2016年11月25日 更新

今、考えるとありえないほど凄い初代「ドリームチーム」のメンバー!!

1992年バルセロナオリンピック。 バスケ大国の威信をかけたアメリカは、ついにプロ選手の派遣を決定した。 NBA選手の多くで構成されたチームを人はこう呼んだ。「ドリームチーム」と。

408,605 view
ドリームチームの結成から20年以上。
振り返ってみると、あれほどのスーパースターが集まったチームは未だ存在してません。
バスケファンに送るドリームチームメンバー!

彼らの栄光と現在を比べてみました!

ドリームチーム メンバー一覧

ドリームチーム

ドリームチーム

ドリームチームは、1992年夏に開催されたバルセロナオリンピックに出場したバスケットボール男子アメリカ合衆国代表の公式のニックネームである。現役のNBA選手が代表入りした最初のナショナルチームであった。

ESPNはNBA史上屈指のスタープレイヤー達で編成されたこのチームを史上最高のスポーツチームと位置付けた[1]。ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂は「この世のバスケットボールの才能の最高のコレクション」と評した[2]。オリンピック本選では平均で44得点差を付け、決勝戦ではクロアチアを破って金メダルを獲得した[3]。

マジック・ジョンソン(背番号:15)

マジック・ジョンソン

マジック・ジョンソン

アーヴィン・“マジック”・ジョンソン(Earvin "Magic" Johnson Jr. 、1959年8月14日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州ランシング出身のプロバスケットボール選手で、実業家。

選手時代にはNBAでポイントガードとしてプレーし、1980年代にロサンゼルス・レイカーズで5回の優勝に貢献する(1980年、1982年、1985年、1987年、1988年)。1991年にHIV感染を理由に引退する。1996年にNBA50周年を記念した「歴代の偉大な50人の選手」に選ばれた。2002年に殿堂入りする。

(出典:wikipedia)

■現在のマジック・ジョンソン

現在は事業家として成功している。
ロサンゼルス・ドジャース買収し、共同オーナーの1人となっている。

息子がカミングアウトして、人気者になっているらしい。落合の息子みたいなものかな。。。
病気とは思えないマジックジョンソン

病気とは思えないマジックジョンソン

2010年、ロサンゼルスへNFLチームを誘致することに強い関心を持っていることを明かし、NFLチームのオーナーになる障害となるロサンゼルス・レイカーズの株を売却していたことが明らかになった[2]。

2012年、ロサンゼルス・ドジャース買収の投資グループに参加し、共同オーナーの一人となる。
いろんな意味でヤバイ、EJ(Earvin Johnso...

いろんな意味でヤバイ、EJ(Earvin Johnson Ⅱ)マジックの息子

ラリー・バード(背番号:7)

ラリー・バード

ラリー・バード

ラリー・ジョー・バード(Larry Joe Bird, 1956年12月7日 - )は、プロバスケットボールリーグNBAで活躍したアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。1980年代にNBAのボストン・セルティックスを3度の優勝に導いた。得点やパス、リバウンドのセンスに優れ、正確な長距離シュートや試合の先を読む能力に秀でていた。しばしば史上屈指の選手に挙げられ、史上最高のスモールフォワードの一人と考えられている。現役時代には既に「伝説 (Legend)」の異名を与えられていた。

シーズンMVPを3度受賞。1996年にNBA50周年を記念したNBA50周年記念オールタイムチームの1人に選ばれた。1998年に殿堂入り。身長は206センチ、体重は100キロ。引退後はインディアナ・ペイサーズで監督を務めて最優秀監督賞を受賞、NBAファイナルに進出した。現在は同チームでバスケットボール運営部門の社長を務める。

(出典:wikipedia)

■現在のラリー・バード

現在はインディアナペーサーズの球団社長。
以前は、ペーサーズのヘッドコーチとしても活躍していた。
もうおじいちゃんだね、ラリー・バード

もうおじいちゃんだね、ラリー・バード

米プロバスケットボール協会(NBA)のインディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)は26日、バスケットボールの殿堂(Basketball Hall of Fame)入りを果たしているラリー・バード(Larry Bird)氏が、球団社長に復帰することを明らかにした。

 バード氏は2012年に健康問題を理由に社長職から退いていたが、ペイサーズと複数年契約を結び、チームを再び運営することになった。

マイケル・ジョーダン(背番号:9)

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジェフリー・ジョーダン(Michael Jeffrey Jordan, 1963年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。その実績からバスケットボールの神様とも評される[1]。

15年間に亘る選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代4位。1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度のシーズンMVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。また、1984年のロサンゼルスオリンピックと、1992年のバルセロナオリンピック(ドリームチーム)においてアメリカ代表の一員として2度にわたり金メダルを獲得した。現役時代の背番号23はシカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、ノースカロライナ大学の永久欠番。1996年、NBA50周年を記念したNBA50周年記念オールタイムチームの一人に選出。2009年にはバスケットボール殿堂入りした。

(出典:wikipedia)

■現在のマイケル・ジョーダン

NBAチームのボブキャッツを買収して筆頭オーナーに就任。
未だに稼いでいるようだ。

NIKEとの契約だけでも数億円あるらしい。。。
あんまり変わらないマイケル・ジョーダン

あんまり変わらないマイケル・ジョーダン

現役引退後、2010年にシャーロット・ボブキャッツ(現・シャーロット・ホーネッツ)を買収し、現在は実業家として同チームの筆頭オーナーを勤めている。

チャールズ・バークレー(背番号:14)

チャールズ・バークレー

チャールズ・バークレー

チャールズ・ウェイド・バークレー(Charles Wade Barkley,1963年2月20日-)はアメリカ合衆国アラバマ州リーズ出身のバスケットボール選手。NBAで16シーズンプレーした。1992年バルセロナオリンピックと1996年アトランタオリンピックの金メダリスト。2006年にバスケットボール殿堂入り。「チャールズ・バークリー」と表記されることもある。

NBA史上、(生涯)通算得点20,000P、通算リバウンド数10,000R、通算アシスト数4,000Aを超えた5人の選手の一人[1]。インサイドを完全に支配できた、NBA史上最高のパワーフォワードと謳われている。公称身長198cm(実際は193-195cm程度と自認)ながら、非常に体重(横幅)のある選手であった。

(出典:wikipedia)

■現在のチャールズバークレー

現在はTNT(アメリカのスポーツ放送局)の解説者。
やはり口が悪くて問題になることが多いらしい。
ちょっと太った?チャールズ・バークレー

ちょっと太った?チャールズ・バークレー

クリス・マリン(背番号:13)

クリス・マリン

クリス・マリン

クリストファー・ポール・マリン(Christopher Paul Mullin, 1963年7月30日 - )はアメリカ合衆国のニューヨーク市ブルックリン区出身の元バスケットボール選手。ニューヨーク、セント・ジョーンズ大学出身。NBAのゴールデンステート・ウォリアーズで大半を過ごした左利きの名シューター。1984年のロス五輪、1992年のバルセロナ五輪の金メダリスト。ポジションはスモールフォワード。現在は母校のセント・ジョーンズ大学のヘッドコーチを務めている。

2011年には、アメリカ大学バスケットボール殿堂、さらにネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂に選出された。

(出典:wikipedia)

■現在のクリス・マリン

現在は、母校St. John's大学のヘッドコーチに就任。
2001年にNBAから引退以来、マリンは、サクラメントキングス、ゴールデンステイト·ウォリアーズの前のオフィスで働いていた。
ダンディになったクリス・マリン

ダンディになったクリス・マリン

カール・マローン(背番号:11)

カール・マローン

カール・マローン

カール・マローン(Karl Anthony Malone、1963年7月24日-)は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。長い期間にわたり高いレベルのパフォーマンスを維持した史上屈指のパワー・フォワードだった。歴代第2位の通算得点記録を持つ(36,928得点)。19年間の現役時代のほとんどをNBAのユタ・ジャズでプレイした。1996年にNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」の一人に選ばれている。1997年と1999年にMVP受賞。1992年と1996年にバスケットボール男子米国代表としてオリンピックに出場、金メダルを獲得した。ルイジアナ州サマーフィールド出身。

(出典:wikipedia)

■現在のカール・マローン

プロレスデビューしてロッドマンと戦ったり、映画に出演したりなど芸能系で活躍。現在は、解説者を行いながら趣味のアウトドアに勤しむ毎日。

うらやましいぜ、カール・マローン
ちょっと禿げちゃったカール・マローン

ちょっと禿げちゃったカール・マローン

ジョン・ストックトン(背番号:12)

ジョン・ストックトン

ジョン・ストックトン

ジョン・ヒューストン・ストックトン(John Houston Stockton、1962年3月26日 - )は、アメリカ合衆国のワシントン州スポケーン出身の元バスケットボール選手。1980年代から引退までの19年間をNBAのユタ・ジャズでプレイし、歴代最多のアシスト記録、スティール記録を残した名ポイントガード[1]。NBAでは少数派の白人スター選手だった。1992年と1996年のオリンピックで金メダル獲得。1996年にNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」の一人に選ばれ、2009年9月11日にバスケットボール殿堂入りした[1]。

■現在のジョン・ストックトン

現在は特に主だった活動はしていない様子。引退したら家族との時間を大切にしたいと語っていた。
息子のデビッドがサクラメントキングスからNBAデビューしている。
芝刈が好きそうな感じになったジョン・ストックトン

芝刈が好きそうな感じになったジョン・ストックトン

67 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バスケの神様・マイケル・ジョーダンが精巧なフィギュアに!ブルズのユニフォームの赤が映える!

バスケの神様・マイケル・ジョーダンが精巧なフィギュアに!ブルズのユニフォームの赤が映える!

バスケットボールの神様とも評されるマイケル・ジョーダンの精巧なフィギュアが、7月から8月頃に発売される事が分かった。オンライン通販サイト「豆魚雷」にて販売される。メーカーはエンターベイ。
90年代の懐かしいNBA選手が履いていたバッシュ(シグネチャーモデル等)を振り返る!

90年代の懐かしいNBA選手が履いていたバッシュ(シグネチャーモデル等)を振り返る!

日本でもBリーグが開幕してバスケットブームが再来するのでしょうか。90年代は、NBAのスーパースターが履いていたバスケットシューズに憧れて買った人も多いのではないでしょうか。そんな、名選手のバッシュを少し振り返ってみましょう。
M.E. | 14,573 view
生きてきた中で一番幸せ!日本中が感動と驚きに! 競泳岩崎恭子

生きてきた中で一番幸せ!日本中が感動と驚きに! 競泳岩崎恭子

1992年バルセロナオリンピックの最大の番狂わせと言えば、競泳女子200m平泳ぎでの金メダルではないでしょうか。正直、全く無名だった彼女が一気にスターダムにのしあがった当時の感動と驚きをプレイバックしていきましょう。
yt-united | 714 view
「ジョン・ストックトン」実直・堅実が良く似合う歴代1位のアシスト王【偉大なるNBAスター】

「ジョン・ストックトン」実直・堅実が良く似合う歴代1位のアシスト王【偉大なるNBAスター】

ジョン・ストックトン。彼は、NBA歴代最多のアシスト・スティール記録を持ち、ドリームチームに選ばれバルセロナオリンピックで金メダルを獲得しているにもかかわらず地味な印象が拭えない。そんなジョン・ストックトンを名場面と共に振り返ろう。
最強チーム【シカゴ・ブルズ】1995-96シーズン、なんと72勝10敗。

最強チーム【シカゴ・ブルズ】1995-96シーズン、なんと72勝10敗。

バスケットが人気だった90年代後半、スラムダンクの影響もありましたが、シカゴ・ブルズが最強チームだったからではないでしょうか。その時代のメンバーを振り返ってみましょう。
M.E. | 19,455 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト