伝説の地井武男・初主演映画 『劇映画 沖縄』が製作から50年の時を経てリバイバル!このたび追加上映が決定!!
2019年7月8日 更新

伝説の地井武男・初主演映画 『劇映画 沖縄』が製作から50年の時を経てリバイバル!このたび追加上映が決定!!

ポレポレ東中野にて、現在同映画館にてリバイバル上映中の地井武男初主演映画『劇映画 沖縄』の追加上映が決定しました。7月20日(土)より、連日夜20:00からのレイトショーとして追加上映されます。

571 view

伝説の地井武男初主演映画『劇映画 沖縄』の追加上映が決定!!

ポレポレ東中野にて、現在同映画館にてリバイバル上映中の地井武男初主演映画『劇映画 沖縄』の追加上映が決定しました。7月20日(土)より、連日夜20:00からのレイトショーとして追加上映されます。
 (2121559)

上映前から朝日新聞、読売新聞、しんぶん赤旗などで取り上げられ、注目の高かった本作。7/1(月)にはTBSラジオ「ACTION」にて、現在放映中の大河ドラマ「いだてん」の脚本家・宮藤官九郎が本作を取り上げ「こういう映画もっとあればいいのになって、もっと若い人が観たらいいのにな」「凄い映画を観ましたね。ちょっと忘れられない映画になりました」と絶賛していました。

『劇映画 沖縄』とは?

返還前の沖縄でのロケを敢行し、B52を始めて記録した日本映画とも言われる本作。貧しいながらも身を寄せ合いながら暮らす故郷を米軍基地に接収される、その抵抗と敗北を描いた第一部と、米軍基地で働かざるを得なくなった県民たちの苦悩を描く第二部からなる『劇映画 沖縄』は、公開当時劇場公開ではなくホール上映を中心に上映運動され、全国津々浦々を巡回上映していく中で、国内での沖縄復帰運動の高まりに一役買ったとも言われています。
 (2121580)

こちらは沖縄の日本復帰を目指す署名運動。このような復帰運動の活発化により、1972年5月15日、沖縄は日本へと返還されました。

映画概要

タイトル:劇映画 沖縄
追加上映日程:7/20(土)~8/2(金)
連日20:00~(休憩なし・23:15終映)
料金:1800円均一
映画館:ポレポレ東中野

あらすじ

【第一部 一坪たりともわたすまい】
アメリカに土地を奪われた島袋三郎は、基地周辺の米軍物資を物色していた。「ウチナンチュ(沖縄人)のものを盗めば泥棒だが、アメリカーナのものを盗むのは戦果だ」。これが三郎の生活哲学であった。 アメリカの基地拡張は急ピッチであった。平川部落の強制接収は威嚇射撃で始まった。平川土地を守る会の古堅秀定は、米軍将校に銃をつきつけられ、契約書にサインを強要されたがきっぱりと拒否した。玉那覇朋子の祖母カマドは戦闘機の機関銃で胸を打ち抜かれ、あたかも軍用地で死んだかのように見せかけられ何の補償もない。カマドの埋葬は軍用地のなかにあるお墓に白旗ののぼりを立てながら抗議の列となって進んでいった。

【第二部 怒りの島】
十年後ベトナム戦争であえいでいたアメリカは沖縄を基地にB52を出撃させていた。戦争が激化する中で基地労働者の労働条件は厳しさを増した。働く者の権利を守り、ベトナム人民支援の闘いに組合はストライキを準備していた。三郎は米軍にスト破りのスパイを強要されるが、一蹴した。朋子の弟の亘は米軍のトラックに跳ねられ即死した。亘の教師は軍事法廷で「アメリカの民主主義のウソ」を糾弾したが、陪審員たちは犯人の無罪を決めた。ストライキ体制は着々と固められていった。 翌朝全基地はシーンと静まりかえっていた。ストライキが決行されたのだった。

公式サイト

昭和期に地井武男が出演した映画を振り返る!!

2012年に亡くなるまで、名脇役として数々の映画・ドラマに出演を続けた地井武男。ミドルエッジ世代の記憶に残る多数の作品に顔を出しています。その数はあまりに膨大なため全ての作品を紹介することは出来ませんが、ここでいくつかをご紹介したいと思います。

日本沈没(1973年)

1973年に刊行された小松左京の小説を原作とした映画「日本沈没」。サイエンス・フィクション(SF)が日本で普及するきっかけとなった同作ですが、地井はヘリコプター操縦士役を演じました。
 (2121600)

犬神家の一族(1976年)

1976年に公開された、横溝正史の小説を原作とした映画「犬神家の一族」。角川ブームの火付け役となった作品であり、地井は犬神佐武役を演じました。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 2,063 view
「まんが日本昔ばなし」で親しまれた故・常田富士男のフェスティバル「“じっちゃ” に逢える日」が開催決定!!

「まんが日本昔ばなし」で親しまれた故・常田富士男のフェスティバル「“じっちゃ” に逢える日」が開催決定!!

ポレポレ東中野にて、2018年に他界した俳優・常田富士男のイベント「“じっちゃ” に逢える日」の開催が決定しました。
隣人速報 | 295 view
月面着陸ねつ造説に終止符!?アポロ11号の月面着陸50周年を記念した写真集が発売決定!!

月面着陸ねつ造説に終止符!?アポロ11号の月面着陸50周年を記念した写真集が発売決定!!

株式会社玄光社は、写真集「MOONSHOTS 宇宙探査50年をとらえた奇跡の記録写真」の発売を決定しました。発売予定日は2019年2月2日(土)。
隣人速報 | 796 view
本日12月10日、あの「三億円事件」から丸50年が経過!近年では「真犯人がSNSに文章を投稿」などの動きも!?

本日12月10日、あの「三億円事件」から丸50年が経過!近年では「真犯人がSNSに文章を投稿」などの動きも!?

1968年12月10日に東京・府中市で発生した「三億円事件」。劇場型犯罪でありながら「完全犯罪」でもあるというその特異性から、様々な小説・映画などの作品で取り上げられています。そんな三億円事件が、12月10日でついに発生から50年を迎えました。
隣人速報 | 10,071 view
【伊丹十三】20年の時を越え、いま甦る伊丹スタイル!『Men`s Precious』で伊丹十三特集!

【伊丹十三】20年の時を越え、いま甦る伊丹スタイル!『Men`s Precious』で伊丹十三特集!

映画監督、俳優、エッセイスト――戦後からバブル崩壊後にかけて様々な分野で活躍、当時の日本人に多大なる影響を与えた男、伊丹十三。彼の〝妻にして戦友〟の宮本信子さんを中心に、こだわる男のための『Men`s Precious』が伊丹十三特集を組んでいる。
ニュースFレン | 1,359 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト