人気刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」がマンガで復活!完全新作のオリジナルストーリーで連載開始!
2016年11月15日 更新

人気刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」がマンガで復活!完全新作のオリジナルストーリーで連載開始!

1979年から1981年にかけて放送された人気刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」。マンガ誌「YOU」12月号で、完全新作のオリジナルストーリーマンガとして連載がスタート。国内刑事ドラマにおける「バディ作品」の元祖がマンガでどう展開されていくか楽しみだ。

1,292 view

「噂の刑事トミーとマツ」がマンガ誌で連載開始!

かつて放送された人気刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」が、完全新作のオリジナルストーリーマンガ「奇跡の刑事トミーとマツ」として”復活”し、15日発売のマンガ誌「YOU」(集英社)12月号で連載をスタートした。
完全新作のオリジナルストーリーマンガで”復活”する「奇...

完全新作のオリジナルストーリーマンガで”復活”する「奇跡の刑事トミーとマツ」

出典 n.mynv.jp
 (1784122)

≪Amazonにてマンガ誌「YOU」を取り扱い中≫

刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」は、1979年10月17日から1981年3月25日にかけてTBS系ほかで65回放送された。
正義感は強いが人一倍臆病者の「トミー」こと岡野富夫(国広富之さん)と、猪突猛進の「マツ」こと松山進(松崎しげるさん)の2人の刑事の活躍を描いたコメディードラマ。
ここぞの場面で怖がるトミーに、マツが「おとこおんなのトミコ!」と挑発すると、トミーが耳をピクピクさせてすごい力を出し、事件を解決する展開が人気を博した。
刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」のタイトルバック

刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」のタイトルバック

当時日本の刑事ドラマでは「太陽にほえろ!」などに代表される、捜査員や犯人の人間模様を描く群像劇が主流であった。一方、海外に目を向けると、若い捜査員がコンビを組んだいわゆるバディ作品が多く作られており、製作局となったTBSでも「刑事スタスキー&ハッチ」が放送され高い人気を得ていた。
本作は「スタスキー&ハッチ」を元に作られた国内刑事ドラマにおける「バディ作品」の元祖とされ、バディ作品はその後「あぶない刑事」や「相棒」等、刑事ドラマの一ジャンルとして定着することとなった。
懐かしの面々

懐かしの面々

完全新作のマンガとなる「奇跡の刑事トミーとマツ」は、俳優で演出家のマギーさんが脚本、新人の三葦十夢(みついとむ)さんが作画を担当する。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」を制作した大映テレビが「企画原案」として名を連ねる。カラー46ページの予定。

第1話では、すぐに勝手な行動を取るなど上司から目を付けられている刑事の松田進(マツ)と、警察学校を卒業したばかりでイマイチ頼りない岡崎富雄(トミー)の2人を軸に物語が展開。元警察官のバスジャック事件にマツが首を突っ込み、さらにトミーが犯人との交渉に失敗して捕まってしまう……というストーリーが描かれている。

オススメの特集記事

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

今年、連載40周年を迎えたベストセラー少女漫画「ガラスの仮面」のスピンオフアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が、10月3日からTOKYO MXで放送されることが明らかとなった。累計発行部数5000万部を超える不朽の名作のアニメ版に期待が膨らむ。
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
伝説的なバッドエンド。後味が悪い鬱展開。懐かしのトラウマ漫画!

伝説的なバッドエンド。後味が悪い鬱展開。懐かしのトラウマ漫画!

スパイダーマン(池上遼一版)、デビルマン(漫画) 、「桜多吾作版マジンガーシリーズ」、手塚治虫の鬱展開漫画など昭和の伝説クラスのトラウマ漫画を振り返ってみましょう。バッドエンドや鬱展開は漫画だけにしたいですよね。
ガンモ | 220,018 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト