生物特性がヒントになった便利グッズあれこれ②
2017年1月30日 更新

生物特性がヒントになった便利グッズあれこれ②

生物特性がヒントになった便利グッズあれこれ①で紹介出来なかった便利グッズを厳選して御届けします。

778 view

新幹線は生物特性利用物の宝庫 !!

新幹線500系

新幹線500系

新幹線500系のパンタグラフはフクロウ???

上記の写真は新幹線500系と言い、現在は引退した新幹線の一つです。1990年、JR西日本で新たな新幹線開発プロジェクトとして「最高速度300キロを目指す新型新幹線500系」が立ち上がりました。当時、東京-博多間の移動にかかる時間は、新幹線で6時間、飛行機では1時間半でした。JR西日本は、運送業界で勝ち残るために、高速新幹線の開発を目指していたのですが、問題は山済みでした。
時速300km以上で走らせること自体は技術的にそれほど難しい課題ではありませんでしたが、一番の問題は“騒音”でした。日本の新幹線は住宅のすぐ脇を走っているのですが、速さを求めれば求めるほど、新幹線の音も大きくなるのでした。
日本の騒音基準は世界一厳しいといわれ、25m離れた地点で家庭用掃除機と同程度のレベルを要求されるので。新幹線の音をそこまで小さくするのは並大抵のことではなく、なかでも一番の問題がパンタグラフと呼ばれる集電装置でした。
車体から発生する音は、突起物をなくして空気抵抗を少なくするなどの工夫で大分改良されていましたが、パンタグラフはもともと車体から突き出た構造のため、どうしても空気が乱れて音が大きくなります。それをいかに防ぐかがポイントでした。空気抵抗を少なくするために、パンタグラフを翼型へと改良。しかし、やはり突き出た支柱の音までは防げなかったそうです。
しかし、ヒントは意外なところから見つかりました。
開発者の一人が 「鳥のなかでもっとも静かに飛ぶのがフクロウだ」という話を聞き込み、研究してみると、確かにタカなどと比べて空気抵抗が少ない。風を当ててみても、タカだとうるさく音がするのに、フクロウの羽は音がしないということを発見したのでした。
フクロウの風切羽には他の鳥にはないセレーションと呼ばれるギザギザがあり、これが空気をうまく逃がして抵抗を少なくするのだという。獲物に静かに近づく自然の工夫でした。
これをパンタグラフに応用することで、騒音軽減に寄与することになりました。
フクロウ

フクロウ

フクロウはサイレントキラー!!
新幹線500系のパンタグラフ

新幹線500系のパンタグラフ

支柱の側面の突起物が空力騒音を30%も減らすんです!!

新幹線500系のあの長~いノーズはカワセミのくちばしが起因です!!

新幹線500系には、もう一つ鳥の特性を元とする機能が取り入れられている。それはカワセミのクチバシです。
新幹線が高速でトンネルに突入すると、空気の圧縮波が生じて出口付近で一部放出され、非常に大きな音がします。俗に“トンネルド~ン”と呼ばれる現象です。開けた空間から狭いトンネルに突入すると大きな抵抗の変化が存在するからである。
これを解決するため、抵抗の大きな変化を常時経験しているカワセミに白羽の矢が立ちました。カワセミは高速で水中に飛び込んで魚を獲りますが、そのとき空気中と水中で1000倍もの抵抗差が生じています。にもかかわらず、水しぶきが極めて少ないのです。つまり、カワセミのクチバシの鋭い形は、水の抵抗をもっとも小さくする形状だったのである。大がかりな実験装置の測定と、スーパーコンピューターによる解析が導き出した新幹線の先頭形状は、カワセミのクチバシに極めて近似しており、開発者のひらめきが正しいことが裏付けられた。極力抵抗を軽減するため、車体の断面も円形にし、それにより走行抵抗が30%減り、トンネル出口での騒音が解決、消費電力も15%減ったそうです。
カワセミ

カワセミ

カワセミの水中ダイブの瞬間

カワセミの水中ダイブの瞬間

出典 fundo.jp

ちなみに研究成果が逆に生物特性そっくりになる場合がある!!!

新幹線700系

新幹線700系

上記の写真は新幹線700系と言い、2019年に引退する予定の新幹線です。新幹線500系の際にも説明しましたが、列車が高速でトンネルに突入するときに発生する音を抑えるため、流体力学の観点から研究と実験を繰り返すなかでこのような列車形状になって行きました。
ところで、この新幹線の長い先頭部分が何かに似ていませんか?? カモノハシの口にそっくりですよね!!。 カモノハシはえさを得るため、えさに気づかれないように水中をかなりの高速で、しかも音を立てずに泳ぐ能力があるのですが、まさに研究成果が生物特性に近づいてしまった例ではないでしょうか!!
カモノハシの水中写真

カモノハシの水中写真

汚れにくいカタツムリの殻

カタツムリの殻が汚れにくいことはご存知でしょうか?これらは自ら石鹸液や分泌液を出して洗い流すのではないにもかかわらず、いつもピカピカできれいな表面を保っている。カタツムリの殻の表面では、油汚れも雨が流してくれるのである。
カタツムリの殻は炭酸カルシウムでできている。では、炭酸カルシウム100%でできている方解石とカタツムリの殻の比較をしてみましょう。水の中に方解石とカタツムリの殻を浸し、それに油滴を付けてみると、方解石には油が付着するが、カタツムリの殻では油が付着することはないが、水中で、油滴はコロコロと殻の表面を転がっているのである。
カタツムリの表面を電子顕微鏡で見てみると、数十ナノメートルからミリメートルにいたる小さな凹凸がたくさん存在しているが、水中で油滴が殻の表面に付かないのは、その表面の小さな凹凸が大きく影響している。
汚れがつきにくく取れやすいカタツムリの殻の表面を応用したこの技術は、すでに家庭のキッチンシンクやビル外壁に使われ始めている。
カタツムリ

カタツムリ

カタツムリの殻の電子顕微鏡写真

カタツムリの殻の電子顕微鏡写真

カタツムリの殻と汚れの関係図

カタツムリの殻と汚れの関係図

ハエトリグサを研究して、電源なしで動く電気機器やスイッチを開発することができるかも!!

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

生物特性がヒントになった便利グッズあれこれ①

生物特性がヒントになった便利グッズあれこれ①

ある動物・植物が厳しい生活環境や生存競争を勝ち抜き、生きていく上で必要な特性がヒントになって、色々な便利グッズが生まれている。そのような便利グッズを纏めて見ました。
こんなの覚えてる?昔よくあった『冷水機』という冷たい水を出してくれる代物 !!

こんなの覚えてる?昔よくあった『冷水機』という冷たい水を出してくれる代物 !!

昔は学校や区役所、公共施設などにはだいたい設置されていた冷水機 、今でもあるのかな?最近では衛生面からなのか直接口で飲むタイプではなく紙コップに入れてから飲むウォーターサーバータイプに変わってきています。
ギャング | 3,438 view
開業からもうすぐ半世紀の山陽新幹線 JR姫路駅にある謎のホームをご存知ですか?

開業からもうすぐ半世紀の山陽新幹線 JR姫路駅にある謎のホームをご存知ですか?

新大阪~博多間を走る日本の大動脈の一つの山陽新幹線。1972年に新大阪~岡山間が先行開業し、その3年後には博多まで延伸され現在に至っています。今回は開業前にあったとある計画とその痕跡を紹介したいと思います。
pepe | 4,951 view
ピンクがかわいい「ハローキティ新幹線」が6月30日運行開始!「一番列車」の指定席券は予約が殺到!

ピンクがかわいい「ハローキティ新幹線」が6月30日運行開始!「一番列車」の指定席券は予約が殺到!

JR西日本・山陽新幹線500系こだま号をハローキティで覆った可愛い車体など、ピンクのリボンを基調とした印象的な車体のイメージが公開されました。「ハローキティ新幹線」は6月30日から運行開始。新大阪-博多間を同車両が1日1往復します。
【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

全国的にも非常に有名な、青森県弘前市の弘前城の桜。北国であるため、大都市圏で桜が完全に咲き終わった後に再び桜を楽しめるところとして貴重な観光地です。そこに、1980年の時刻表で行ったらどんな旅になるのでしょうか。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト