2017年1月30日 更新

「プラトーン」はベトナム戦争について描かれた名作、撮影はフィリピンで行われました。

80年代のハリウッドはベトナム戦争を題材とした洋画が多く描かれました。有名な作品には「ランボー」がありますが、「プラトーン」は更にリアルな印象を受けた作品です。撮影当時、まだアメリカとベトナムの間には国交がなかったため撮影はフィリピンで行われました。

7,075 view

プラトーン

この名シーン、覚えている方も多いでしょう

「プラトーン」とは軍隊の編成単位の一つ

「プラトーン」とは軍隊の編成単位の一つ

『プラトーン』は、1986年公開のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・脚本はオリバー・ストーン。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー。
第59回アカデミー賞 作品賞、第44回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。
タイトルの「プラトーン」は、軍隊の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成される小隊の意味。

オリバー・ストーン監督の実体験がベースにありました

ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンの代表作

ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンの代表作

1970年代の「ディア・ハンター」や「地獄の黙示録」に次いで、1980年代にベトナム戦争を描いたオリバー・ストーンの代表作。
ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが、アメリカ陸軍の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人虐殺・放火、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆など、現実のベトナム戦争を描いた作品。

あのシーンが焼き付いて離れない『プラトーン』 - Middle Edge(ミドルエッジ)

あのシーンが焼き付いて離れない『プラトーン』 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ベトナム戦争を扱った映画『プラトーン』あの名シーンが目に焼き付いて離れない…。

ストーリー

ベトナム戦争のリアルを伝えた作品

ベトナム戦争のリアルを伝えた作品

1967年のベトナム共和国(いわゆる『南ベトナム』)。白人のクリス・テイラーは自分と同年代の、しかも少数民族や黒人・貧困層という、アメリカ合衆国の底辺層である若者が、職と金を求めて、次々とアメリカ合衆国軍に徴兵していく現実に憤りを覚え、両親の反対を押し切り大学を中退して、アメリカ陸軍に志願、ベトナム戦争の戦場へやってきた。
しかし南ベトナム解放民族戦線のゲリラ戦に悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで対峙する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の決断を後悔する。
クリスは、カンボジア国境付近のアメリカ陸軍第25歩兵師団のある小隊に配属される。そこは、まさに戦鬼と化した鬼軍曹バーンズとまだ人間らしさを残したエリアス軍曹が取り仕切る小社会だった。クリスはその中で時に戦い、時に戦友たちとマリファナをたしなみ、徐々に小隊に、兵隊に、そして戦争になじんでいく。
だが、戦争はさらに過酷さを増し、敵のブービートラップばかりか味方の誤砲撃までもが小隊を襲う。戦友は次々と倒れ、生き残った戦友たちの中には現地民間人に手を出すものまで現れ、彼らの処遇を巡ってバーンズとエリアスの対立は決定的な破局を迎えた。
そして、すべてを葬り去る敵の大夜襲が小隊に、そしてクリスに迫る…。

「プラトーン」予告編 - YouTube

Amazon.co.jp | プラトーン [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - トム・ベレンジャー, ウィレム・デフォー, チャーリー・シーン, ケビン・ディロン, フォレスト・ウィテカー, ジョン・C・マッギンリー, フランチェスコ・クイン, デイル・ダイ, ジョニー・デップ, オリバー・ストーン

¥1,391
Amazon.co.jp | プラトーン [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - トム・ベレンジャー, ウィレム・デフォー, チャーリー・シーン, ケビン・ディロン, フォレスト・ウィテカー, ジョン・C・マッギンリー, フランチェスコ・クイン, デイル・ダイ, ジョニー・デップ, オリバー・ストーン

主役はチャーリー・シーン

「プラトーン」は大ヒット

予算の20倍を上回る興行収入でした

予算の20倍を上回る興行収入でした

出演した俳優は当時まだ無名に近いものが多く、予算は600万ドルと多くはなかったが、実体験に基づいたリアリティのある戦闘シーンなどハリウッド的スペクタクル映画の要素も備えており映画は大ヒット。
『プラトーン』の成功でオリバー・ストーンはベトナム戦争を題材にした映画の先駆者として評価されるようになり、一人のベトナム帰還兵の生涯を描いた『7月4日に生まれて』を監督。同作品でもアカデミー監督賞を受賞した。
ナレーションは主役を演じたチャーリー・シーン。

戦争で得たものは何だったのか?!失われたものは元には戻らない。映画『7月4日に生まれて』 - Middle Edge(ミドルエッジ)

戦争で得たものは何だったのか?!失われたものは元には戻らない。映画『7月4日に生まれて』 - Middle Edge(ミドルエッジ)
戦争というものは、人々の中で良く映ってしまう事もあるが、悪い結果を招いている事が多い。この映画で戦争の在り方を考えさせられます。

配役についてのエピソード

事前には出演辞退が相次いだ

事前には出演辞退が相次いだ

主人公のクリス・テイラー役には当初カイル・マクラクランやキアヌ・リーブスが候補に挙がっていたが、共に出演を断られた。
また、チャーリー・シーンの実兄であるエミリオ・エステヴェスにも出演を依頼したがギャランティー関連の交渉が成立せず、「テイラーを演じるには若すぎる」として出演を断っていた弟のチャーリー・シーンが演じることとなった。
また監督はジョニー・デップにもテイラー役をオファーしている。デップは自分が若すぎることと自らに知名度がないことを理由に断ったが、ストーンは「彼は将来一大映画スターになるであろう」と予測し、ガーター・ラーナー役での出演を直訴した。
冷酷無比な人物として登場するバーンズ軍曹の役は当初ケビン・コスナーに出演を依頼していた。

撮影場所はフィリピンでした

当時はアメリカとベトナムの間に国交がありませんでした

フィリピンのルソン島で撮影

フィリピンのルソン島で撮影

撮影当時は、アメリカ合衆国とベトナム社会主義共和国との国交が無いため、フィリピン共和国のルソン島で行われている。
映画に参加する全ての俳優は、撮影開始2週間前からフィリピンに滞在し、当時の生活を実践した。髪型と食料は、軍人仕様と同一のもの(GIカットにレーション)とさせられ、シャワーを浴びることさえ許可されなかった。
また、ジャングルで夜を明かす際も、ローテーションで監視まで行う徹底ぶりであった。指導には、元アメリカ合衆国海兵隊大尉であり、本作でハリス大尉役を演じているデイル・ダイが係わっている。
映画で使用された煙草は、オリバー・ストーンがリアリティに拘った結果、当時製造されていた桜色のパッケージを施したマールボロを再現した。
映画に参加した俳優の中には、着用しているヘルメットに自らメッセージを書き加えたものもいる。
焼き討ちした村を離れ、大勢の兵士が銃を携行して移動するシーンには、日本のMGC製モデルガンM16自動小銃が、小道具として使われていた。
エリアス・グロージョンが、両手を上げ膝を落とし倒れる場面は、白土三平の漫画『ワタリ』から着想を得ている。

Platoon(プラトーン)-Adagio For Strings - YouTube

20 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『ハイランダー悪魔の戦士』不死身同士のバトルが展開された!主題歌は、クイーンが提供!!

映画『ハイランダー悪魔の戦士』不死身同士のバトルが展開された!主題歌は、クイーンが提供!!

『ハイランダー悪魔の戦士』は、1986年に公開されたファンタジーSF映画で、首を切り落とされない限り死なない一族の宝をめぐる戦いが描かれています。また、ショーン・コネリーなどの豪華俳優が出演するなどハリウッドのメジャー作品でした。
星ゾラ | 1,417 view
コカインで成り上がり、自滅していくアル・パチーノが哀れ・・・映画『スカーフェイス』

コカインで成り上がり、自滅していくアル・パチーノが哀れ・・・映画『スカーフェイス』

キューバ移民がコカイン密売で暗黒街のボスにのし上がり、そして自滅してゆくまでを描いた映画。監督はブライアン・デ・パルマ。脚本はオリバー・ストーン。主演はアル・パチーノ。ヒロインにはミシェル・ファイファーが起用され、その美女ぶりを発揮している。
ひで語録 | 1,156 view
これぞトリックなし本物アクションの醍醐味!『サンダーアーム』

これぞトリックなし本物アクションの醍醐味!『サンダーアーム』

派手なアクションを3Dや4Dで楽しむようになった最近の映画。CGやSFXの技術もすごいけど。ワイヤーアクションもかっこいいけれど。やっぱり本物のアクションだと思えるのはコレです。
かけつけ3杯 | 1,470 view
どこを切り取ってもオシャレ感が漏れてる映画『ビギナーズ』

どこを切り取ってもオシャレ感が漏れてる映画『ビギナーズ』

とにかくどこを切り取ってもオシャレ!!な映画『ビギナーズ』曲も衣装もダンスも楽しめます。
映画『ヤングガン』火を噴くコルト・リボルバー 人殺しなのになぜか愛される 21歳で21人殺した男ビリー・ザ・キッドの物語

映画『ヤングガン』火を噴くコルト・リボルバー 人殺しなのになぜか愛される 21歳で21人殺した男ビリー・ザ・キッドの物語

西部劇の人気者であるビリー・ザ・キッドの活躍を、当時若手の人気俳優を起用して青春活劇に仕上げた。位置づけはアイドル映画なのだろうが、個性豊かな若きガンマンたちの心の交流、ぶつかり合いなど人間描写も丁寧に描いている。
くれない | 993 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能