【2度の病気を克服】新たな境地の活動へ【徳永英明さん その2】
2017年7月13日 更新

【2度の病気を克服】新たな境地の活動へ【徳永英明さん その2】

前回は、歌手になるという夢を見事に叶えた徳永英明さんの生い立ちからをお伝えしました。今回は、その2として、活動の絶頂期に2度の病に襲われながら、前向きに新たな境地の活動を始めた徳永さんのことについてお伝えします。

702 view

「その1」もぜひご覧ください。

所属事務所を独立して発表した「壊れかけのradio」が大ヒット。

德永英明 - 壊れかけのRadio

1990年の年間23位にランクインする大ヒットとなりました。セールスはスポニチによると33万枚となっています。

喉の病気に見舞われる。

声帯ポリープで入院。

声帯ポリープで入院。

続く喉の病で会話もできなくなる。

続く喉の病で会話もできなくなる。

徳永さんのライブの映像を見ると、腰を折り曲げて力の限りの熱唱をしていましたので、おそらく喉に無理がかかってしまったのでしょう。喉の病気により入院を余儀なくされます。

1度目の歌手活動休止。

喉の病は治ったものの、徳永さんの声が変わってしまいます。
そのため、1度目の歌手活動休止となってしまいます。

歌手にとって命である「声」が変わってしまうとは、どんな気持ちだったのでしょうか。

「ネガティブに考えない」。

喉を壊して声が変わってしまった徳永さんですが、このように語っています。
新しい声に慣れるまで1年間かかり、その間は休業していたのですが、
「ネガティブには考えなかった。声が壊れて、新しい声になる。新しい声でまた音楽活動を再開していこう」と、「楽しみ」に考えたと語っています。

ここが凡人と非凡な人との違いなのでしょうか。

結婚のキッカケも並ではない。

声で結婚。

声で結婚。

結婚のキッカケは、「電話の声で「一声ボレ」」だったそうです。
お相手はお友達のお友達で、顔は見たことがあったのですが、電話をはじめてした時に、「この人と結婚するんだろうな」と直感がはたらき、最初の電話で、「結婚しない?」と言ったそうです。

結構大事なことを、「直感」「予感」で決めるタイプの方のようです。
ただし、「その分失敗も多かった」とも語っています(もちろん結婚のこと以外で)。

2度目の病にかかる。「もやもや病」。

もやもや病の写真。

もやもや病の写真。

「もやもや病」という名前だけ聞くと、精神的な病気で心がもやもやするのかと当時勝手に思っていたのですが、実際は、脳の病気で、細い血管がたくさんのびて、その様子を写真に撮ると、あたかもたばこの煙がもやもや立ち上るように見えることから付けられた名前とのことです。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

最近何かと娘の杏里さんが事件などで話題になっていますが、あえて母親の坂口良子さんにスポットを当ててデビューからお亡くなりになるまでを総まとめしてみました。
ギャング | 1,986 view
【90年代】ゲームに関するクイズ!超魔界村からメタルギアソリッド、シーマンまで

【90年代】ゲームに関するクイズ!超魔界村からメタルギアソリッド、シーマンまで

ミドルエッジがおくる懐かしの90年代のゲームに関するクイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 410 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,093 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 611 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト