男性映画俳優・昭和の二枚目俳優の歴史(戦前から1960年代に活躍した俳優)46名
2016年6月5日 更新

男性映画俳優・昭和の二枚目俳優の歴史(戦前から1960年代に活躍した俳優)46名

ハンサムなイケメン男性映画俳優・昭和の二枚目俳優を生誕順(1900年から1945年まで)で戦前から1960年代までに特に活躍した46名をおさらいしてみましょう。国内映画産業が黄金期だった頃のイケメン俳優たちは、やはり凄いかっこいいです。

342,116 view

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう) 俳優の田村高廣、田村正和、田村亮の父親

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう、1901年(明治34年)12月14日 - 1953年(昭和28年)7月7日)は、日本の歌舞伎俳優、映画俳優。本名田村 傳吉(たむら でんきち)、サイレント映画時代に岡山 俊太郎(おかやま しゅんたろう)の名で監督作がある。端正な顔立ちと高い演技力を兼ね備えた二枚目俳優として親しまれ、「阪妻(バンツマ)」の愛称で呼ばれた。

大正末年から昭和初年にかけての剣戟ブームを生み出した剣戟俳優であり、「剣戟王(けんげきおう)」の異名を持つ。日本映画史においてサイレント映画からトーキーへの転換期に活躍、双方で高い実績を残した人物としてしばしば名を挙げられる。

5人の子どものうち、長男の田村高廣、三男の田村正和、四男の田村亮の3人は俳優となった。
阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう)

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう)

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう)

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう、旧字体:千惠藏、1903年3月30日 - 1983年3月31日)は、日本の俳優。本名は植木 正義(うえき まさよし)。

戦前・戦後の長期にわたって活躍した時代劇スターで、同時代の時代劇スターである阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、市川右太衛門、長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた[1](これに月形龍之介を含めて「七剣聖」と呼ぶ場合もある)。出演作品は300本を超える。戦前は片岡千恵蔵プロダクションを設立し、稲垣浩、伊丹万作の両監督とコンビを組んで傑作時代劇を多く生み出した。戦後は東映の重役スターとなり、亡くなるまで第一線のスターで在り続けた。終戦直後のGHQ占領時代には、金田一耕助や多羅尾伴内などを演じ現代劇でも人気を得た。当たり役に『いれずみ判官』の遠山金四郎など。
片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう)

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう)

岡田 時彦(おかだ ときひこ)

岡田 時彦(おかだ ときひこ)

岡田 時彦(おかだ ときひこ)

岡田 時彦(おかだ ときひこ、本名・高橋英一、明治36年(1903年)2月18日 - 昭和9年(1934年)1月16日)は、大正・昭和初期の俳優。無声映画時代を代表する二枚目俳優であった。

映画誌「映画時代」の同年度のファン投票では当時の大人気スター・阪東妻三郎に400票以上も差をつけて第1位に輝き、トップスターの仲間入りをした。

岡田 時彦の著名な家族
娘:岡田茉莉子
岡田 時彦(おかだ ときひこ)

岡田 時彦(おかだ ときひこ)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお、1908年2月27日 - 1984年4月6日)は、日本の俳優。旧芸名に林 長丸(はやし ちょうまる)、林 長二郎(はやし ちょうじろう)。愛称は長さん。

戦前から戦後にかけて、二枚目の時代劇スターとして活躍し、同時代の剣戟俳優である阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、市川右太衛門とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。歌舞伎界から松竹に入り、松竹時代劇の看板俳優となった。その後東宝、大映と移り、300本以上の作品に出演。舞台やテレビドラマでも大きな活躍を見せており、晩年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』の初演で演出を行った。没後、俳優初の国民栄誉賞を受賞。
長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

長谷川 一夫(はせがわ かずお)

上原 謙(うえはら けん) 加山雄三の父親

上原 謙(うえはら けん)

上原 謙(うえはら けん)

上原 謙(うえはら けん、1909年11月7日 - 1991年11月23日)は、日本の俳優。戦前戦後の日本映画界を代表する二枚目スターの一人。本名:池端 清亮(いけはた きよあき)。

戦前戦後の全盛期は圧倒的な美貌で人気を博し、「絶世の二枚目スター」だった。
上原 謙(うえはら けん)

上原 謙(うえはら けん)

上原 謙(うえはら けん)の著名な家族

子:加山雄三(俳優)・仁美凌(女優)
孫:山下徹大(俳優)・梓真悠子(元タレント)・池端えみ(女優)
上原 謙(うえはら けん)

上原 謙(うえはら けん)

上原 謙と原節子

上原 謙と原節子

森 雅之(もり まさゆき)

148 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 通りすがり 2018/9/3 00:52

    ネット記事貼り付けの底の浅〜い記事。ページが進むにつれて内容が薄くなっていく。記憶の浅い人、知らない人も思わず調べてみたくなるような紹介をお願いしたいものだ。あ、もうこのサイト利用しないけどね。

    TATSU 2018/6/27 19:13

    こう見るとみんな眉毛が太く濃く、目はキリッとした彫りの深い、ハーフみたいな人が多い。これは大衆の外国人への憧れからなのか、それとも古くからの二枚目の条件なのか。でもなぜか和服が絶妙に似合うんだよね。
    それにしてもこれ見てると今の薄顔俳優は女だね。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

有限会社ハードコアチョコレートは、有限会社OFFICE作とのコラボ商品として、松田優作の主演映画「野獣死すべし」「蘇える金狼」のファッションアイテム全4種を現在発売中です。
隣人速報 | 581 view
「やろうぜ!勝負はこれからだ!」映画・トップガンの続編の製作が正式にスタート!!

「やろうぜ!勝負はこれからだ!」映画・トップガンの続編の製作が正式にスタート!!

トム・クルーズ主演で大ヒットした1986年の航空アクション映画「トップガン」の続編となる「マーベリック」の製作が正式にスタートしたことが、トム・クルーズの公式Twitterにて発表されました。
隣人速報 | 2,311 view
昭和のドラマの役柄イメージあるある!

昭和のドラマの役柄イメージあるある!

昭和時代はドラマの役柄も個々イメージがありました。今ではこんな人が?とか意外性ウケたりする時代に当時は、まんまベタなイメージでした。その辺のあるあるをまとめてみました。
ギャング | 19,997 view
昭和の名脇役・殿山泰司の半生を描いた映画『三文役者』

昭和の名脇役・殿山泰司の半生を描いた映画『三文役者』

昭和屈指の名脇役として知られる殿山泰司。彼の没後、盟友・新藤兼人が彼の生涯を映画化したのが『三文役者』だった。俳優の竹中直人が殿山役を好演している。自らを三文役者と名乗った殿山の半生が描かれた一作だ。
ひで語録 | 3,900 view
1970年代男性アイドル・イケメン俳優(35組)

1970年代男性アイドル・イケメン俳優(35組)

郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎から成る「新御三家」。テレビドラマからブレイクし、アイドル的人気を博す者。ロック・ミュージックが一般化していなかったため、シンガーソングライターやロックギタリストもアイドルとして売り出されることがありました。『レッツゴーヤング』の「サンデーズ」出身の太川陽介、渋谷哲平、川崎麻世などテレビ番組に出演し、その成長とともに視聴者のアイドルとなっていく者たちもいました。70年代のアイドル黎明期を彩ったアイドルたちを、おさらいしていきましょう。
トントン | 63,586 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト