永遠のワイルドガイ、西城秀樹の活躍の歴史を振り返る!
2016年10月12日 更新

永遠のワイルドガイ、西城秀樹の活躍の歴史を振り返る!

精悍なマスクと野性味溢れる歌とステージパフォーマンスで脚光を集め、Y.M.C.Aに代表される数々のヒット曲とともに時代のスターであり続けた西城秀樹。病魔にも屈せず今なお歌い続ける不屈のヒデキの活躍を振り返ります。

14,233 view

西城 秀樹プロフィール

西城秀樹が二度の脳梗塞で死も覚悟。壮絶な闘病生活と現在の姿は?|MARBLE [マーブル] (1762909)

出典 topicks.jp
西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 - )は、日本の歌手、俳優。本名は木本 龍雄(きもと たつお)。広島県広島市出身。アースコーポレーション所属。身長181cm。血液型はAB型。既婚。
「ヒデキ」の愛称で親しまれる西城秀樹。1970年代前半、郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれ、トップアイドルの仲間入りを果たし、その後も歌手として俳優として活躍を続け、現在にいたるまで芸能界で活躍を続ける人気タレントです。

キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」

広島出身の西城は、芸能界を志すものの厳格な父親の猛反対にあい、家出同然で東京へと出て来ます。1972年3月に「恋する季節」でシングルデビュー、念願のプロ歌手としての道を歩み出しました。当時のキャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。同年11月には、そのまま「ワイルドな17歳/西城秀樹」と題したファーストアルバムを発売しています。
Amazon.co.jp: 西城秀樹 : ワイルドな17才 - ミュージック (1762948)

草むらに座り込むヒデキ。まさしくワイルドです笑
郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と謳われたヒデキですが、デビュー初年度のセールスはさほど振るわず、レコード大賞やNHK紅白歌合戦といった年末の国民的人気番組に出場を果たすことはできず、ライバルの二人に水を開けられる結果となりました。

一躍トップスターに

デビュー初期こそ苦戦したものの、ヒデキは持ち前のワイルドさを武器に、派手な振り付けアクションで人気を拡げていきます。1973年5月発売の「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りを果たすと、続く「ちぎれた愛」、「愛の十字架」は連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得し、一躍トップスターの仲間入りを果たします。この年の『第15回日本レコード大賞』では、初の歌唱賞を受賞しています。
情熱の嵐(1973年5月25日)

情熱の嵐(1973年5月25日)

ちぎれた愛(1973年9月5日)

ちぎれた愛(1973年9月5日)

愛の十字架(1973年12月5日)

愛の十字架(1973年12月5日)

ヒデキのオリジナルスタイル ー絶唱&アクション

西城秀樹を特徴づけるキーワードとして、「絶唱型」と呼ばれるその歌唱方法と、「アクション」の域に達しているといわれた激しい振り付けが挙げられます。
初めてオリコンの1位となった「ちぎれた愛」以降、ハスキーな歌声を前面に押し出し、全身全霊を込めて歌い上げる歌唱法は、その迫力で観客を圧倒しました。また3枚目のシングル「チャンスは一度」で初めて振付けを付けて以降、その振付けは徐々に激しさを増していきます。スタンドマイクを使ったスタンドマイク・アクションは、その後コンサートの定番となっていきました。

HIDEKI SAIJO☆情熱の嵐 激しい恋

西城秀樹 HIDEKI SAIJO 1973~1979

2年連続で日本レコード大賞を受賞

1973年の「愛の十字架」、翌年の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹はポップス歌手としては史上初めて2年連続で日本レコード大賞を受賞します。74年の第25回NHK紅白歌合戦には、トップバッターとして初出場を果たし、ヒデキの人気は確たるものとなっていきました。
59 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,014 view
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 1,161 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 4,796 view
相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

70~80年代に人気を集めたキャラクター人形『モンチッチ』。サンキューマートとのコラボ商品を発売した。合皮台形ポーチや缶バッジ等、レトロな雰囲気が可愛く演出された商品となっている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト