円谷恐竜三部作の恐竜戦隊コセイドン・恐竜探険隊ボーンフリー・恐竜大戦争アイゼンボーグの3作品を全部見れましたか?
2015年11月10日 更新

円谷恐竜三部作の恐竜戦隊コセイドン・恐竜探険隊ボーンフリー・恐竜大戦争アイゼンボーグの3作品を全部見れましたか?

恐竜戦隊コセイドン・恐竜探険隊ボーンフリー・恐竜大戦争アイゼンボーグの円谷恐竜三部作をリアルタイムで私は見ることができました。アイゼンボーグを見てない人が多いでしょうか。

4,841 view

恐竜探険隊ボーンフリー

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/95/0000919795/36/img0610f62ezik4zj.jpeg (122828)

円谷プロの恐竜シリーズ第1弾で、アニメの人物と特撮シーンで構成される映像はサンダーバードのような人形劇と特撮の融合を参考にしたそうです。

恐竜探検隊ボーンフリーは敵を倒したり戦ったりすることが目的ではなく、あくまでも恐竜の保護を目的としていたため斬新だった思います。
ボーンフリーの根強いファンが多いためにサンダーバードの...

ボーンフリーの根強いファンが多いためにサンダーバードのようなハイクオリティなおもちゃも出ています

IL RISVEGLIO DEI DINOSAURI - 恐竜冒険記ジュラトリッパー (KYORYU TANKENTAI BORN FREE) - YouTube

外国翻訳作品で変なタイトルになっていますが、ボーンフリーのオープニングです。ボーンフリー号のおもちゃを持っていました。
『恐竜探険隊ボーンフリー』(きょうりゅうたんけんたいボーンフリー)は、1976年10月1日から1977年3月25日までNET(現・テレビ朝日)系列で毎週金曜18:00 - 18:30に放送されていた特撮・アニメ番組である。円谷プロダクション制作。全25話。

1996年、地球に接近したアービー彗星に伴う地殻変動によって、中生代の環境を維持していた地下空洞から恐竜が地上に姿を現した。国際自然保護連盟は現在の環境に適応できずに死んでいく恐竜達を保護するため「ボーンフリー隊」を組織した。ボーンフリー隊は専用の大型探検車ボーンフリー号や輸送機キャリードンキーなど様々なメカを駆使し、環境変化や恐竜抹殺を訴える人間たち、さらに密猟者バトラーなどの手から恐竜達を保護するために奮闘する。

恐竜大戦争アイゼンボーグ

http://neoapo.com/images/anime/389/85d0d4902ffa84f1ca076880202bd9ce.jpg (122833)

恐竜のボスがティラノサウルスのウルル。ウルルを倒した後、ウルトラマンのような巨大なアンゼンボーに変身して敵を倒す話に。。。視聴率を上げるためのてこ入れだったんですね。
出典 neoapo.com
あこがれのアイゼンボーグ号のプラモデル

あこがれのアイゼンボーグ号のプラモデル

買ってもらえなかったなあ。
アイゼンボーグマンに変身します!

アイゼンボーグマンに変身します!

アイゼンボーグマンになりました。

アイゼンボーグマンになりました。

恐竜帝王のウルルです。ティラノサウルスです。

恐竜帝王のウルルです。ティラノサウルスです。

http://ac.stage3rd.com/upfiles/201105/hgcg@03593372545045.jpg (122838)

ウルトラマンのような巨大なアイゼンボーにも変身!

ウルトラマンのような巨大なアイゼンボーにも変身!

アイゼンボーグ号の中の愛とアイゼンボーグマンが融合することでアイゼンボーに変身します。

恐竜大戦争アイゼンボーグ OP - YouTube

懐かしい!まさにこの曲です。アニメと実写が融合した作品。メバエとかその手の類の子供雑誌に、アイゼンボーグの漫画も連載されていました。
『恐竜大戦争アイゼンボーグ』(きょうりゅうだいせんそうアイゼンボーグ)は、1977年10月7日から1978年6月30日まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)系列で毎週金曜19:30 - 20:00に放送されていた特撮・アニメ番組である。円谷プロダクション制作。全39話。

『恐竜探険隊ボーンフリー』『恐竜戦隊コセイドン』と合わせて「円谷恐竜三部作」と称されるシリーズ作の第2作目。第1作の『ボーンフリー』と同様、キャラクター部分はアニメ、恐竜や巨大ヒーローの活躍場面は特撮実写で製作された。企画は前作の続編として円谷プロダクションと旭通信社との間で企画されていた[1]が、広告代理店が東急エージェンシーに代わり、放送局もNETから東京12チャンネルへと移動した[1][2]。
前作の『ボーンフリー』では恐竜の保護を中心としたため戦闘描写をしづらくなった反省[1]から、恐竜を人類の敵として描き、それに対し主人公のアイゼンボーグ率いるD戦隊が立ち向かうという設定となっている[1][2][3]。また特撮も前作でスケジュールを圧迫していたモデルアニメーションから着ぐるみを中心としたものになった[2]。
立花兄妹は合体(アイゼンクロス)することにより戦闘形態である「アイゼンボーグマン(劇中では未呼称)」となり、その際のエネルギーによりアイゼンI号は超戦闘マシン・アイゼンボーグ号に変形する。だが視聴率不振[4]などのため、番組後半からは、テコ入れとして愛の超能力でアイゼンボーグマンとアイゼンボーグ号が合体して、男女二人が合体する巨大ヒーロー「アイゼンボー」が登場。さらに敵も「恐竜軍団を率いる恐竜の長」から、「怪獣を使い地上を侵略しようとする恐竜魔王」への交代といった路線変更がなされている[4]。
ティラノサウルスのウルルを倒した後、ウルトラマンのような話になってしまったんだよな。

恐竜戦隊コセイドン

アニメと実写が融合したボーンフリーやアイゼンボーグとは...

アニメと実写が融合したボーンフリーやアイゼンボーグとは異なりコセイドンは全編実写の作品

ヒーロー番組としては、隊員の1人トキ・ゴウが真っ赤な強化服に身を包んだ正義の戦士「コセイダー」となって戦うのが目玉となっているが、コセイダーは当初は純粋に“コセイドン隊の白兵戦要員”であり、ゴウ自身の身体能力を超える特殊能力は持っておらず、初期話数においてはコセイダーが登場しない話もあった。しかし、序盤物語のキーアイテムである「コスモ秘帖」に隠されたエネルギーでパワーアップを果たした後は、時間を停止させる能力をも持つ、文字通りの超人へと変化する。 コセイダー出撃シークエンスの合間に現在進行中の出来事(ほとんどは仲間のピンチ)のカットが入り、一秒を争う緊迫した事態であることを示す演出が行われた。

恐竜戦隊コセイドン OP ED - YouTube

『恐竜戦隊コセイドン』(きょうりゅうせんたいコセイドン)は、1978年7月7日から1979年6月29日まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)系列で毎週金曜19:30 - 20:00に放送されていた特撮テレビ番組である。円谷プロダクション制作。全52話。第41回以降『恐竜戦隊コセイドン 戦え 人間大砲コセイダー』に改題された。
2010年11月から2011年11月まで、チャンネルNECOの「円谷特撮アワー」枠にて放送が行われた。

タキオンの発見によりタイムトラベルが実現した未来、人類は中生代白亜紀と現在とを自由に行き来し、白亜紀の地球にコロニーを作っていた。そして、時空管理局が誇る巨大タイムマシーン・コセイドン号を駆る特別チーム、タイムGメン・コセイドン隊が白亜紀とタイムトラベルの安全を守っていた。
2001年、日本が熱線と冷凍光線の攻撃を受け、その攻撃は白亜紀からのものであると分かる。この異常事態に対して、時空管理局からの要請を受けてコセイドン号が出動、白亜紀で調査を開始した。そこで彼らは地球外からの逃亡者・アルタシヤ姫とお付きのロボット・ビックラジイに出会う。彼女たちを追ってやって来た侵略者ゴドメス星人は地球を新たな侵略目標と定めて行動を開始し、コセイドン隊はゴドメス星人の地球侵略を阻止するために戦うこととなる。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【マイティジャック】1960年代後半に円谷プロダクションから放たれた特撮番組を振り返る

【マイティジャック】1960年代後半に円谷プロダクションから放たれた特撮番組を振り返る

【マイティジャック】は1960年代後半にフジテレビ系列で放送された円谷プロダクションが特撮した番組でした。この記事では【マイティジャック】と、続編である【戦え!マイティジャック】を振り返りたいと思います。
つきねこ | 2,667 view
円谷プロの傑作SFミステリーがBlu-ray画質で蘇る!『怪奇大作戦 Blu-ray BOX』発売決定!

円谷プロの傑作SFミステリーがBlu-ray画質で蘇る!『怪奇大作戦 Blu-ray BOX』発売決定!

株式会社円谷プロダクションは、1968年~1969年に放送された特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』のBlu-ray BOXの発売を決定しました。発売予定日は2019年3月6日、現在全国のDVD取扱店にて予約受付中です。
隣人速報 | 595 view
特撮&プロレスマニア感涙!仮面ライダーに史上初の「プロレスマスク」が登場!!

特撮&プロレスマニア感涙!仮面ライダーに史上初の「プロレスマスク」が登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」において、石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』より、「仮面ライダー1号」のマスクをプロレスマスクとして商品化した『仮面ライダー プロレスマスク』が現在予約受付中です。
隣人速報 | 1,754 view
「CYBER-COP BB」日本語版(第1話~第8話)

「CYBER-COP BB」日本語版(第1話~第8話)

Wiz Comicによる世界配信を展開中の「CYBER-COP BB」が日本語版になってミドルエッジに登場!往年のサイバーコップの流れを汲んだサイバーコップBBをぜひお楽しみください。
「CYBER-COP BB」の世界観が分かる!サイバーコップBB原画集!!第6話

「CYBER-COP BB」の世界観が分かる!サイバーコップBB原画集!!第6話

電脳警察サイバーコップがBB(バブウー)化した「CYBER-COP BB」第6話!その愛らしい雄姿をモノクロとカラーとでご覧いただきましょう。のなか先生直筆による生原稿もご案内いたします。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト