ミド編(ミドルエッジ編集部)の担当・某が振り返る、平々凡々だけど日々之好日な半生。
2016年8月25日 更新

ミド編(ミドルエッジ編集部)の担当・某が振り返る、平々凡々だけど日々之好日な半生。

ミドルエッジ編集(通称:ミド編)の担当・某が「ミドルエッジは思い出が集まる場所なんだから、個々人の半生があってもいいんじゃん?」と突拍子もない考えを編集部内で披露。「だったらまずお前自身を曝せよ」という総ツッコミを食らいつつ、おそるおそる書いてみる自己紹介記事。1974年生まれの某が、顔出しNGとしながらも半生を勝手に振り返ります。

1,050 view

ミドルエッジ・フェイスブック担当である「某」(1974年・福岡県出身)

媒体運営社の一担当であるにも関わらず、己自身について書いてみようという、実にド厚かましい発想に至った私。

でもまあ、どんな個人でも発信していい時代なんだからあまり固いこといわずに、、、。
もしかすると「懐かしい」って共感をいただけることもあるかもしれないし。

あ、でもそもそも読みたい人なんかいないか・・・、とまあ基本的に気が弱い私。
それでも自身の幼少期から少年期、青春期について簡単に触れてみようと思います。


ちなみに私はミドルエッジ編集部で主にフェイスブックページを担当しています。
全国の皆様が寄稿して下さる無数の「懐かしネタ」から、フェイスブックページを通して一部をご紹介していく作業の担当です。
ひょろっとした体格の私

ひょろっとした体格の私

恥ずかしいので顔出しはNGです。
少年期に憧れのヒーローだったロビンマスクを被っています。

下記の「やってみた」記事には無謀にも立候補しました。

1974年、福岡県出身(父は長崎、母は福岡の人間)

そう、ひよこ饅頭は福岡の銘菓です

「心は九州男児」というわけでもなく、転勤族の家庭でしたので千葉~愛知~千葉と、幼少期から少年期に何度かの引っ越しをしています。

千葉県に住めばジャイアンツを応援し、愛知県に住めばドラゴンズを応援するという、実にミーハーな子供でした。

幼いころは超合金に囲まれ、ヒーローごっこに明け暮れる

バトルフィーバーJのバトルフランスが大好き^^

親父の子守歌はゴレンジャーやジャッカー電撃隊。
ヒーローごっこはバトルフィーバーJと、仮面ライダーやウルトラマンよりもスーパー戦隊モノに心惹かれていた幼少期でした。

私の幼いころの写真は、どれをみても変身ポーズばかりです。
やたら腕をクロスしたり十字を作るポーズが好きだったようですが、いまにして振り返れば様々なヒーローの変身シーンがごちゃ混ぜになっています(笑

もう少し長じてからは、サンバルカンや仮面ライダースーパーワンに夢中だった気がします。

一番の宝物はダルタニアスの合体超合金!

なんといってもライオンが合体ロボになるってのはインパクト大でした。
両親からいくつもの超合金を買い与えてもらったのですが、ダルタニアスはいまだに憶えています。

あばれはっちゃくにドリフターズ、秘密基地にガンプラ・・・

1974年生まれの私にとって1980年代前半は幼少期から少年期。
勉強のことはよく憶えていませんが、遊びやテレビのことはよく憶えています(笑

あばれはっちゃくにドリフターズ、小学○年生や学研「科学と学習」の付録など。
いろんなモノに囲まれていた記憶ですね。
秘密基地と駄菓子屋を行ったり来たりする放課後。
もちろん自転車はあの頃の多段階変則、リトラクタブルライト(笑
そのうち、クラスの友人と草野球をするようになりました。
寒い冬でももちろん半ズボン!

なにか遊びで自慢出来るとしたら、鉄棒のグライダーや雲梯がとても得意でしたよ。

やっぱりファミコンにハマったり、パソコンにも興味持ったり

キン消し集め、牛乳キャップめんこなど、遊びのことはいくらでも書き綴れますね。
ご馳走はレディーボーデン、マクドナルドを初めて食べたのはいつだったかな・・・?
お稽古事はそろばん、後に公文式なども習うようになりました。

そんななかでファミコンが登場すれば夢中になったり、後にはパソコンにも興味持ったりするように。
やがて中学生になって思春期に入ると、わりと勉強はソツなくこなすものの、熱く部活に打ち込むわけでなく、かといって不良でもない、まあ平々凡々たる少年だったような気がします。

音楽については80年代後半から興味を持って聴いていたと思いますが、歌手よりもFM音源という「音」にやたら興味をもっていたりしました。

90年代、高校~大学まで行かせてもらいました

何不自由することなく高校~大学まで進ませてもらった私。
勉強はもう憶えていませんし、相変わらず部活に必死で打ち込むこともなかったのですが、この頃はミニコンポやMDなどに夢中でした!
好きなバンドもたくさんあって、そんななかでもミーハーにB'zが大好きだったり(笑
とくに大学時代、通信手段としてもっとも愛用していたのはPHSでした。
建物内で使えなかったり、携帯電話とは通話できなかったりといまでは信じられないくらい不便だったけど、あの頃はとても便利だったんですね。

あと、移動時には常にMDウォークマン聴いてました。

社会に出てから~そろそろ社会人20年生

大学時代はアルバイトなどに明け暮れて、まともに勉強していません(恥

それでもお陰様で社会人になることが出来、以降は人並みに山あり谷ありに人生を送ってきました。
公私ともに「日々之好日」がモットーですが、2000年代に入ってからはなんとなく「IT業界」に身を置くようになっています。


有り難いことに、いま担当させていただいている業務はとても楽しく感じています。
ミドルエッジは将来、自分が物忘れなどし始めた時にサイトを閲覧し、いろんなことを思い出して脳が活性化する(物忘れ防止)ような役割を果たしてくれるんじゃないかと本気で信じて、日々懐かしい記事が集まってくることに、勝手に意義を感じている一担当です。


まさに「誰だコイツ?」な私が、勝手に自分の過去を振り返ってしまいましたが、有名も無名もなく、等しく同じ時代を生きている人が集まる場であれば、どなたの半生も共感出来るんじゃないかと思うんです。

もし「自分の半生もミドルエッジに書いてよ」なんて感じていただいた方がいれば、どうぞお気軽にお申し出ください。
ぜひ、書き綴らせていただきますので♪^^/


1974年11月25日生・ミドルエッジフェイスブックページ担当・某
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

2017年8月26日公開の映画「幼な子われらに生まれ」。”親愛なる、傷だらけのひとたちへ。”と綴られたこの映画には結婚、離婚、再婚、連れ子、大事な人の死と、ミドルエッジ世代に無関係でない幾つもの人生の”ひだ”が描かれています。傷つきながらも幸せを紡ごうとするオトナたちを、ドキュメンタリーのようなリアリティで表現した三島有紀子監督に、インタビューの機会を頂戴しました。
≪売野雅勇氏インタビュー・後編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!コピーライターから作詞家へ、歌い手との関係。そしてミドルエッジ世代へのメッセージ!

≪売野雅勇氏インタビュー・後編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!コピーライターから作詞家へ、歌い手との関係。そしてミドルエッジ世代へのメッセージ!

中森明菜やチェッカーズ、矢沢永吉、中谷美紀with坂本龍一など、80~90年代ヒット曲の作詞を数多く手掛けられた売野雅勇氏。そんな無数のヒット曲を生み出した売野氏にミド編が突撃インタビュー!後編では、コピーライターから作詞家への転身、作曲家や歌い手との関係。そしてミドルエッジ世代へのメッセージを頂戴することが出来た。
元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

「ママでも金!」全日本女子アームレスリングで無敵の13連覇、世界王者にも君臨した山田よう子さんは日本を代表するアームレスラー。長門裕之、南田洋子の姪として芸能界に進むはずだった彼女はいつしか無敵のアームレスラーに!現在は4児の母として「まだまだ世代交代はさせない!」と笑う山田よう子さんにお話を伺いました。
【緊急告知】「第10回 Nostalgic 2days」にミドルエッジが参戦します!

【緊急告知】「第10回 Nostalgic 2days」にミドルエッジが参戦します!

日本最大級のクラシックモーターショー「Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)」記念すべき第10回イベントにミドルエッジが参戦!ステージでは懐かしいイントロクイズ大会、ブースではお宝グッズ満載のプレミアくじ大会と、ミドルエッジらしさを詰め込んで来場者の方々にお届けいたします。
プロレスリング・ノアの生き字引!「中年の星」杉浦貴選手の素顔に迫ります!!

プロレスリング・ノアの生き字引!「中年の星」杉浦貴選手の素顔に迫ります!!

かつて三沢光晴さんがその志を体現すべく立ち上げたプロレスリング・ノア。同団体のデビュー1号で以来ノア一筋17年間、緑のマットを牽引し続けるのが杉浦貴だ。30歳でのプロデビュー、代名詞である必殺技「オリンピック予選スラム」にみる彼のバックボーンを”硬軟織り交ぜながら”お届けしたいと思います!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト