マイケル・ジョーダン氏が11年ぶりに来日!【NIKE エアージョーダン】あなたは何作目が好き?
2016年11月25日 更新

マイケル・ジョーダン氏が11年ぶりに来日!【NIKE エアージョーダン】あなたは何作目が好き?

知ってましたか?NIKEのエアジョーダンシリーズ、今でも発売していて、現在モデルで29作目。マイケルジョーダン現役時代に発売されたシューズを主に振り返ってみましょう。

9,964 view

マイケル・ジョーダンが日本に来る!!

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン

ナイキは、「エア ジョーダン 1」の誕生から30周年を迎えたことを記念して、元NBAプレーヤーのマイケル・ジョーダン氏が11年ぶりに来日することを発表した。

同社は東京都現代美術館にジョーダン氏の栄光の軌跡を体感できるスペース「MUSEUM 23 TOKYO 」を、10月16日~10月18日の期間限定でオープンする。特設コート「LAST SHOT」も用意。キャリア2回目で3連覇を決めた1998年のファイナル第6戦、伝説の「ラスト・ショット」を再現しており、コートに立っているジョーダン氏になったようなシチュエーションでプレイできる。
これは楽しみですね。

AJ1(1984年発売) 〜 AJ18(2003年発売)3度目の引退まで 

Air Jordan 1

Air Jordan 1

1984年発売。ハイカットとローカットの2種類があり、デザインは当時同時期に発売されていた、「ダンク」や「ビッグナイキ」等の他モデルと非常に近い意匠を持つ(実際にソールは酷似している)。
Air Jordan 2

Air Jordan 2

ナイキ製のシューズによく見られるアッパーサイドのスウォッシュマークが、このモデル以降エア・ジョーダンからは姿を消し、ナイキのロゴのみとなる。復刻の度に話題になる一桁台のモデルにおいて、日本ではあまり人気がない。
Air Jordan3

Air Jordan3

1988年発売。ミッドカットのみの展開。前述の通り、初めてシュータン部分にジャンプマンロゴが採用された。前年に発売されたランニングシューズ、「エア・マックス」の影響を受けて、ヒール部分に搭載されたエアがミッドソールから露出したのが特徴。
Air Jordan4

Air Jordan4

1989年発売。ミッドカットのみの展開。シュータン部にジャンプマンとともに「Flight」のロゴが入るが、これはAJ2・3の販売不振から、同年に展開されたガードプレイヤー向けシューズ、「エア・フライト」のシリーズにAJを組み込むことが検討されたためである。実際にソールは「エア・フライト」と共通。
Air Jordan5

Air Jordan5

1990年発売。ハイカットとミッドカットのさらに中間である、3/4カットを採用し、その後のシリーズの標準的なシルエットとなる。アッパーサイドにクリヤーラバーのメッシュ、シュータン部に反射素材を(一部のカラーで)採用し、近未来的なデザインで、シリーズの人気を確立した。
Air Jordan6

Air Jordan6

1991年発売。ジョーダンの初優勝を支えた一足。機能的には特筆する要素は無いものの、つま先の補強を廃すなど、ジョーダン本人の「素足に近い感覚のシューズが欲しい」という意見を積極的に取り入れている。また、漫画「SLAM DUNK」で主人公の桜木花道が最初に着用したバスケットシューズとして取り上げられ、この頃から日本でも一般的にAJシリーズに注目が集まり始めた。
Air Jordan7

Air Jordan7

1992年発売。前年に発売されたランニングシューズ「エア・ハラチ」からフィードバックされた、伸縮素材によるインナーブーツシステム「ダイナミックフィット」を採用。足とシューズの一体感を高めることに成功している。AJ3から6まで続いたエアバッグのビジブル化が廃止され、再びミッドソール内に密封された。
Air Jordan8

Air Jordan8

1993年発売。前年に発売されたアウトドア用バスケットシューズ「エア・レイド」の影響から、つま先から踝にかけてX字に伸びる「サポート・クロス・ストラップ」を採用。あわせてAJ7から「ダイナミックフィット」を継承し、更なるフィット感の向上を目指したが着脱性は劣悪で、ジョーダン本人も練習時にはAJ7等、別のシューズを履いていた。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バルセロナ五輪で活躍した!マイケル・ジョーダン擁する懐かしの「ドリームチーム」着用のユニフォームが復刻!!

バルセロナ五輪で活躍した!マイケル・ジョーダン擁する懐かしの「ドリームチーム」着用のユニフォームが復刻!!

バスケットボールグッズ専門店「セレクション」より、1992年のバルセロナオリンピックに出場した際の「ドリームチーム」が着用していたユニフォームの復刻アパレルが現在好評発売中です。
隣人速報 | 670 view
「スラムダンク-あれから10日後-」人気絶頂時に連載終了、日常に戻った主人公たちの姿を描く。

「スラムダンク-あれから10日後-」人気絶頂時に連載終了、日常に戻った主人公たちの姿を描く。

1990年代ジャンプ黄金期の一角「SLAM DUNK」は一大バスケブームを生み出すほどの人気を誇りました。クライマックスはインターハイ2回戦山王工業高校との一戦、そこで劇的な勝利を収めたものの物語はあっさりと終了。まさに人気絶頂期での終了でした。20年以上にわたって続く「その後」への期待ですが、これまでに唯一描かれた「あれから10日後」についてご紹介します。
青春の握り拳 | 27,483 view
バスケットボール選手からタレント活動もされてる有名人!!

バスケットボール選手からタレント活動もされてる有名人!!

バスケットボール選手からタレント活動もされてる方も多いです。そんな方々をまとめてみました。またタレントといってもの解説者やキャスター・コメンテーターなども含みます。
ギャング | 1,506 view
バスケの天才・田臥勇太が15歳でユーイングと共演!進研ゼミのCM

バスケの天才・田臥勇太が15歳でユーイングと共演!進研ゼミのCM

身長をカバーする驚異的なスピードと正確なパステクニックで日本人初のNBAプレーヤーになった田臥勇太(たぶせ ゆうた)。 幼い頃から頭角を現していた田臥が15歳の時にNBAのスーパースター、パトリック・ユーイングと共演した歴史的な進研ゼミのテレビCMを紹介。
井上雄彦が表紙を描いた!田臥勇太などB.LEAGUE選手との対談集の重版決定!スラムダンクを彷彿とさせる描写

井上雄彦が表紙を描いた!田臥勇太などB.LEAGUE選手との対談集の重版決定!スラムダンクを彷彿とさせる描写

週刊朝日ムック「B´(ビー・ダッシュ) B.LEAGUE×井上雄彦」が大きな反響を呼び、重版が決まりました。「スラムダンク」の井上雄彦とBリーグの13人の主力選手が対談!バスケ好き必携の一品に仕上がっています!
隣人速報 | 2,162 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト