「たかなシアター六番街」-トレインスポッティング-
2020年4月1日 更新

「たかなシアター六番街」-トレインスポッティング-

たかなシアター六番街、今回は1996年の爽やかではない青春映画「トレインスポッティング」をお届けします。

336 view
こんにちは、たかなし亜妖です。

今回は1996年の青春映画「トレインスポッティング」をご紹介致します。

カテゴリーが「青春映画」なんですけど、青春というか何というか……爽やかな感じの“青春感”は面白いくらいありません。

間違った方向へ走った若者たちの奔走を描いた、胸が痛い作品です。

こう書くと鑑賞に躊躇する人も多そうですが、確かに【閲覧注意】の注意をはらいたい映画だとワタクシは思っています。笑

なぜ閲覧注意なのか?肝心のストーリーは?それも含めてお話していきますね~!

トレインスポッティング

 (2178034)

まずは簡単なあらすじから
主人公のレントンはヘロイン中毒、ヘロ中です。いきなりパンチある紹介文ですね。

毎日毎日おクスリ中毒で、仲間とヘロインを注入する日々。まるで廃人のような生活を送っている若者です。

ですがある時、ふと我に返り「おクスリをやめるんだー!」と一念発起。
トレインスポッティング (2178038)

出典 トレインスポッティング
実は何度も辞める辞める詐欺をしているようで、プッシャーは呆れ返っていますが本人は中毒の脱出計画に必死。

早速準備を始めます。

ですが早速おクスリが欲しくなってしまい(この間、実に数分)またもプッシャーに声を掛けてしまうのです。簡単に中毒からは抜け出せませんね、

しかもプッシャーはヘロインではなく、アヘンの座薬しか持っていないとのこと。仕方なく彼から薬を購入し、早速座薬を入れてしまうのでした。

座薬を入れた後に腹痛に襲われ、トイレへ駆け込むレントン。トイレが汚すぎて、観ているだけて気絶しそう……。詳しい画像は下に貼りますね。

まだコラムが始まったばかりなので、いきなりあの画像を載せるのはショッキングすぎる。
トレインスポッティング (2178040)

出典 トレインスポッティング
ヘロイン絶ちは続いていますが、なんせ彼らは働いていません。不況のスコットランドでは仕事がないのです。面接へ行っても失態を犯し、あっさりと落ちました。

味気ない生活が続く中、ある日クラブへ。すると美しい女性・ダイアンと知り合いあっさりと一夜を共にします。

ちなみにダイアン、大人っぽいけどまだ女子高生です。完全に犯罪。

もう会わないと突っぱねるレントンですが、「じゃあ通報していい?」と小悪魔に返され……なんやかんや、関係は続いてしまいそうです。

でも枯渇した彼にとって、彼女の登場は目新しいものとなったでしょう。

じゃあそのまま生活もうまくいっちゃうか?と思うと、それは違うようで……。

仲間が彼女にフられ、悲しさ・寂しさを埋めるがごとくおクスリを再開してしまいます。

今までヘロインを吸っていなかった友人・トミーでさえ手を出し、あっという間に中毒者へ元通り。

レントン、そして仲間たちはいつまでもこのままなのでしょうか……?
下品・汚い・暗いの3コンボ
作品の見どころは、薬物に手を染めるレントンはどうなってしまうのか?という部分。

辞めては戻るをトコトン繰り返し、何度も視聴者を裏切ってきます。辞めたと思ったのに、またやっちゃうのか……という絶望を私達に与えてくれるので切ないです。

ヘロインに溺れる若者たち、廃人同然ですから全く綺麗には描かれていません。当たり前かもしれないけど( ;∀;)

言動も非常に下品で、昼間言ったら二度見されるようなフレーズがバンバン飛び出します。
トレインスポッティング (2178039)

出典 トレインスポッティング
彼らの自堕落さや虚ろな目が“絶望”を物語っていて、これ以外に縋るものがない虚無感が物語全体に溶け出ているんですよね。

ただ廃人だからと言って、血も涙もないというわけではなく。人道から外れている部分もあれば、赤ん坊を失くして涙を流したりと人間な一面もありつつ。

「ああ、彼らも人間なんだな」と思わせてくれるんです。

役者さんの演技にも大感動です。特にレントン演じるユアン・マクレガー氏(最近だとドクタースリープ、プーと大人になった僕に出てます)の、薬物がキマった時とそうでない時のお芝居がスゴイ。

「この人やったことあるのでは?」と疑ってしまうくらいのリアルさです。

情景描写もホント汚くて、トイレのシーンとか本気で血の気が引きますよ。
トレインスポッティング (2178041)

出典 トレインスポッティング
初見の時、全体が汚物だなって感想を抱きました。
トレインスポッティング (2178042)

出典 トレインスポッティング
こんな汚いトイレ、ある……( ;∀;)?

お尻から出たアヘン座薬を探すために便器に手を突っ込むシーンとか、普通じゃない。トイレの汚さと異常な行動、Wパンチで精神的にキました。

作品のイメージカラーは勝手な想像ですけど、薄茶色・黄土色な感じ、青空が似合わない作品ですね。

超がつくほどのエグいシーンもないし、エロシーンもまぁ普通なんですけど、じっくりと精神を追い詰めてくるので【閲覧注意】なのです。

観ていると生理的嫌悪感が掻き立てられるので、観ててゾワゾワします。別の意味でトラウマになる人もいるんじゃないのかな。
理解しがたい薬物中毒
とにかく辞める辞める詐欺なので、何度も何度もヘロインに手を出してしまいます。

悲しい・虚しいことがあれば全ておクスリで解決。しかしそんなレントンですが、友人のスパッドの刑務所行きを目の当たりにして、またもヘロイン絶ちをするんですよね。

そしてきちんと仕事を始め、ここから彼の顔つきがガラリと変わっていくんです。

仲間がエイズ発症や罪を犯す中、しっかりと働いて大人になっていくレントン。
トレインスポッティング (2178043)

出典 トレインスポッティング
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

5/26(金)『トレインスポッティング』『T2 トレインスポッティング』スペシャルナイト開催!

5/26(金)『トレインスポッティング』『T2 トレインスポッティング』スペシャルナイト開催!

これがスクリーンで観るラストチャンス!? 『トレインスポッティング』上映決定!『T2 トレインスポッティング』と合わせてスペシャルナイト!
『T2 トレインスポッティング』公開間近!パルコが映画の世界観を味わえる「T2 BAR」を期間限定でオープン!

『T2 トレインスポッティング』公開間近!パルコが映画の世界観を味わえる「T2 BAR」を期間限定でオープン!

1996年のイギリス映画『トレインスポッティング』。その続編となる『T2 トレインスポッティング』が4月8日から全国公開される。それに合わせ、パルコが渋谷スペイン坂・GALLERY X BY PARCOで、映画の世界観を再現した期間限定のBARを営業する。
90年代の青春映画『トレインスポッティング』 その続編の予告映像が公開!前作から20年後の世界が描かれる!

90年代の青春映画『トレインスポッティング』 その続編の予告映像が公開!前作から20年後の世界が描かれる!

1990年代にヒットした映画『トレインスポッティング』。その20年ぶりの続編となるダニー・ボイル監督『T2 トレインスポッティング』の海外版予告編が公開された。前作同様に洗練された色合い鮮やかな映像で描かれた世界観が、疾走感のある予告映像にまとめられている。
「トレインスポッティング」続編の予告が解禁!2017年1月本国で公開!

「トレインスポッティング」続編の予告が解禁!2017年1月本国で公開!

1996年に公開され、日本でも若者を中心に人気を集めた映画「トレインスポッティング」。部屋にあのオレンジ色が目立つ映画のポスターを貼っていた方も多いのではないだろうか!
「たかなシアター六番街」-【番外編】ハッピー・デス・デイ-

「たかなシアター六番街」-【番外編】ハッピー・デス・デイ-

たかなシアター六番街、今回は比較的新しめのホラー映画「ハッピー・デス・デイ」をお届けします。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト