ルパン三世『峰不二子』の美貌の変遷を振り返りましょう
2017年4月14日 更新

ルパン三世『峰不二子』の美貌の変遷を振り返りましょう

アニメヒロインとして有名で男女ともに人気があるグラマラスでスタイリッシュな「峰不二子」。峰不二子はルパンファミリーの中では一番作画に変化が見られるキャラクターで、各作品ごとに毛髪の色・長さ・目つきが異なります。峰不二子の作画の変遷を作品ごとに振り返りましょう。時代ごとのファッション性や社会的影響力が読み取れます。

204,685 view

アニメ・漫画「ルパン三世」の謎のヒロイン『峰不二子』の美貌の変遷

峰不二子

峰不二子

ルパン三世一味の紅一点。ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である(敵として登場することが多い)。誰もが見とれるグラマーな美女だが、性格は外見に反して自分の欲望に忠実な悪女で、目的のためならためらいなく他人を裏切る。経歴などにおいて不可解な部分が多い。

身長:167cm
体重:50kg
バスト:99.9cm
ウェスト:55.5cm
ヒップ:88.8cm
スリーサイズがゾロ目なのは、原作者のモンキー・パンチいわく「覚えやすいから」。ただし原作・アニメでは身長・体重の設定はされていないが、映画『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』にて初登場。

出典:ルパン三世 公式ウェブサイト キャラクター「峰不二子」
http://lupin-3rd.net/character.html

好きなもの:お金、宝石、美男
苦手なもの:カエル、ヘビ、狭い空間(閉所恐怖症)、ルパン三世[ep 4]
国籍:日本北海道浜中町出身
(出典:Wikipedia「峰不二子」)

峰不二子の顔の変遷・作品ごとの作画の変化

ルパンファミリーの中では一番作画に変化が見られるキャラ...

ルパンファミリーの中では一番作画に変化が見られるキャラクターで、各作品ごとに毛髪の色・長さ・目つきが異なる。

後述する「峰不二子のテレビアニメと劇場用アニメでの活躍シーン・名シーン」で各作品ごとの峰不二子の変遷を詳しく振り返っていきます。
出典 yaplog.jp

パイロットフィルム版「ルパン三世」の峰不二子

パイロットフィルム版「ルパン三世」の峰不二子

パイロットフィルム版「ルパン三世」の峰不二子

ルパン三世 パイロットフィルム 画像の出典:TYPER'S ルパン三世探索隊 / モンキー・パンチ作品総合マニアックサイト
「ルパン三世のセル画セレクション」
http://typerlpn3.web.fc2.com/sub3sell08.htm

【動画】ルパン三世 パイロットフィルム - YouTube

『ルパン三世 パイロットフィルム』(ルパンさんせい パイロットフィルム)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の1969年頃に製作されたパイロット版アニメ。

原作者のモンキー・パンチは、当時放送されていたアニメに不満を持っていたため、アニメ化に反対していた。アニメ化の説得材料として13分弱のパイロットフィルムが製作された。この作品の出来のよさとリアルな描写に感動したモンキー・パンチはぜひアニメ化をお願いしたいとアニメ製作にOKを出した。

本来パイロットフィルムとして製作されたアニメーションであり、配給元やスポンサー、放送局に売り込むために製作されたものである。その後正式スタートしたテレビシリーズと比較して、より原作の作風に近く、ケレン味やアクの強さが際立った作りになっている。
(出典:Wikipedia「ルパン三世 パイロットフィルム」)

峰不二子の配役(アニメ版の声優・実写版の女優)について

実写映画『ルパン三世 念力珍作戦』の「峰不二子(演:江...

実写映画『ルパン三世 念力珍作戦』の「峰不二子(演:江崎英子)」(1974年8月3日)

『ルパン三世 念力珍作戦』(ルパンさんせい ねんりきちんさくせん)は、モンキー・パンチの漫画『ルパン三世』を原作とし1974年8月3日に公開された実写版映画。

本作品でのルパンファミリーは、ルパン三世を目黒祐樹、次元大介が田中邦衛、峰不二子を江崎英子、銭形警部を伊東四朗がそれぞれ演じた。なお、原作の石川五エ門に相当する役は本作に登場しない。

ルパン役を演じた目黒は後年テレビ番組で「監督とも話し合った結果、原作の通りに作るのはまず無理との判断になったので、原作を意識せず好きなように作ってみようということになった」「個人的にはとても気に入っている役」「再び映像化するなら是非演じてみたい」とコメントしている。

原作で頻出する「♂マークと♀マークを絡ませた濡れ場表現」を、忠実に映像化している。
(出典:Wikipedia「ルパン三世 念力珍作戦」)
アニメ版「ルパン三世」での「峰不二子」の声優:二階堂有希子(1st)→増山江威子(2nd以降)→沢城みゆき(2011年テレビSP以降)。

実写版「ルパン三世」での「峰不二子」を演じた俳優:江崎英子(1974年版),黒木メイサ(2014年版)
実写映画『ルパン三世』の「峰不二子(演:黒木メイサ)」...

実写映画『ルパン三世』の「峰不二子(演:黒木メイサ)」(2014年8月30日)

『ルパン三世』(ルパンさんせい)は、2014年8月30日に全国東宝系で公開された日本映画。モンキー・パンチの同名漫画を原作としたオリジナルストーリーの実写作品。監督は北村龍平、主演は小栗旬。

『ルパン三世』の実写映画は、1974年に公開された『ルパン三世 念力珍作戦』以来40年振りとなる。また、『念力珍作戦』では登場しなかった石川五ェ門も、本作で実写映画に初登場する。制作には4年以上の歳月がかけられ、日本・タイ・香港・フィリピン・シンガポールで撮影が行われた。
(出典:Wikipedia「ルパン三世 (2014年の映画)」)

原作版『ルパン三世』の峰不二子は設定が一貫せず、それぞれ別人のように描かれている

原作版『ルパン三世』第6話「シッパイ大作戦」の「峰不二子」

原作版『ルパン三世』第6話「シッパイ大作戦」の「峰不二子」

原作漫画(旧)『ルパン三世』

1967年『漫画アクション』8月10日号(創刊号)から1969年5月22日号まで連載。全94話。

モート・ドラッカー(Mort Drucker)の影響を色濃く残す、ひょろりとした線で描かれる長身の登場人物。最後の最後まで読者の裏をかくストーリー展開。両者があいまって本作独自の作風を醸成している。

原作はアニメ(特に第2シリーズ以降)とは全く趣が異なっており、ハードボイルド色の強い描写や性的な描写が頻繁に描かれる一方、アニメ作品に見られるジョークやギャグは少ない。
(出典:Wikipedia「ルパン三世」)
原作では一貫した人物設定はなく、話により異なった謎の人物として登場する。

例えば第11話では古い知人、第19話では部下の1人、第20話では婦人秘密捜査官、第30話では探偵社の社長、第64話ではルパンの入学した東西京北大学の先輩(銭形警部も同大学に在籍)、第66話では同じ大学の同じ学部の同級生、第69話では敵対組織ネズミ一族の1人、第75話では不私刑(フリンチ)の部下、という具合で、知り合い・仲間ということもあれば初対面の赤の他人ということもある。

第11話では医者の父親を、第24話では科学者の兄をルパンによって殺されている。初回登場は原作第3話「死んでゆくブルース」であり、ルパンと共謀して罪を犯す。『ルパン三世・新冒険』よりルパンの仲間として人物が固定される。
原作版『ルパン三世』第88話「せいては盗をしそんじる」...

原作版『ルパン三世』第88話「せいては盗をしそんじる」の「峰不二子」

峰不二子とルパンの関係

峰不二子とルパンの関係は利害によって決まることが多い

峰不二子とルパンの関係は利害によって決まることが多い

ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である(敵として登場することが多い)。

ルパンが本当に死にそうになった際は心の底から涙を流したり(第一テレビシリーズ「脱獄のチャンスは一度」「タイムマシンに気をつけろ!」など)、敵に追い詰められお互い死にそうになる場面(第二テレビシリーズ「追い詰められたルパン」)では最後まで一緒にいようとするなど(この際ルパンは不二子を逃がそうとした)、好き嫌いからすれば「嫌いでない」のは確かである。
(出典:ピクシブ百科事典「ルパン三世 :峰不二子」)

峰不二子のテレビアニメと劇場用アニメでの活躍シーン・名シーンを作品ごとに振り返る

1971年-1972年の「峰不二子」の活躍・出演シーン テレビアニメ「ルパン三世」(第1シリーズ)より

テレビアニメ「ルパン三世」(第1シリーズ)の峰不二子(...

テレビアニメ「ルパン三世」(第1シリーズ)の峰不二子(1971年-1972年)

65 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ルパン三世』シリーズの歴史(1967年から2016年まで)

『ルパン三世』シリーズの歴史(1967年から2016年まで)

原作漫画、テレビシリーズ、劇場用アニメ、テレビ特番の『ルパン三世』シリーズを振り返ってみましょう。アニメのストーリー構成や作画において、当時の文化的傾向やトレンドの取り入れ、大人向け要素と子供向け要素の組み込みバランスをどうするかが常に悩みどころですね。ルパン三世(第1シリーズ・1st series)の3種類のオープニングテーマとエンディングテーマは、どれも傑作でしびれます。45年も前にこれほどのものが生まれた凄さにいつも感激します。ルパンシリーズの楽しみ方は、作品それぞれを別物として楽しむことだと思います。ルパンはいつ何時でも誰にとっても正体不明なのですから。多様性を楽しむ。いろいろなルパンがあってよいと思います。
ガンモ | 73,140 view
やっぱり名曲!【ルパン三世のテーマ】いろいろ集めてみました

やっぱり名曲!【ルパン三世のテーマ】いろいろ集めてみました

アニメ界の金字塔、ルパン三世。モンキー・パンチ原作のハードボイルド・アクション漫画で、テレビアニメ化に伴い世代を問わない人気作品となりました。・・・ミドルエッジ世代の皆さんには、ルパンの説明など不要でしたね。今回は、やはりこちらもクオリティーの高い、テーマ曲についてまとめてみました!
infinity | 14,346 view
“国民的”ルパン〜 アニメ「ルパン三世」(TV第2シリーズ)

“国民的”ルパン〜 アニメ「ルパン三世」(TV第2シリーズ)

ルパン三世シリーズ最長寿のTV第2シリーズ。あなたの好きなルパン、このなかにありますか?^^
wada y | 5,541 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト