じつはあの人も!元スポーツ選手だった意外な俳優・女優!
2021年5月5日 更新

じつはあの人も!元スポーツ選手だった意外な俳優・女優!

最近では、元サッカー選手の本並健二さん、丸山桂里奈さん夫妻をテレビで見ない日はない!というほど見かけますが、昔からスポーツ選手からタレント、俳優などに転身する方は多いですよね。今回は俳優に転身した方たちをまとめてみました!

1,648 view

江角マキコさん:元バレーボール選手

Amazon.co.jp: ONE WAY DRIVE: 音楽 (2274735)

まずは江角マキコさん。ファッションモデル→女優に転身というのはよく知られていますが、実はその前はバレーボール選手として活動されていました。高身長ですし、言われてみればバレーボール選手っぽいですよね。

高校在学中にバレーボール部で活躍し、1985年に日本たばこ産業女子バレーボールチーム(現Vリーグ・JTマーヴェラスに入団。実業団のバレーボール選手だったんですね。ですが、その翌年に右肩の故障で引退してしまっています。ケガがなかったらバレーボールっとして活躍されていたのでしょうね。ですがこのケガがなければ女優の江角マキコさんには出会えなかったのかもしれませんね。現在は何をされているのでしょう。いつかまたTVで見られたらいいですよね。

引退後はファッションモデルとして活動。その後1995年に映画「幻の光」で女優デビューをします。ここから数々の映画・ドラマに出演されました。代表作はやっぱり「ショムニ」ですよね。個人的には「Over Time-オーバー・タイム」「ラブ・レボリューション」も印象深いです。

「グルメチキンレース・ゴチになります!」で7年間レギュラーを務めるなどバラエティでもかつやくされていましたが、2017年に残念ながら芸能界を引退されています。

赤井英和さん:ボクシング選手

Amazon.co.jp: 浪速のロッキーのどついたるねん―挫折した男の復活宣言: 赤井 英和: 本 (2274738)

俳優として活動されている赤井英和さんは元プロボクサーでした。中学、高校時代からケンカには負けたことがなかったそうです。同世代には前田日明さん、亀田史郎さん、トミーズ雅さんなどがいて、ケンカをしたり友情をはぐくんでいたそうです。漫画の主人公のような人生を送っていたんですね。

高校1年生の時にボクシング部に入部。高校3年生の時にはライトウェルター級でインターハイ、アジアジュニアアマチュアボクシング選手権を優勝しています。その後はプロボクサーに転向し愛寿ボクシングジムに入門。

ジュニアウェルター級全日本新人王を制するなど「浪速のロッキー」という異名が付きました。順調にボクシング界で活動されていたのですが、1985年に大和田正春さんとの試合で強打によるKO負け。急性硬膜下血腫、脳挫傷と診断され、意識不明の状態に陥ります。そして開頭手術が行われました。この時点で生存率は20%だったそうです。生死をさまよっていたんですね。

その後、奇跡の回復を果たしますが、医者からボクサーは引退するように勧められ、引退。その後は後輩指導に当たっていたのですが、1988年に「またまたあぶない刑事」にゲスト出演し俳優デビュー。浪速のロッキーが俳優になるとは誰も思っていなかったでしょうね誰も思っていなかったでしょうね。

その後は俳優に転身し、「高校教師」「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」「セカンド・チャンス」などで人気を博します。バラエティ番組やCMなどでも活動されていますよね。

藤本隆宏さん:元競泳選手

俳優の藤本隆宏さんは元競泳選手でした。

小学校2年生の時に水泳を始め、高校在学中の1988年に日本選手権にて200m・400m個人メドレーで優勝しています。この2種目でソウルオリンピック荷も出場されているんですよ。その後早稲田大学に進学。1990年に400m個人メドレー、1991年には200m個人メドレーで日本記録を樹立しています。特に、400mの方は10年近く更新されない大記録でした。1990年には2種目でアジア大会の金メダルを獲得しています。1992年にはバルセロナオリンピックに出場されています。400m個人メドレーでは8位入賞。当時この種目で日本人初の決勝進出だったんですよ。

次のアトランタオリンピックを目指してオーストラリアに水泳留学などをされていたのですが、選考会を兼ねた日本選手権で3位に終わり引退しました。

オーストラリア留学中に見た舞台「レ・ミゼラブル」に感動し、その後は俳優を目指すようになります。すぐ次の目標が見つかるなんてすごいですよね。

1995年に劇団四季に入団。1998年まで在籍していました。退団後も舞台やドラマなどで活躍されています。「坂の上の雲」「JIN-仁- 完結編」「花子とアン」などに出演されていましたよ。

八名信夫さん:元野球選手

Amazon.co.jp: こんにちは八名信夫です: 八名 信夫: 本 (2274753)

八名信夫さんは元プロ野球選手です。野球出身のタレントは多いですが、俳優は珍しいですよね。

高校、大学時代から活躍し、1956年に東映フライヤーズ(現:日本ハムファイターズ)に入団します。投手として活躍されていました。1年目から一軍に上がり活躍されていました。ですが、入団3年目に腰を骨折するケガを負い、選手生命を絶たれ引退しました。ケガで引退するケースは多いですね。

その後、「東映フライヤーズ」の親会社である東映の社長(フライヤーズのオーナー)から「長嶋茂雄や王貞治に打たれるより、高倉健に撃たれろ!」といわれ、東映の専属俳優となりました。

初めて出演したのは「遊星王子」という映画でしたが、衣装で顔の部分が覆われている上、同じ衣装の役者がたくさんいました。大部屋俳優以下という位置からのスタートだったのです。ですがその後悪役として出演することは増えました。体が大きいので迫力があるという理由からだったそうです。

1983年にギャングや悪党を専門に演じる俳優集団悪役商会を結成し、リーダーとなっています。悪役を中心に俳優として活動する中、2016年には初監督作品「おやじの釜めしと編みかけのセーター」の製作などもされていますよ。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

もしかしたらチャンスがあるかも?一般人と結婚した芸能人の方々集!!

もしかしたらチャンスがあるかも?一般人と結婚した芸能人の方々集!!

最近、女優の新川優愛さんや貫地谷しほりさんが一般男性と結婚を発表して話題になりました。「ロケバス婚」なんて言葉も生まれましたよね。で!もしかしたら僕にも私にもチャンスがあるかもと調べてみました。
ギャング | 23,234 view
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ出演者たちのその後

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ出演者たちのその後

映画公開から早35年以上もの時が流れ、今なお愛され続けている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。今回はこの大ヒットシリーズに出演していたキャストたちのその後に迫ってみたいとおもいます。
mimi | 7,247 view
懐かしいあの映画・ドラマの 降板・代役 騒動

懐かしいあの映画・ドラマの 降板・代役 騒動

芸能界で過去に話題になった映画やドラマの降板劇、その経緯と俳優たちが降板した理由は何だったのか。そして急遽代役に決まった俳優と映画の評判。時間を経て明らかになったことを紹介したい。
東宝「シンデレラ」オーディションから21年!長澤まさみ(33)がデビュー20周年を記念した写真集を発売!!

東宝「シンデレラ」オーディションから21年!長澤まさみ(33)がデビュー20周年を記念した写真集を発売!!

女優として活躍中の長澤まさみ(33)がこのたび、デビュー20周年を記念した写真集『長澤まさみ20th Anniversary PHOTO BOOK(仮)』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,576 view
女優・酒井美紀(43)が27年前のセーラー服姿を蔵出し!坂井真紀、水野真紀、水野美紀の昔の写真と徹底比較!!

女優・酒井美紀(43)が27年前のセーラー服姿を蔵出し!坂井真紀、水野真紀、水野美紀の昔の写真と徹底比較!!

女優として90年代より活躍を続ける酒井美紀(43)がこのたび、自身のインスタグラムにて「高校時代のセーラー服姿」を蔵出しし、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 6,315 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト