思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第8回:「河合奈保子物語」童顔と巨乳のギャップにドキッ!
2018年1月7日 更新

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第8回:「河合奈保子物語」童顔と巨乳のギャップにドキッ!

「西城秀樹の妹コンテスト」の優勝者というブランドで華々しいデビューを飾った「河合奈保子」。爽やかなルックスと、可愛い笑顔からは想像出来ない水着姿が好きでした。そんな彼女のデビュー直後に発表された伝記マンガ、「河合奈保子物語」を紹介!

11,094 view
何故か80年代の人気アイドル、荻野目洋子が「ダンシング・ヒーロー」で再ブレイク中の今。
あまた存在するアイドルの中でも、未だにミドルエッジ世代の記憶に残る永遠のアイドルと言えば、何と言ってもこの河合奈保子!
LP「サマーヒロイン」宣伝POP

LP「サマーヒロイン」宣伝POP

「西城秀樹の妹コンテスト」の優勝者というブランドで華々しいデビューを飾った彼女の魅力は、何と言ってもその爽やかなルックスと、可愛い笑顔からは想像出来ない水着姿のギャップ!
これが当時の少年たちをザワつかせたビキニ姿!

これが当時の少年たちをザワつかせたビキニ姿!

「夏のヒロイン」宣伝POP

「夏のヒロイン」宣伝POP

スマイル・フォー・ミー(オリジナル) 河合奈保子

榊原郁恵の流れを引き継ぐその魅力!我々ミドルエッジ世代の少年たちが、彼女のギャップに見事ノックアウトされてしまたのも、無理の無い話だと言えるだろう。

大きな森の小さなお家(天使) 河合奈保子

そこで今回は、そんな彼女のデビュー直後に発表された伝記マンガ、「河合奈保子物語」を紹介してみたいと思う。

マンガ「河合奈保子物語」概略

近代映画表紙 本誌の発売は1981年の1月。実にデビュ...

近代映画表紙 本誌の発売は1981年の1月。実にデビューから僅か半年後!

本作が掲載されたのは、デビュー直後の1981年に発行された雑誌、「近代映画」の増刊「河合奈保子特集号」。
正式なタイトルは、「河合奈保子・生い立ちマンガストーリー」。通常のマンガ形式では無く、随所に彼女の過去の貴重なプライベート写真を入れ込んだ、ファンにとっては正にお宝的内容となっている。
実は、当時こうしたタレント個人の特集号は度々出版されていたが、デビュー半年にも関わらず新人アイドルの個人名での特集号が発売されたことは、彼女の人気がいかに高かったかの証明と言えるだろう。
実際彼女は、本作が掲載された1981年から1986年まで、連続6回に渡り「紅白歌合戦」に出場している。
河合奈保子について更に詳しくお知りになりたい方は、以下のリンクからどうぞ。

マンガ「河合奈保子物語」内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

モノクロで全9ページと短い物だったが、貴重な写真と情報満載で、実に貴重!
転勤の多かった父の仕事の関係で、幼稚園だけで3度も転校!

転勤の多かった父の仕事の関係で、幼稚園だけで3度も転校!

ピアノとギターに目覚めた小学生時代。

ピアノとギターに目覚めた小学生時代。

中学校でフォークソングクラブに入ることに。

中学校でフォークソングクラブに入ることに。

「西城秀樹の弟・妹募集」に応募、見事に優勝!

「西城秀樹の弟・妹募集」に応募、見事に優勝!

この時彼女が歌ったのは、石野真子の「春ラ!ラ!ラ!」だった。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2018/1/9 22:42

    貴重なグラビアはGOROの篠山紀信撮影のカット。長い年月が経ってもわずかにぼかして撮影してるので、古さを感じない。水着グラビアは近代映画のピンクの上下のカット。探してみてください。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回  ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回 ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

プロレスファンの中で今でも最強レスラーの呼び声が一番高いのは、やはりこの人「ジャンボ鶴田」。ジャンボ鶴田が生きていれば、プロレス界の構図も今とはガラッと違っていたのではと思わせるほどの逸材でした。豪快でありながら華麗なファイトで一時代を築いた正統派レスラー、「ジャンボ鶴田物語」を紹介します!
滝口アキラ | 191 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,234 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,184 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 828 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト