理路整然で舌鋒鋭い上方漫才師「上岡龍太郎」2000年に芸能界を引退した後はどうしてる?
2017年11月18日 更新

理路整然で舌鋒鋭い上方漫才師「上岡龍太郎」2000年に芸能界を引退した後はどうしてる?

「探偵!ナイトスクープ」「鶴瓶上岡パペポTV」「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」など数々の人気番組を持ち、90年代までは毎日のようにテレビで見た上岡龍太郎。2000年にきれいに芸能界を引退した彼はいま何をしているのでしょう?

20,115 view

上岡龍太郎

上岡 龍太郎

上岡 龍太郎

上岡 龍太郎(1942年3月20日 - )は、日本の元漫才師、タレント、司会者。旧芸名、横山 パンチ、伊井 パンチ。他、講談師旭堂 南蛇(なんじゃ)として高座に出演。また、落語立川流の門下でもあり、高座名・立川右太衛門を持つ。上岡劇団座長。二人兄妹の長男。

2000年に芸能界を引退。

上岡龍太郎の芸風

「知性で笑わせられる芸人」と評された

「知性で笑わせられる芸人」と評された

立て板に水を流したような流暢な口調と理路整然とした語り、一方で切れ味鋭い毒舌を吐きつつ、芸人としてバカを演じてオチをつけるというスタイルであり、司会業にも優れていた。
西条凡児以来の「知性で笑わせられる芸人」との評がある。また、デビューまでに、美空ひばりのエピソードに倣って、百人一首を覚えたり、露天商の口上を覚えたりと、この時期に吸収したものが彼の芸に存分に発揮されている。

本人による自身の芸評

”僕は知的だといわれますが、適当なことばっかり言ってるんです。もっと知識のある人が僕を見て、「愛い(うい)やつじゃ」と嗤ってくれればいいんです。
僕はしょうもないことはよく覚えてて、大事なところの知識がない。これを僕は「知識のドーナツ化現象」と名付けてます。”
「インテリ」「知性的」「理論派」の芸風で人気があり、いわゆる上方お笑い芸人の「コテコテ感」からは逸脱して、漫画トリオ時代から異彩を放っていたのは、司会者・ミュージシャン出身の所産であり、その芸風はテントやぜんじろうといった弟子たちが衣鉢を継いでいる。

番組で自己紹介をする際、当初は「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。恵まれない天才、私が上岡龍太郎です。」と述べていた。「ノックは無用!」等では短く「天才、上岡龍太郎です。」と述べていたが、やがて「私が上岡龍太郎です」と述べるように変わっていった。この際、「私が」を強調していたのが特徴であった。

芸人・タレントとして全国的に名を馳せてから、横山ノックを賞賛する立川談志の落語立川流に門下(Bコース)入りした。立川流での芸名は、上岡自身が大ファンでもある市川右太衛門に因んだ「立川右太衛門」。上方お笑い大賞の大賞を受賞したときの授賞式のプレゼンターとして市川右太衛門が登場し、大感激の授賞式となった。

立川談志は上岡龍太郎を「芸人に憧れ、憧れ続け、尚も芸人になろうしたが結局、芸人に成り切れなかった芸人」と評し、上岡著作のあとがきにて「芸人であることを糊塗する詭弁の著作である」と喝破している。

2000年4月、芸能界から完全に引退

公約通りの引退でした

公約通りの引退でした

2000年4月 以前から放送で「俺は、芸能生活40周年を迎える2000年の春になったら完全に隠居する!」と公約していた通りに芸能界を引退。

上岡龍太郎 話芸一代 : 戸田学 : 本 : Amazon.co.jp

¥2,376
アマゾン公式サイトで上岡龍太郎 話芸一代を購入すると、Amazon.co.jpが発送する商品は、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。本をお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

引退を決めたといわれる3つの理由

そんな上岡が近しい人間に述べていた自らの引退の理由について、2009年2月12日の産経新聞夕刊(大阪版)に3つ挙げられていた。

ある舞台のナレーションをしていた俳優が入れ歯のためか、非常に滑舌が悪く、何を言っているのか聴きとりにくいということがあった。それを聴いていた上岡は「こういう時は、まわりがとめないと」と思ったのだという。そこで妻に「僕にこんな時が来たら言うてや」と言ったのだという。すると妻は打てば響くかのように「今!」と返した。これが上岡が引退を決意するきっかけとなった1つ。

ある日、上岡は新宿アイランドホールの控室で着替えをしていた。ふと鏡を見るとまるで老人のような後頭部が見える。これが自分の頭と気付いた時、そろそろ潮時かと感じたらしい。

そして上岡が引退を決意するに至った最大の理由というのが、新幹線での出来事らしい。上りの新幹線に乗っていた上岡のところに、次の番組で一緒になる若手タレント2人が挨拶にやって来た。ところがお互い、会話のネタが無い。「明日よろしく」「よろしく」「…」といった感じで終わってしまったが、ここで上岡は自分が若い時のことを思い出したのだという。自分が駆け出しのころ、共通の話題がまったくなくて、挨拶に行っても会話に困った大物のタレントがいたな、と。自分がついにそのポジションに来てしまった訳か、と。

主にこの3つの出来事で、上岡は自らの引き際を決めたのだという。世の中の出来事すべてに、もっともらしい明確な理由がある訳もなく、それは誰しもわが身を省みてみれば分かることだ。そうすると、上岡の引退の理由が3つの出来事が混ぜ合わさったものであるのは自然なことのように思える。

そんな彼の引退後は?

立川談志さんのお別れ会の席で

立川談志さんのお別れ会の席で

上岡は現在、ごくまれに知人の芸能人のパーティーやゴルフ大会などに顔を出すことはある。特に現在でも親交のあるオール巨人のブログには、芸人仲間との宴会・イベントの写真に見切れ出演することがあり、ファンにとって上岡の近況が確認できる貴重な情報源となっている。やしきたかじんとゴルフを打ちに行っていることも、たかじんが自身の番組などで明かしている。
好きなこと(ゴルフ、映画、演劇鑑賞、文筆など)を
して、好きなように生きておられます。
そういう人生を送りたくて、引退したのかも。
どうやら悠々自適と趣味に生きられている、というのが現在の様子のようです。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バラエティ番組「鶴瓶 上岡パペポTV」笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎が毒舌トークを展開させた!!

バラエティ番組「鶴瓶 上岡パペポTV」笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎が毒舌トークを展開させた!!

バラエティ番組「鶴瓶 上岡パペポTV」は、笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎が60分間フリートークをする番組で、ぶっつけ本番の毒舌トークを展開していました。そして、上岡はこの番組によって、東京での仕事を数多く持つようになります。
星ゾラ | 6,967 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 1,501 view
清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

かつてフジテレビの「ものまね王座決定戦」で一世を風靡したタレント、清水アキラ、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)、栗田貫一、コロッケが、6月20日放送のフジテレビ系バラエティ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演することが明らかとなりました。
隣人速報 | 5,664 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
ヒッチハイクで同窓会の会場へ!?猿岩石、ドロンズ、パンヤオの元メンバーが「電波少年」史上初の同窓会に参戦!!

ヒッチハイクで同窓会の会場へ!?猿岩石、ドロンズ、パンヤオの元メンバーが「電波少年」史上初の同窓会に参戦!!

元猿岩石の森脇和成が「進め!電波少年」に出演していた芸人と同窓会を開催し、その模様を自身のTwitterに投稿しました。
隣人速報 | 3,721 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト