「電波少年」の名物Tプロデューサーこと『土屋敏男』好奇心だけで生きている!!
2019年8月8日 更新

「電波少年」の名物Tプロデューサーこと『土屋敏男』好奇心だけで生きている!!

『電波少年』シリーズや『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』など大ヒット企画を続々と手がけたTプロデューサーこと土屋敏男さん。って一体どんな方なのでしょうか?

711 view

土屋敏男 プロフィール

生誕 1956年9月30日(62歳)
出身  静岡県静岡市
出身校 静岡県立静岡高等学校・一橋大学社会学部
職業 テレビプロデューサー、実業家
TOKYO VR代表理事、東京大学大学院情報学環教育部非常勤講師。元LIFE VIDEO株式会社代表取締役社長。
生立ち
 (2130470)

静岡県静岡市で警察官の二男として生まれる。

小学校時代にプロ野球選手、中学校時代に古典落語家、高校時代に新聞記者を志すが、大学時代からテレビマン志望となったとか。

日本テレビ

1979年、日本テレビに入社され、始めはワイドショーの現場を経て、
その後バラエティ番組制作に携わるようになったそうですが、低視聴率が続き、編成に異動となっています。

その後再び制作に戻って作った『電波少年シリーズ』や『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』!!が高視聴率となりました。
今のテレビがオモシロクない理由
土屋敏男元・日本テレビプロデューサーは、「現在のテレビが面白くなくなったのは数字にとらわれ過ぎているからだ」という持論を展開しています。
1分ごとに、どの番組が、どの層に何%に観られているかが即座に分かる時代になり、テレビ編成や制作現場が瞬間視聴率ばかりを気にして番組を作ってしまっているというのです。事実、土屋敏男元・日本テレビプロデューサーが手掛けた「電波少年」が高視聴率を獲得するなど、誰が予測したでしょう。
制作から離れ
編成部長として行った各局の視聴率分析の結果、世代交代の必要性を感じテレビ番組制作から離れ、
コンテンツ事業局コンテンツ事業推進部長、コンテンツ事業局次長兼コンテンツ事業推進部長兼PR局日テレイベント事務局長に。

日本テレビを退職

2015年5月日本テレビを退職されています。
プロデューサーの年収は?
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしの「ナカムラくん」が復活!加護亜依が着ていた事でも話題となった「エンジェルブルー」が復刻アイテムを発表!!

懐かしの「ナカムラくん」が復活!加護亜依が着ていた事でも話題となった「エンジェルブルー」が復刻アイテムを発表!!

1989年の誕生以来、90年代後半~2000年代前半の小中学生に人気を博したブランド「エンジェルブルー」が、このたび復刻アイテムをリットーミュージックの通販サイト「TOD」にて発表しました。
隣人速報 | 470 view
エイベックス(株)代表取締役会長CEO『松浦勝人』って、一体どんな人なの!?

エイベックス(株)代表取締役会長CEO『松浦勝人』って、一体どんな人なの!?

最近では歌手の「浜崎あゆみ」と過去に恋人関係だった事が浜崎さんが出版された『M 愛すべき人がいて』に綴られていて世間を驚かせました。そんな松浦勝人(まつうら まさと)さん一体どんな方なのでしょうか?
ギャング | 8,354 view
『ガキ使』でおなじみのガースーこと『菅賢治』がリストラでクビ報道!!

『ガキ使』でおなじみのガースーこと『菅賢治』がリストラでクビ報道!!

『ガキ使』ではプロデューサーなのに自ら番組に出演し、お茶の間を沸かせた菅賢治さん、一部報道ではヘイポーこと斉藤敏豪さんと共にガキ使をクビになったと報道されました。真相や菅さんをアレコレまとめてみました。
ギャング | 63,710 view
電波少年の懸賞生活から20年!あの「なすび」が再び懸賞に挑戦します!!

電波少年の懸賞生活から20年!あの「なすび」が再び懸賞に挑戦します!!

90年代に一世を風靡したバラエティ番組「電波少年」。その番組内で「電波少年的懸賞生活」と称し、懸賞品だけでの生活に挑戦した「なすび」が、テレビ朝日系列で放送される「帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな合体3時間SP(仮)」にて、約20年ぶりに懸賞企画に挑戦することが明らかとなりました。放送予定日は11月12日。
隣人速報 | 2,953 view
【朗報】元猿岩石の森脇、再びヒッチハイクの旅に出る。

【朗報】元猿岩石の森脇、再びヒッチハイクの旅に出る。

90年代に電波少年から大ブレイクを果たしたお笑いコンビ「猿岩石」。その元メンバーの森脇和成が、再びヒッチハイクを行いました。果たして成功したんでしょうか?
隣人速報 | 1,506 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト