『ナポリタン・クリームソーダ・プリンアラモード!』あなたはどれが好きだった?昭和の喫茶店のメニュー
2017年4月27日 更新

『ナポリタン・クリームソーダ・プリンアラモード!』あなたはどれが好きだった?昭和の喫茶店のメニュー

「ナポリタン」「クリームソーダ」「プリンアラモード」わくわくして食べた喫茶店のメニュー。ドアベルや、ちょっと昭和チックな椅子やテーブル。今の喫茶店とどこかなんか違う、あの頃の喫茶店を一緒に振り返ってみませんか?

6,962 view
コーヒーの良い香りが漂う喫茶店。
今も昔もホッとできる憩いの空間ですよね。
明るいデザインのカフェも素敵ですが、昭和の「なぜか落ち着ける」喫茶店も良いものでした。

ちょっとそこでお茶していく?

昭和レトロな喫茶店のドアベル

昭和の喫茶店の入口によくあったカウ・ベル。
動画のものはやや高めな音。
もう少し低くて重い音のお店もたくさんありました。
何気ない記憶ですが、「ああ、喫茶店だな」と思わせてくれる音色です。
 (1857233)

あの頃は、ちょっとアンティークなデザインの椅子やテーブル、内装のお店が多かったですよね。
画像のような木の椅子だったり、ビニールレザーのどっしりしたソファだったり。

誰かと一緒にではなく、初めて一人で喫茶店に入った時、なんか大人になったような気がしませんでしたか?
昭和レトロ パイレックスサイフォン式コーヒーメーカー

昭和レトロ パイレックスサイフォン式コーヒーメーカー

お店に入ると、早速コーヒーの良い香りが・・・。
サイフォンのコポコポする様子を見るだけでワクワクしました。

サイフォンコーヒー

 (1857234)

ゆっくりとした時間が流れています。

何にしようか?

メニューブック レザー調

メニューブック レザー調

あの頃の喫茶店のメニューは、レザーで作られたどっしりとしたメニューブックか、反対にマスターの手書きで書かれた、味はあるけどぺらっとしたメニュー表に分かれていたように思います。
 (1857237)

BGMもこだわりのセレクトレコード系か、有線放送の流行歌系に分かれていましたね。

せっかくなので、この記事も音楽をかけながら読んでいただくというのはどうでしょう?

なつかしのナポリタン

レストランと違って、喫茶店でできる食事のメニューの数は、だいたい限られていました。
なつかしのナポリタン

なつかしのナポリタン

喫茶店と言えば、真っ先に浮かぶのが『ナポリタン』。
ちょっと柔らかめで、ケチャップ感満載でした。
たまたま白い洋服を着ていると「どうしよう?」とためらいましたが、やっぱり頼んでしまいます。
おいしかったですよね。

このナポリタン、元をたどると、横浜市にある『ホテル・ニューグランド』で誕生したものなのだそうです。
終戦後、1945年8月30日に到着した連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥によって米軍による占領が開始され、ホテル・ニューグランドもGHQ将校の宿舎として接収されました。
サンフランシスコ講和条約後1952年に接収解除されるまでの間に、様々な進駐軍文化が横浜にもたらされました。
そのうちの一つが料理です。
彼らの持ち込んだ軍用保存食の中にスパゲッティとケチャップがあり、米兵たちは、茹でたスパゲッティに塩、胡椒で味付けをし、トマトケチャップを和えた物を昼食・夜食によく食べてたそうです。
このケチャップスパゲッティは、食料事情が悪い中でも簡単に作れるということで、進駐軍文化に興味津々だった市民にも広まり、街の喫茶店で出されるようになり、日本中で流行しました。
 (1860302)

このナポリタン、家でケチャップで炒めて作っても、なんとなく喫茶店のものと違うような気がしませんでしたか?
なぜ?何が違うんだろう?とずっと思っていました。
すると、こんなコツを書いていらっしゃる方がいました。
喫茶店っぽいナポリタン。
そう、あえてスパは1分ほど長めに茹でて“やわらか麺”にせよ!
そのほうが喫茶店のナポリタンっぽくなるような気がするんだよねー。
あと、たぶん前にも言ったけど、
ナポリタンはマヨネーズで炒めて、ケチャップ入れて
さらに、インスタントコーヒーをちょいたしするとウマ死!!
マヨでコクを、そしてインスタントコーヒーで香ばしさアップ!
なるほど、「長茹で」「コク」「香ばしさ」だったんですね。
タバスコあるある

タバスコあるある

昭和の頃、タバスコを使う時、決まって誰かが「タバスコってさ、アントニオ猪木が輸入してるんだって」とうんちく話をすることありませんでしたか?
何も疑問を持たず、「へー、そうなんだ」という会話を何回かしたような記憶があります。
タバスコが最初に日本に入ってきたのは昭和20年代といわれる。その後、喫茶店やレストランなどに置かれる様になると一般にも認知される。
プロレスラーのアントニオ猪木が経営していたアントントレーディング社が1970年代に代理店契約を結び日本人にその味を定着させた。なお猪木は初代・タイガーマスク(佐山聡)とともにCM出演の経験がある。

【懐かCM】1980年代 TABASCO タバスコ ペパーソース ~Nostalgic CM of Japan~

56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

おばあちゃんちにあったコップ「アデリア」昭和生まれの食器

おばあちゃんちにあったコップ「アデリア」昭和生まれの食器

おばあちゃんちにあった花柄のコップ、喫茶店で出された脚付きグラスといえば「アデリア」を思い出す方も多いのではないでしょうか。そんな昭和生まれの食器ブランドは、「アデリアレトロ」として近年SNSで話題になっているようです。見るだけでほっこりしてしまう「アデリア」の食器を見ていきましょう。
あやおよ | 570 view
東京都内で昭和レトロ巡り

東京都内で昭和レトロ巡り

子どもの頃に通った駄菓子屋さん、街角には必ずあった喫茶店など、昭和時代の日本は懐かしいことばかり。そんな昭和にタイムスリップできたら楽しいでしょうね。今回は昭和を懐かしむ形はもちろんのこと、知らない人でも楽しめるスポットをご案内いたします。
五百井飛鳥 | 823 view
線路沿いにバスケコート出現!?バスケコート併設型コーヒースタンド「ONE THROW」!コーヒー片手に誰もが楽しめる場所

線路沿いにバスケコート出現!?バスケコート併設型コーヒースタンド「ONE THROW」!コーヒー片手に誰もが楽しめる場所

屋外に突如現れたバスケコート併設型コーヒースタンド「ONE THROW」。神奈川県川崎市で営業を続ける同店は、子供達や地域の方々に親しまれています。今回スラムダンク好きの代表・東海林佳介さんにインタビューを行いました。
大阪市にあるレトロな喫茶店でナポリタンを堪能

大阪市にあるレトロな喫茶店でナポリタンを堪能

食い倒れの街で有名な大阪。大阪府の中心部となる大阪市は、繁華街も多く特に栄えている場所。さすが食い倒れの街だけあって、魅力的なグルメもたくさんあります。大阪といえばお好み焼きやたこ焼きなどの粉もんが有名ですが、今回はナポリタンに注目。大阪市内でナポリタンが食べられるレトロな喫茶店をまとめました。
五百井飛鳥 | 599 view
【悲報】喫茶店などで見かけた「ブックマッチ」が製造終了へ。

【悲報】喫茶店などで見かけた「ブックマッチ」が製造終了へ。

昭和の時代に喫茶店などでよく見かけた「ブックマッチ」を製造する株式会社日東社が、6月受注分を最後にブックマッチの製造を終了することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,263 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト