【ヤヌスの鏡】あのVシネマの帝王も出ていた!意外な5人の出演者たち
2022年8月28日 更新

【ヤヌスの鏡】あのVシネマの帝王も出ていた!意外な5人の出演者たち

1985年から18回にわたって放送された、杉浦幸主演の大映ドラマ『ヤヌスの鏡』。このドラマには、今振り返ると意外な俳優・タレントが出演していました。中には、エキストラ出演で名前がクレジットされなかった名優も!? 今回は、出演者の中から特に意外な5人をご紹介します。

13,105 view

大映ドラマ『ヤヌスの鏡』

大映ドラマ『ヤヌスの鏡』は、二重人格の少女を主人公とする学園ドラマです。気弱で品行方正な優等生「小沢裕美(おざわひろみ)」が、自分の意思とは関係なく、大胆で極悪非道な不良少女「大沼ユミ(おおぬまゆみ)」に変身し、夜の街で騒ぎを起こします。主人公を演じるのは、杉浦幸。その主人公を周りで支える先生クラスメイトが、今回ご紹介する5人の役柄です。意外性の高い順にご紹介しましょう。
ヤヌスの鏡

ヤヌスの鏡

唐沢寿明

ドラマをリアルタイムで視聴していた人でも、唐沢寿明が出演していたことを知る人はほとんどいないでしょう。それもそのはず。エキストラ出演だったため、オープニングに名前はクレジットされていません。これまで、出演シーンに関する公式発表はなく、ドラマの関係者からも特に情報発信はないようです。映像を確認すると、第1話で、主人公裕美のクラスメイトの中にそれらしき人物を確認できます。

翌1987年、唐沢寿明は、同じく大映ドラマの『アリエスの乙女たち』に出演します。この時は、本名の "唐沢潔" 名義。ドラマでは、宮崎守という不良生徒役を演じました。その後改名し、俳優として活躍の場を広げていきます。

竹内力

竹内力は、主人公裕美のクラスメイト竹中明夫役で出演していました。後述する河合その子演じる阿部純子と恋仲の設定で、クラスメイトとともに友人の裕美を支えます。どちらかと言うと軟派な二枚目キャラで、純子との仲も校内でオープンにしていました。現在の "Vシネマの帝王" と呼ばれる強面キャラとは対照的な "爽やかな好青年" のルックスで、当時の竹内力を知らない人が見ると、同一人物と気づかないかもしれません。

その後、竹内力はトレンディドラマにも出演しますが、徐々にチンピラ役やヤクザ役が多くなり、自身のキャラやファッションもその方向にシフトしていきました。

長山洋子

当時まだアイドル歌手路線で活躍していた、長山洋子の女優デビューが本ドラマです。主人公裕美と仲良しのクラスメイト長田直美役で、目立った役柄ではなかったものの、他の友人たちとともに裕美を支えます。授業のシーンや、外で友人たちと一緒にいるシーンで常に登場していました。

長山洋子は、ドラマが終了して半年後に、バナナラマの曲をカバーした『ヴィーナス』が大ヒット。歌手としてブレイクする一方、女優としても、大映ドラマ『花嫁衣裳は誰が着る』『この子誰の子?』などに出演し、幅広い活躍を見せます。演歌歌手としてデビューするのは、そこから7年後の1993年でした。

長山洋子

「下町銀座」MusicVideo(Short Ver.)

河合その子

当時、おニャン子クラブに在籍しながらソロ歌手デビューを果たし、人気の絶頂期だった河合その子。女優としては『スケバン刑事』がデビューですが、初のレギュラー出演となったのが本作です。ドラマでは、主人公裕美のクラスメイト阿部純子役で、一番の親友として彼女を支えます。裕美の両親からも信頼される存在で、裕美がユミと同一人物だとわかった後も、常に彼女の味方であり続けました。

河合その子は、その後、ドラマ終了と同時期におニャン子クラブを卒業。同年、同じフジテレビ系列の月曜ドラマランド『透明少女』初主演を果たしました。翌年、『みゆき』でも主人公のみゆきを演じています。
河合その子

河合その子

「GOLDEN☆BEST」

賀来千香子

『ヤヌスの鏡』の放送が始まった1985年、賀来千香子は、同じ年の大映ドラマ『少女に何が起ったか』で、小泉今日子をいじめるお嬢様役を演じ、有名になりつつありました。この頃はまだ脇役としての出演が多く、本ドラマでも脇役の一教師役を演じました。

ドラマでは、主人公裕美が通う緑ヶ丘高校の英語教師栗田先生役を演じ、山下真司演じる同僚の堤先生に思いを寄せます。裕美もまた堤先生に思いを寄せていましたが、決してライバル視することなく、裕美や堤先生を支えるオアシス的存在でした。職員室で堤先生が四面楚歌になっても、一人だけ堤先生の味方であろうとする健気な演技が印象的です。

ドラマが終了した1986年、賀来千香子は『男女7人夏物語』に出演し、大ブレイクを果たします。その後、トレンディドラマに引く手数多で、1992年の『ずっとあなたが好きだった』が代表作となったことは言うまでもありません。

おわりに

今回ご紹介した5人は、ドラマのストーリーに大きな影響を与える役柄ではなかったものの、主人公の裕美や担任の堤先生を支え、ドラマを盛り上げる重要な存在でした。36年経った今もほとんどが現役で、息の長い活躍にただ驚くばかりです。

今回は『ヤヌスの鏡』でしたが、他の大映ドラマにも "意外な出演者" がいるかもしれません。再放送があれば、オープニングで出演者をチェックしてみましょう。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

心をワシ掴みされるオープニングナレーションからはじまる大映ドラマのテーマ曲をまとめました。『スクール☆ウォーズ』や『不良少女とよばれて』等、「この物語は…」からはじまるナレーション&テーマ曲が流れ出した時の高揚感はハンパない!
ヤマダゴロー | 88,202 view
1980年代の『大映ドラマ』の最盛期(1983年~89年)第一弾4選:スクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったか

1980年代の『大映ドラマ』の最盛期(1983年~89年)第一弾4選:スクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったか

極端なキャラクター設定、時代錯誤的なくさい演技や名言のオンパレードの大映ドラマはまさに昭和ドラマの最高傑作です。その中でも特に人気のスクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったかの4作品を振り返ってみましょう。
ガンモ | 71,747 view
本当の自分はどっち?杉浦幸が演じたあのドラマが懐かしい!「ヤヌスの鏡」

本当の自分はどっち?杉浦幸が演じたあのドラマが懐かしい!「ヤヌスの鏡」

とある名家に生まれた少女。幼いころから両親はおらず、家長である祖母の厳しいしつけにより、時には折檻を受けながら成長していた。時折自分の記憶がなくなることにうっすら気づいていたものの、ある日それは暴走を始めてしまう・・・
emkk | 31,964 view
小沢一敬&徳井義実が主演!50歳目前の独身二人が送る、季節はずれの海を舞台にしたドラマ『ビーチボーイズに憧れて』が放送!

小沢一敬&徳井義実が主演!50歳目前の独身二人が送る、季節はずれの海を舞台にしたドラマ『ビーチボーイズに憧れて』が放送!

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、フジテレビとBSフジが共同制作したドラマ『ビーチボーイズに憧れて』全4話が一挙配信されます。配信スケジュールは12月15日(金)20時より。
隣人速報 | 416 view
“ミナミ”に竹内力が舞い戻る!竹内力主演ドラマ「欲望の街」がU-NEXTで配信スタート!!

“ミナミ”に竹内力が舞い戻る!竹内力主演ドラマ「欲望の街」がU-NEXTで配信スタート!!

俳優・竹内力(59)主演・製作のドラマ「欲望の街」が、U-NEXT(ユーネクスト)のオリジナルシリーズとして7月26日より配信されます。
隣人速報 | 207 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト