2020年上半期の人気記事TOP10をご紹介!
2020年8月10日 更新

2020年上半期の人気記事TOP10をご紹介!

2020年の上半期を彩った数々の人気記事。その中からPV数の上位10記事をランキング形式でご紹介します。懐かしい人や流行ばかりのラインナップとなっております!

1,663 view

第1位:42歳の若さで死去した!反逆者『伊良部秀輝』の暴行事件や自殺の真相等々!!

1987年から日本&メジャーの両リーグで活躍した「日本最強投手」伊良部秀輝さん。メジャーデビュー後は「反逆者」と呼ばれバッシングの的になり、暴行事件や自殺を図り、亡くなられました。そんな伊良部さんを追ってみました。

第2位:昭和の「児童・少年向けドラマ番組」の「憧れのお姉さん」(美人女優・特撮ヒロイン)35名

1970年代中心の児童向けドラマ番組(子供向け特撮番組を含む)に登場した「憧れのお姉さん(子供向け番組のヒロイン)」たちを振り返ってみましょう。筆者は、コメットさん(大場久美子)見て下半身に電流が走ったことを思い出しました…。ぜひ70年代の子供の頃に戻った気持ちで眺めてください。

第3位:浅野温子やSMAP、小嶺麗奈も!東京都立代々木高校の出身者【10傑】

2004年まで存在した定時制課程だけの都立高校「代々木高等学校」の出身者を、10名ピックアップしてご紹介したいと思います。

第4位:ジューシィ・フルーツの美人ボーカル『イリア』が、意外な職業に?現在について迫る!!

1980年代にジューシィ・フルーツのボーカルとリードギターを担当していたイリアこと奥野敦子さん。1984年にグループが解散し、その後ソロでも活躍しながら、意外な職業に・・・。

第5位:昭和のテレビドラマ史に残る伝説のトラウマ 17選

規制が緩かった昭和の時代には見てトラウマになったドラマ映像が結構ありました。現代の民放のテレビ放送(地上波テレビ)では放映が不可能な昭和の有名な怪奇・ホラー・推理・時代劇ドラマの中のエログロ展開/トラウマシーンを振り返ってみましょう。70年代と80年代中心に90年代(1999年)のドラマ作品まで。昭和の夏の風物詩。70年代の暑い夏にはトラウマ必至の怖すぎる怪談や恐怖映画がつきものでしたね。

第6位:【森下くるみ】元AV女優で現在は文筆家!経歴やエピソード・代表作まとめ

1990年代後半に活躍したAV女優で、引退されてからは作家として活動されている森下くるみさん。今回の記事では、そんな彼女の経歴やエピソード・代表作をピックアップして、その活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。当時、お世話になったミドルエッジ世代はぜひご覧になってください。

第7位:【泉じゅん】ポルノ女優として1970年代に活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

当時は可愛らしい表情や美しいスタイルで人気だった女優・泉じゅんさんをピックアップして、その経歴やエピソード・代表作を紹介していきたいと思います。アイドルにも負けない容姿で、ポルノ女優だったことが信じられないほどの存在です。ぜひ記事をご覧になって、泉じゅんさんの魅力を知ってください。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 43,709 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 155,812 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 149,166 view
巨人・原監督が1067勝を挙げた今だからこそ振り返りたい!1067勝を上回る勝利数を挙げたレジェンド監督の方々!!

巨人・原監督が1067勝を挙げた今だからこそ振り返りたい!1067勝を上回る勝利数を挙げたレジェンド監督の方々!!

9月11日に行われた巨人-ヤクルト戦にて2対1で巨人が勝利し、巨人・原監督が監督通算1067勝を挙げ、かつての川上哲治の記録を抜き球団単独トップとなる快挙を成し遂げました。では、1067勝を上回る勝利数を挙げた監督には誰がいるのでしょうか?ここで振り返っておきましょう。
隣人速報 | 728 view
安倍首相が辞意を表明!歴代の連続在任日数トップ5って誰だった?

安倍首相が辞意を表明!歴代の連続在任日数トップ5って誰だった?

8月28日に発表され、日本中に激震が走った安倍総理大臣の辞任の意向。8月24日には総理大臣としての連続在任期間が2799日に到達し、歴代最長を記録していました。では、連続在任期間が歴代上位の総理大臣は誰なのでしょうか?
隣人速報 | 915 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト