オニツカタイガーがブルース・リー生誕75周年コラボのスニーカーを発売!
2015年12月2日 更新

オニツカタイガーがブルース・リー生誕75周年コラボのスニーカーを発売!

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」が、ブルース・リーの生誕75周年を記念したコラボレーションシューズを12月5日に発売。もちろん、『死亡遊戯』(英題:Game of Death)で有名な黄色と黒のカラーリングも用意。ブルース・リーのファンなら垂涎のアイテムです。

8,409 view

ブルース・リー生誕75周年コラボのスニーカーがオニツカタイガーから発売!

ブルース・リーの生誕75周年を記念したコラボレーションシューズを12月5日に「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」が発売。

この特別なコラボレーションは、オニツカタイガーと米スニーカーセレクトショップのベイト(BAIT)、ブルース・リー エンタープライズ(Bruce Lee Enterprise)の3者によるもの。
1970年代のジョギングブームの原点になった「タイガーコルセア(TIGER CORSAIR)」と、1980年代のランニングシューズ「コロラド エイティファイブ(COLORADO EIGHTY-FIVE)」をベースにした2型を制作。

ベロ部やかかと部にはブルース・リーを模したイラスト「キックマン」やロゴ、靴紐の先には同氏のサインを描くなど、こだわりの仕上がりになっている。
コロラド エイティファイブ(COLORADO EIGH...

コロラド エイティファイブ(COLORADO EIGHTY-FIVE)

コロラド エイティファイブはブルース・リーが絶頂期に着用した象徴的なトラックスーツユニホームから着想して、イエローのヌバックレザーにブラックのオニツカタイガーストライプを配している。
タイガーコルセア(TIGER CORSAIR)

タイガーコルセア(TIGER CORSAIR)

タイガーコルセアは、クラシックなカンフーユニホームに敬意を表し、アッパーにはブラックのスエードとネイビーのレザーを取り入れ、側面には猛々しい龍をデザインした。
両製品は国内のオニツカタイガー直営店で取り扱う。
発売日:2015年12月5日(木)

コロラド エイティファイブ(COLORADO EIGHTY-FIVE)
価格:17,000円+税
カラー:イエロー×ブラック
サイズ:23.0〜28.0、29.0、30.0、31.0cm

タイガーコルセア(TIGER CORSAIR)
価格:13,000円+税
カラー:ネイビー×ホワイト
サイズ:23.0〜28.0、29.0、30.0、31.0cm

映画『死亡遊戯』(Game of Death)』で有名になったブルース・リーとオニツカタイガーの組み合わせ

『死亡遊戯』1978年公開の香港映画。ブルース・リー主演。

ブルース・リーが1972年秋にクライマックスのアクション・シーンのみを撮影後中断、急逝により未完となった。
五年の紆余曲折の後『燃えよドラゴン』の監督ロバート・クローズとサモ・ハン・キンポーを起用し、ハリウッドのキャストで脇を固め、リーの代役にユン・ワーやユン・ピョウを使って追加撮影して完成させた作品。
NBAの伝説的プレーヤー『カリーム・アブドゥル=ジャバー』を招いて撮影した最上階での闘いは特に有名。
有名な死亡遊戯でのブルース・リーのコスチューム

有名な死亡遊戯でのブルース・リーのコスチューム

黄色と黒のつなぎジャージと共に、同色で合わせたオニツカタイガーのスニーカーも注目を集めた。
実は黄色と黒のスニーカー以外も…。

実は黄色と黒のスニーカー以外も…。

この写真では黄色に黒ラインのスニーカーではなく、白のスニーカーを履いている。
これはブルース・リー急逝により代役を用いて完成させた影響だと考えられる。

映画『キル・ビル(Kill Bill)』でも勿論オニツカタイガー!

日本を舞台に派手な殺陣を演じるユマ・サーマンが着用

日本を舞台に派手な殺陣を演じるユマ・サーマンが着用

鬼才クエンティン・タランティーノ監督が手がけたアクション映画『キル・ビル(Kill Bill)』で主演のユマ・サーマンが履いていたのも黄色いオニツカ・タイガーのスニーカー。
これはアシックスが宣伝のために持ちかけた話ではなく、タランティーノ監督がブルース・リーへの敬意から自ら選択したという。
ブルース・リーのファンならテンション上がりっぱなしに!
運動嫌いの方でもこれを履けば、運動したくなること間違いなし?
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!

1973年に公開され、世界各国で大ヒットとなったカンフー映画「燃えよドラゴン」が、米ワーナー・ブラザースによりリメイクされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,368 view
『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

黄色いトラックスーツに身を包んだブルース・リーのビジュアルと、その不吉なタイトルが印象的な映画『死亡遊戯』。1978年のゴールデンウィークに日本でも公開された本作により、第二次ブルースリーブームが再び日本に巻き起こることになった!『死亡遊戯』のコミカライズ版を紹介します!
滝口アキラ | 3,179 view
日本において1974年は「カンフー映画」夜明けの年。ドラゴン元年なんです。

日本において1974年は「カンフー映画」夜明けの年。ドラゴン元年なんです。

日本においてカンフー映画といえば「ドラゴン」。とにかくドラゴンと邦題に付けておけばヒットするという信じられないようなことが起こっていた1974年。嘘じゃありません。ドラコンと名の付くカンフー映画、観てみようじゃありませんか。
obladioblada | 2,720 view
~舞の海秀平の原点はブルース・リー!?~ 人生と映画について語るオリジナル人気番組「この映画が観たい」 9月放送

~舞の海秀平の原点はブルース・リー!?~ 人生と映画について語るオリジナル人気番組「この映画が観たい」 9月放送

「ムービープラス」で放送中のオリジナル番組「この映画が観たい」の9月のゲスト舞の海秀平が映画について熱く語る!
ジャッキー・チェン初期の人気作『スネーキーモンキー 蛇拳』は、カンフー・アクションだけの映画じゃないのだ!

ジャッキー・チェン初期の人気作『スネーキーモンキー 蛇拳』は、カンフー・アクションだけの映画じゃないのだ!

日本がジャッキー・チェン・フィーバーに沸いていたのは、僕らの時代である80年代。『ロードショー』誌の「好きな俳優」投票で6年連続1位を獲得するなど、まさに僕らのスーパー・ヒーローだった。そのジャッキー・チェン初期の人気作といえば、『スネーキーモンキー 蛇拳』。カンフー・アクション満載の作品だが、人気の秘密はそれだけじゃないのだ!
東龍太郎 | 10,949 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト