはならない事態になったということは、私は全く予想もしなかったことですし、非常に残念であります。」と辛い胸の内を明かしています。
会見での逸見政孝さん

会見での逸見政孝さん

逸見さんは両親に対しての気遣いもみせながら、続けて気丈に闘病への意気込みを語っています。

「私は1年後に亡くなるのは、本意ではありません。今から13年前にたった一人の弟を胃癌で亡くしております。お陰様で両親は健在なんですが、もう一人残った息子までも同じ癌でもっていかれるという事はおそらく忍びないと思います。」

「三ヶ月、ここで休養して闘ってみようという風に思いました。先生に、もし先生にお任せすれば治りますか?と聞いたんですけども。大丈夫、任せておけと胸を張って100%治ると言える状態ではないと言われました。要は逸見さんの気力、そして、先生たちのチームに任せていただけるのならば、チームとして全力を挙げて癌細胞をできるだけゼロに近い状態にするように努力すると、それは約束すると仰ってくれました。」

記者からの声援と拍手

会見の終盤、記者から「どうしても負けることはできませんね」と励ましにも似た質問が投げ掛けられた際、「もう一回ね、いい形で生還しましたと言えればいいなと」と語った所で、「生還して下さい!」と記者から声援が送られています。

その後の発言にも彼の矜持と強い精神力を感じることができます。

記者の「三ヶ月間、ご自身は何を思って病院生活を送ろうと思ってますか?」との質問に笑顔でこう答えています。「自分には難しいことですけど、仕事を忘れるということですね。一番それが難しいことじゃないかと思いますけどね。なるべくそうして、闘いに行ってきます。」

会見終了時に「頑張ってください!」と多数の掛け声と共に拍手で見送られる逸見さん。それが公の場での最後の姿となりました。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80,90年代に活躍した各局名物アナウンサー(フジテレビ編)

80,90年代に活躍した各局名物アナウンサー(フジテレビ編)

2000年代に入ると、〇〇パンなどアイドル的女子アナも登場してより一層華やかな職業となったアナウンサー。その先駆けと言えるのは80年代からだった!?女子アナのみならず男性にも多くいたテレビの名脇役となっている名物アナウンサーを紹介します。ここではフジテレビ編を紹介します。
yt-united | 32,589 view
高校球児として活躍した有名人【アナウンサー・キャスター編】

高校球児として活躍した有名人【アナウンサー・キャスター編】

高校野球で輝いたかつての球児たちの中には、テレビ局の社員となり、アナウンサー・キャスターとして活躍している人も数多く存在しているのをご存知でしょうか?今回はその中でも、たしかな実績を残した7名を紹介していきます。
こじへい | 30,173 view
90年代の『女子アナブーム』を牽引したアイドル的アナウンサー

90年代の『女子アナブーム』を牽引したアイドル的アナウンサー

アイドルアナウンサーというのは言いすぎかもしれませんが、女子アナウンサーのアイドル化・タレント化傾向が特に強く見られた1990年代の女子アナブームの火付け役となった元フジテレビのアイドル並に人気のあったアナウンサーほか、その人気に便乗してアイドル化・タレント化していった他局の人気アナウンサーを振り返ってみましょう。単なるアナウンス以外の大きな役割、人気のバラエティ番組などで共感される人気者になることが特に重要でしたね。2000年以降は、アナウンサーにアイドル・タレント的要素が求められるのは当たり前になった感があります。
ガンモ | 27,959 view
「おはようナイスデイ」や「FNNスーパータイム」を 担当したアナウンサー『三竹映子』の現在!!

「おはようナイスデイ」や「FNNスーパータイム」を 担当したアナウンサー『三竹映子』の現在!!

1980年代に『おはようナイスデイ』や『FNNスーパータイム』を担当したアナウンサー三竹映子さん。90年代半ばにフジテレビを退社され現在は怪しい名前を名乗りあることを世の女性たちに広めているんだとか・・・。
ギャング | 336 view
桑野信義が大腸癌でステージ3~4の転移も。手術は無事に成功し、現在闘病中!

桑野信義が大腸癌でステージ3~4の転移も。手術は無事に成功し、現在闘病中!

タレントでミュージシャンの桑野信義が大腸癌に罹患。現在闘病中であることを明かしています。桑野のシュールで独特なTwitterも紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト