80年代~90年代に人気だったコメディ「愉快なシーバー家」。実はキャストがとても豪華だった
2019年6月29日 更新

80年代~90年代に人気だったコメディ「愉快なシーバー家」。実はキャストがとても豪華だった

「フルハウス」の影に隠れてしまいがちなホームコメディドラマ「愉快なシーバー家」。ストーリーの面白さはもちろん、今ではスターとなった俳優にも注目しながら楽しもう!

312 view
Amazon (2117467)

アメリカのホームコメディ「愉快なシーバー家」、知っていますか?

日本ではNHK教育テレビ(Eテレ)で放送されていました。
日本で人気はあったものの、どうしても当時大人気だった「フルハウス」の影に隠れてしまっていました。

ところが、この「愉快なシーバー家」ですが、出演者がとても豪華であることは知っていますか?
もちろん当時は無名だったため、騒がれていませんが、今となっては「なんて豪華なキャスト達!」と思うはずです。

では、そんな「愉快なシーバー家」の魅力をご紹介しましょう。

コメディドラマ「愉快なシーバー家」とは?

Growing Pains Season 7 (Theme Song)

1985年~1992年までにアメリカのABCで放送されたホームコメディで、シーズン7まで制作された。さらに、2000年にはアメリカで映画版も制作されています。

日本では、NHK教育テレビ(Eテレ)で1997年から2000年まで、そして2002年から2003年にはNHK衛星第2テレビジョン(BS2)でシーズン1~シーズン5が再放送されました。

同じようにホームコメディとして大人気だったドラマに「フルハウス」がありますが、実は、「フルハウス」より「愉快なシーバー家」の方が好き、というファンも多いのですよ。

「フルハウス」よりも、一人一人のキャラクターにくせがあり、ちょっとひねった感じの設定になっているのも面白いところで、育児や学校、人間関係や仕事などのテーマを扱い、家族とい一つの集団の中での人間の姿をユーモアたっぷりに描いています。

「愉快なシーバー家」キャラクター紹介

Amazon (2117465)

では、「愉快なシーバー家」に登場する、くせのある魅力的なキャラクターを順番にご紹介しますね。

●ジェイソン・シーバー 演アラン・シック
父親で精神科医。自宅に診療所を開き、在宅勤務をしながら子供の面倒を見ている。おっちょこちょいな一面も。

●マーガレット・シーバー 演ジョアンナ・カーンズ
母親で新聞記者、後にテレビリポーターに転職。夫と共にボストンカレッジの卒業生。

●マイケル・シーバー 演カーク・キャメロン
高校生としてスタートし、成長とともに大学へ進学し、婚約する。両親の目を盗んでは女の子と遊んだり、友人とパーティーに出かけたり、また両親から禁止されていたバイクを運転し事故を起こしたことも。大学時代に演技に目覚めるが、両親に反対され家を飛び出しニューヨークで生活するがうまく行かず家に帰ってくる。母校の高校に臨時代用教員をしたのがきっかけで、教師となる。

●キャロライン・シーバー 演トレーシー・ゴールド、ジュディス・バーシ(幼少時)
学業優秀な長女。マイクとしばしば口喧嘩をする。実家から離れたコロンビア大学へ通うため、ニューヨークで一人暮らしをするが、羽目をはずしすぎた生活をマイクにたしなめられ、マイクと共に家に帰る。のちに大学寮に生活を移す。Season7でドゥワイトというボーイフレンドができた。

●ベンジャミン・シーバー 演ジェレミー・ミラー
食いしん坊で陽気な次男。いじめを受け、空手を極める。いじめっ子から挑発を受けても、相手を傷つけてはいけないと、手を出さないなど正しい心と優しさを持っている。

●クリスティン・シーバー 演アシュレー・ジョンソン
シーズン4で誕生した次女。マイクの悪巧みに付き合うことが多く、マイクを慕っている。

●ルーク・ブラウワー 演レオナルド・ディカプリオ
シーズン7で登場した、マイクの生徒。成績がよく頭の回転も早い。実はホームレスで学校に住んでおり、マイクの家で引き取られることになった。シーバー家の家族同様に過ごす。

以上が、「愉快なシーバー家」のシーバー一家と同居人の説明でした。

これらの魅力あふれるキャラクター達と共に、毎日騒がしくも仲の良いアメリカの一般的なファミリーの子供達の成長や様々な事件を、笑い涙ありのストーリー展開で視聴者を楽しませてくれます。

「愉快なシーバー家」に出演していた、後に人気俳優となった人たちは?

 (2117567)

さて、登場人物の紹介をしてきましたが、最後に気づいた方もいるかかもしれませんが、若き頃のレオナルド・ディカプリオが出演しているんですね。
今ではオスカー俳優となったディカプリオですが、当時はまだ無名の俳優でした。

そして、一家のトラブルメーカーを演じるカーク・キャメロンは、「フルハウス」でDJを演じるキャンディス・キャメロンのお兄さんで、実際に妹のキャンディスも2回ほど出演しています。

さらに、当時無名で売り出し中であった若手俳優らが次々とゲスト出演しており、その中には無名時代のブラッド・ピット、マシュー・ペリー、ヒラリー・スワンクなどもいるんですよ。

そして、この後90年代に世界的大ヒットとなったドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』『ビバリーヒルズ青春白書』でブレイクするジェニー・ガースやブライアン・オースティン・グリーンもゲスト出演しています。

今となっては、スターの宝庫ともいえる「愉快なシーバー家」なのですね。

「愉快なシーバー家」の口コミ・評価は?

今となっては、豪華なキャストで制作されている「愉快なシーバー家」ですが、日本ではどうしても「フルハウス」の人気に負けてしまい、ドラマの存在が薄くなってしまっているようです。

そこで、「愉快なシーバー家」がどのくらい面白いドラマだったのか、感想を含む口コミを集めてみました。

●これぞアメリカドラマです!
私が中学生位の時に見ていたドラマなのですが、出てくる人のキャラクターが濃すぎて面白くて大笑いしながら見ていたドラマです、日常がとっても騒がしい家族ですが、言いたいことを言い合っていて、こんな家だったら明るくていいなと思って見ていました、あと結構有名な俳優さん達が出ていて、そこも見ていて楽しめると思います!

●アメリカのファミリードラマ
アメリカの80年代を代表するコメディドラマです。アメリカの一般的なファミリーの子供達の成長を追いながら笑いあり涙ありのストーリーが一話ごとに展開されているので、英語初心者でも映像を見ながら十分楽しめるのが魅力です。このドラマには売れる前のディカプリオやブラピなども出演しているので、ファンにはたまらないアメリカドラマです。

(以上 英語ハックみんなでつくる海外ドラマ図鑑より抜粋)

●このドラマの沢山の見所の一つに、マイク役のカーク・キャメロンの魅力を忘れてはいけないと私は思います。彼は、このドラマをきっかけに、一躍ティーンのアイドルとなり、当時アメリカでは、あのマイケル・J・フォックスと並ぶ大スターだったと、何かで見た事があります。
心を和ませてくれ、どこかオアシス的な所が、マイクにはある気がします。
 「フルハウス」を見た時も思った事ですが、このドラマを見た時もやはり、「家族って大切だなあ〜」って思います。
疲れた時、何かに参った時、落ち込んだとき、悲しい時・・・。
そんな時はぜひ、この「愉快なシーバー家」を見てみて下さい。
心の底から温まり、心の底から笑わせてくれ、そしてたくさんの大切な事を、きっと、このドラマは教えてくれると思います・・・。 

●小学生の時に大好きで毎週見てました。放送が終わってからは、レンタルしてないかずっと探してました。やっとDVD化され、迷わず購入しました!見たらすごく懐かしい!そして、もちろん笑えます!!笑いだけじゃなく、家族の絆とかもあり、でもくさくなく、ギャグで照れ隠しみたいな感じでとっても見やすいです。特典もよかったです!キャスティングの話とか初めての話で楽しかったです!

(以上Amazonより抜粋)

もう、みなさん「愉快なシーバー家」を大絶賛ですね!
それだけ、素敵なドラマなんですね。

日本ではDVDも発売されていますので、見たことのない方は一度見てみても良いかもしれませんよ。
Amazon (2117939)

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「たかなシアター六番街」-アメリカン・パロディ・シアター-

「たかなシアター六番街」-アメリカン・パロディ・シアター-

たかなシアター六番街、今回お届けするのはオムニバス形式のコメディ映画「アメリカン・パロディ・シアター」です。
70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

大映テレビが制作したライトコメディシリーズによって岡崎友紀はブレイクし、それまでのアイドルの概念を変えてしまいました。70年代の前半は岡崎友紀のものだったといってよいでしょう!
obladioblada | 1,916 view
80年代視聴率No1シットコム「ザ・コスビー・ショー」。素晴らしいドラマだったのに、今ではとても残念な結果に…。

80年代視聴率No1シットコム「ザ・コスビー・ショー」。素晴らしいドラマだったのに、今ではとても残念な結果に…。

80年代に大ヒットしたシットコム「「ザ・コスビー・ショー」。単なるコメディという枠に収まらない、素晴らしいドラマでした。「ザ・コスビー・ショーの魅力と、現在の残念な展開について解説しましょう。
sara1225 | 279 view
『松下由樹』恐ろしい悪女からコメディまで演じる女優!!

『松下由樹』恐ろしい悪女からコメディまで演じる女優!!

松下由樹さんと言えば、女性から怖がられる『悪女』からコメディまで、幅広く演じる女優さんですね。ショートカットでお馴染みですが、実はデビュー当時はロングヘアだったんですよね。そんな松下由樹さんが出演した、印象深いドラマを勝手に選んでみました。
ガチャまま | 3,648 view
ドラマを飛び出しレコードデビューした『パートリッジ・ファミリー』を覚えていますか?

ドラマを飛び出しレコードデビューした『パートリッジ・ファミリー』を覚えていますか?

アメリカで放送され高視聴率をマーク、大ヒットしたホームドラマの中で結成されたファミリーバンド『パートリッジ・ファミリー』がドラマ内の設定のままレコードデビュー。 デビューシングル「悲しき初恋」はビルボードHot100で3週連続1位を記録する大ヒット! グラミー賞のベスト・セリング・ヒットシングル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、数々のシングルやアルバムでミリオンセラーを記録していました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト