日本を代表する俳優「エースのジョー」こと宍戸錠!!
2018年10月8日 更新

日本を代表する俳優「エースのジョー」こと宍戸錠!!

昭和を代表する俳優であり、ドラマ・映画だけでなく時にはバラエティでも活躍する大物「宍戸錠」。この記事では、彼の様々なエピソードを交えて半生を振り返ってみたいと思います。

703 view

日本を代表する俳優「エースのジョー」こと宍戸錠!!

昭和を代表する俳優であり、ドラマ・映画だけでなく時にはバラエティでも活躍する大物「宍戸錠」。この記事では、彼の様々なエピソードを交えて半生を振り返ってみたいと思います。
現在のご尊顔はこちら!

日活ニューフェイスとしてデビュー!

宍戸錠は1933年、大阪府生まれ。裕福な家庭に育ち、5歳のときに東京へ移住したのですが、東京大空襲により宮城県へ疎開し、高校卒業まで宮城で育ちました。宍戸の母親はかなりの映画好きであり、宍戸もその影響を受け俳優の道を志します。高校卒業後に大学へ進学した宍戸ですが、1954年に日活ニューフェイス(一期生)に合格したのを機に大学を中退、本格的に俳優への道を歩むこととなります。
 (2053901)

1955年の銀幕デビュー作「警察日記」

ライバルに対抗!?真っ先に行った「シリコン手術」!!

1955年に日活映画「警察日記」で銀幕デビューを飾った宍戸錠。翌1956年に、彼のトレードマークとも言える「頬のシリコン」の手術を受けました。当初は二枚目俳優として売り出された宍戸ですが、石原裕次郎、小林旭といったライバルとの差別化を図るため、“悪役顔”を目指し手術を受けたそうです。後年、本人は「(この手術は)失敗だった」と語るものの、“アクの強いキャラクター”になることに成功した彼は、日活で頭角を現していくこととなります。
 (2053904)

「やくざ渡り鳥悪党稼業」のポスター

「エースのジョー」として日活で頭角を現す!

1959年から公開され、大ヒットを記録していた小林旭の「渡り鳥」シリーズ。悪役顔を手に入れた宍戸錠は、「ギターを持った渡り鳥」の主人公・滝伸次の好敵手である「殺し屋ジョージ」に抜擢されました。以降、「ハジキの政吉」「ラオスの虎」といった役名でライバル役を熱演していきます。
 (2053903)

1960年公開の映画「渡り鳥いつまた帰る」
そして「拳銃無頼帖」シリーズのリメイクとして1964年に公開された「抜き射ちの竜 拳銃の歌」にて、「コルトのジョー」を襲名。“エースのジョー”として、日活になくてはならない存在へと駆け上がっていったのです。ちなみに“エース”というのは、宍戸がカードゲーム好きだったのが由来だとか。
 (2053906)

1964年公開の映画「抜き射ちの竜 拳銃の歌」

テレビドラマやバラエティにも進出!

「拳銃無頼帖」シリーズに続き、「稼業」シリーズ、「探偵事務所23」シリーズ、そして「ハレンチ学園」シリーズなどで好演を続けた宍戸錠ですが、活躍の場は映画だけに留まりませんでした。
 (2053908)

1970年公開の映画「ハレンチ学園 タックルキスの巻」
「国盗り物語(1973年)」「勝海舟(1974年)」「武田信玄(1988年)」といった数多くのNHK大河ドラマに出演するなど、テレビドラマでも活躍する一方「元祖どっきりカメラ」「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」「くいしん坊!万才」といった数々のバラエティにも進出。悪役とは一味違ったお茶目な一面も覗かせていました。
 (2053911)

1988年に放送された「武田信玄」

宍戸錠の息子「宍戸開」!!

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,030 view
田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

『若大将』シリーズを大いに盛り上げてくれた田中邦衛演じる「青大将」こと石山新次郎を解説。田沼雄一(加山雄三)のライバルでしたが、プライベートでの関係はどうだったのでしょうか。
【訃報】女優・赤木春恵さん死去。「おしん」「渡鬼」「金八先生」など

【訃報】女優・赤木春恵さん死去。「おしん」「渡鬼」「金八先生」など

「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など、数多くのテレビドラマ、映画などで活躍した女優・赤木春恵さんが11月29日、都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。94歳でした。
隣人速報 | 843 view
【訃報】脚本家の吉田剛さん死去。「カリメロ」「必殺シリーズ」「敦煌」「土曜ワイド劇場」など

【訃報】脚本家の吉田剛さん死去。「カリメロ」「必殺シリーズ」「敦煌」「土曜ワイド劇場」など

アニメ「カリメロ」、テレビドラマ「必殺」シリーズなどの脚本家として著名な吉田剛さんが、11月17日に亡くなっていたことが明らかとなりました。83歳でした。
隣人速報 | 197 view
大五郎と言えば「ちゃーん」!乳母車や演じた俳優を振り返る!

大五郎と言えば「ちゃーん」!乳母車や演じた俳優を振り返る!

子連れ狼シリーズに登場する拝大五郎。「ちゃーん」の台詞が印象的でしたね。さらに大五郎が乗る箱車(乳母車)や演じた俳優を振り返ります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト