ワールドスタンプブック 覚えてる人っている?
2017年7月3日 更新

ワールドスタンプブック 覚えてる人っている?

もしかしたら地元だけのマイブームだったのかもしれないので最初に謝っておきます 講談社の商品なので日本全国で発売されていたとは思うのですが・・・自信はありません。 同世代で知ってる人いたら嬉しいです

7,410 view

はじめに

今回のテーマはワールドスタンプブック

昭和50年代初めに売られていたカードブックで、本屋さんなどに売られていて本は200円、カードは1袋8枚入りで50円でした。

一枚当たり6.25円、一冊分全部で324枚集めるわけですから、
単純に計算して一冊当たり6.25 X 324=2,025円、
今考えると怪獣図鑑にしてはお手ごろ価格?

ワールドスタンプブック 【怪獣の世界】

表面

表面

8枚入りで50円。当時は当然、消費税など無い時代です。
一袋50円と聞くと結構な金額なる様に感じますが、実は無料の物もありました
宣伝用見本(カード・サンプル)の黄色い袋もありました

宣伝用見本(カード・サンプル)の黄色い袋もありました

サンプルなのでタダ
中身は3枚だけですが子供にとっては嬉しかったと思います
裏面

裏面

都内の電話番号も今とは違って9桁ですね
サンプル裏面

サンプル裏面

集めたカードを貼るための本は200円

集めたカードを貼るための本は200円

表紙はレッドキング!(名前をしっかり覚えてた)
何年たっても忘れないものですね
『怪獣の世界』だけは1番を表紙に貼る様になってたんです

『怪獣の世界』だけは1番を表紙に貼る様になってたんです

※講談社の商品だったんですね今気づきましたw
因みに表紙に貼る1番はカプセル怪獣ミクラス。セブンに出...

因みに表紙に貼る1番はカプセル怪獣ミクラス。セブンに出てきましたね

裏表紙はこんな感じです。名前を書く欄がある所が昭和らしい

裏表紙はこんな感じです。名前を書く欄がある所が昭和らしい

各ページごとジャンル別に分かれてました

まずページを開くと、2番から始まってます

まずページを開くと、2番から始まってます

当然ですよね。1番は表紙に貼るんですから
ウルトラファミリーのページもあれば

ウルトラファミリーのページもあれば

宇宙人の空飛ぶ円盤のページもあり

宇宙人の空飛ぶ円盤のページもあり

いつから空飛ぶ円盤って言わなくなったんだろう・・・
今はUFO(未確認飛行物体)ですね
 (1883960)

最後にコンプリートを目指してマーキングするチェックリストがあるのですが、全324種類あるうち、204種をそろえるのが目標とされていて、残りは版元に『個別注文できる申し込み書』が巻末についています。ですが、そもそも対象が小学生ですから当然友達同士での交換がメインでコンプリートする前に飽きちゃう子が多かったと思います。
85年にも再販されたそうですが

85年にも再販されたそうですが

自分はその頃ロックに夢中でした
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ヘビー 2018/10/9 01:08

    出た~っ!これこれ見つけた‼️当時必死に本屋通って夢中で集めたな~☺️のり着けて貼って笑、好きなページも有ったし、カードが埋まって増えていくのが楽しかった!!

    ザンギン 2018/5/13 08:23

    ダブりが多くて。ザゴラスとか。
    出ないカードはホントに出ない。メトロンとか。
    だからコンプリートするためには倍以上のお金がかかったよ。
    特注もシールがそろわないとできないし。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢の共演!仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム達が共に闘うアクションゲーム『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』。

夢の共演!仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム達が共に闘うアクションゲーム『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』。

『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』は1990年12月29日にバンプレストより発売されたスーパーファミコン用アクションゲームである。本作は著名な作品、「機動戦士ガンダム」、「仮面ライダー」、「ウルトラマン」のキャラクター達がSD化し、独自の世界で一同に会するクロスオーバー作品である。お祭りゲー的な「コンパチヒーローシリーズ」の第一弾であり、簡単な操作で次々に敵を倒していく爽快感と、意外に硬派な難易度を持った作品である。
binto | 10,825 view
人気の特撮ヒーローが勢ぞろい!お気に入りのキャラクターで野球を楽しめるファミコンソフト『バトルベースボール』

人気の特撮ヒーローが勢ぞろい!お気に入りのキャラクターで野球を楽しめるファミコンソフト『バトルベースボール』

仮面ライダー、ガンダム、ウルトラマン、ゴジラの人気特撮キャラクターが野球で戦います。どのチームに入るかはプレイヤー次第です。
星ゾラ | 2,448 view
【実はあの名作とも繋がりが!】コンパチヒーロー「ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス」を振り返る

【実はあの名作とも繋がりが!】コンパチヒーロー「ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス」を振り返る

コンパチヒーローシリーズと言われたSDキャラクターが集まる作品。そのRPG作品である「ヒーロー戦記」。 実は、同メーカーでも有名なあの作品と、ストーリーの繋がりがあるのです。 まさに外伝的な存在であるこの作品、いったいどんな作品だったのでしょうか。
仮面の時間 | 5,341 view
【特撮ヒーロー対決!】あなたはどっち?昭和「ウルトラマンシリーズ V.S. 仮面ライダーシリーズ」

【特撮ヒーロー対決!】あなたはどっち?昭和「ウルトラマンシリーズ V.S. 仮面ライダーシリーズ」

あなたの意見がリアルタイムに反映される!昭和を代表する特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズと「仮面ライダー」シリーズ。あなたが「好きだった」方へ投票してください!また、好きな理由や、好きな作品などについてのコメントもお待ちしております!
『ガンプラり歩き旅』その54 ~イデオン編・2 アオシマ「機動合体」「合体巨神」合体ロボットのイデオン!~

『ガンプラり歩き旅』その54 ~イデオン編・2 アオシマ「機動合体」「合体巨神」合体ロボットのイデオン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 6,136 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト