路上で堂々と犯罪行為!?社会問題となったゲーム「グランド・セフト・オート」とは?
2019年6月23日 更新

路上で堂々と犯罪行為!?社会問題となったゲーム「グランド・セフト・オート」とは?

アメリカのRockstar Games社が制作する、「犯罪行為」をフィーチャーした倫理的に問題のあるゲーム「グラセフ」を特集!

5,774 view

路上で堂々と犯罪行為!?社会問題となったゲーム「グランド・セフト・オート」

皆さんは「グランド・セフト・オート」というゲームシリーズをご存知でしょうか?アメリカのRockstar Games社が制作するゲームで、「街中で人を殺害」「車両を盗難して走り回る」といった犯罪行為をフィーチャーしており、日本では「GTA」「グラセフ」などとも呼ばれています。全世界での累計売上本数は実に2億本以上。この記事では、そんなグラセフのうち90年代に発売されたタイトルを中心に書いてみたいと思います。
 (2115025)

こちらは廉価版の「グランド・セフト・オート」。グロ注意の但し書きがありますね。

グランド・セフト・オート(GTA1)

1997年に発売された、記念すべき第1作「グランド・セフト・オート」。日本では翌1998年にPC版及びプレイステーション版が発売されました。ゲームのキャッチコピーは「感動?勇気?そんなもん問題じゃないね…」。その内容はと言うと…?

こちらがゲームのパッケージ。中央の建物に注目してみると…
 (2115060)

なんと「トランプタワー」がジャケットに使用されていました!これにはトランプ大統領も苦笑い!?

チンピラがボスの命令でやりたい放題!!

グラセフの気になる内容ですが、下の画像の通り「見下ろし型」のゲームとなっており、チンピラ役となったプレイヤーはボスからミッションを与えられ、車を運転するなどの操作を行います。その際、車を暴走させて追突したり、車で人を轢いたりとやりたい放題!そして轢かれた人が流血するなどグロテスクなシーンが問題となりました。
さらに、ボスからの依頼という体裁を取りながら実際は「ボスは主人公が死ぬところを見たかっただけ」という滅茶苦茶なミッションや、時間内に車の破壊や殺人で目標のポイントを稼ぐ「メッタ殺しタイム」など、倫理的に問題のあるミッションが満載。あえなく日本でのレーティング(CERO)では「Z(18才以上のみ対象)」となってしまいました。

実際のプレイはこちらで確認!

Grand Theft Auto (GTA 1) - Gameplay

グランド・セフト・オート2(GTA2)

倫理的な問題を多大にはらんだグラセフですが、「GTA1」は全世界で売上100万本を記録するヒットとなりました。そのため、続編である「グランド・セフト・オート2」が1999年に発売されることとなります。
 (2115057)

こちらは「GTA2」のパッケージ。流石にトランプタワーは映っていません!

「ヤクザ」など日本を意識した作りに!!

GTA2ですが、前作の「見下ろし型」は継続された上で戦略性が変化。「敵対する組織の顔色を窺い、場合によっては敵対する組織からも報酬を受け取れる」という、裏切り要素が追加。また、組織名が「ヤクザ」だったり地名に「ヒロシマ」が登場するなど、日本を意識した作りとなっています。

流血がNGに!しかし…?

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

株式会社KOMは、実機のパチンコ機をオンラインで遊べるWebサイト「2.5次元パチンコ/ニコハン」のスマートフォン対応を、11月14日より開始しました。かつて人気だったレトロ機のラインナップにも注目です!
クレイジーな価格は確実!?幻の「任天堂プレイステーション」がオークションにかけられるかもと話題に!!

クレイジーな価格は確実!?幻の「任天堂プレイステーション」がオークションにかけられるかもと話題に!!

16bitゲーム機全盛の90年代前半、ソニーが開発していた幻のハード「任天堂プレイステーション」のプロトタイプがオークションにかけられる可能性を、所有者であるTerry Diebold氏が表明し大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,923 view
初代プレイステーションがまさかの「弁当箱」になってクレーンゲームの景品に!!

初代プレイステーションがまさかの「弁当箱」になってクレーンゲームの景品に!!

フリュー株式会社より、初代プレイステーションを模した弁当箱「“PlayStation”ランチボックス」が、9月の第2週より全国のアミューズメント施設でプライズ商品としてお目見えすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 873 view
「シーマン」が発売からついに20周年!シーマン人工知能研究所がAI会話エンジンを開発決定!!

「シーマン」が発売からついに20周年!シーマン人工知能研究所がAI会話エンジンを開発決定!!

「日本語の会話を理解するエンジン」の研究・開発に取り組むシーマン人工知能研究所は、コミュニケーションロボット「BOCCO」などを開発するユカイ工学と共同で、共感する対話エンジン「ロボット言語」の開発を開始することを発表しました。
隣人速報 | 737 view
Dの食卓、エネミー・ゼロ、風のリグレット…90年代を代表する天才ゲームクリエイター・飯野賢治とは?

Dの食卓、エネミー・ゼロ、風のリグレット…90年代を代表する天才ゲームクリエイター・飯野賢治とは?

皆さんは飯野賢治というゲームクリエイターをご存知でしょうか?90年代から2000年代にかけて「Dの食卓」「エネミー・ゼロ」といったヒット作を量産し、「天才」の名を欲しいままにした人物です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト