懐かしい70年代から90年代の実写映画版と漫画・テレビアニメ版を比較しながら振り返ります。ゴルゴ13・ルパン三世・ドカベン・火の鳥・みゆき・あいつとララバイ他
2015年11月10日 更新

懐かしい70年代から90年代の実写映画版と漫画・テレビアニメ版を比較しながら振り返ります。ゴルゴ13・ルパン三世・ドカベン・火の鳥・みゆき・あいつとララバイ他

懐かしい1970年代から90年代のアニメ・漫画の実写映画化作品のまとめです。アニメ・マンガと実写の比較をしながら振り返ります。

77,414 view

1970年代の漫画・テレビアニメ原作の実写映画版

テレビアニメ「あしたのジョー」

1970年 実写映画「あしたのジョー」

『あしたのジョー』(ビデオリリース時:『あしたのジョー...

『あしたのジョー』(ビデオリリース時:『あしたのジョー 実写版』)。1970年7月22日公開

出演(1970年)
矢吹丈 - 石橋正次
力石徹 - 亀石征一郎
白木葉子 - 高樹蓉子
丹下段平 - 辰巳柳太郎
西寛一(マンモス西) - 山本正明
ウルフ金串 - スピーディ早瀬
サチ - 溜呂木寿々江

あしたのジョー (実写版) - YouTube

1970年 実写版映画 あしたのジョー

漫画「ゴルゴ13」

ゴルゴ13 デューク東郷

ゴルゴ13 デューク東郷

『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の漫画。超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。1968年11月、小学館『ビッグコミック』誌で連載を開始し、現在も同誌に連載中。リイド社の単行本は2015年4月現在177巻を数える。
(出典:Wikipedia)

1973年 実写映画「ゴルゴ13」

ゴルゴ13(1973年)高倉健

ゴルゴ13(1973年)高倉健

『ゴルゴ13』は1973年12月29日に公開された映画。製作は東映。作者のさいとう・たかをは東映から映画化を打診されたが乗り気でなく、「無茶な条件を出せば、あきらめるだろう」と思い、「オール海外ロケ」「主演は高倉健」と条件を出したところ、東映がまるまる受け入れたので製作された。

高倉以外はすべて外国人俳優で日本人声優によるオール吹き替えがされ、ロケ地はパーレビ体制時代のイラン、同政府が製作協力に名を連ねた。

さいとうは綿密な脚本を書き演出の指定もしたが、監督の佐藤純弥は脚本通りに撮らなかったため、さいとうが思い描いた作品とは全く違うものができ、本作にさいとうは不満を抱いている。この映画の脚本は『増刊ゴルゴ』6号に掲載されている。

4億400万円の配給収入を記録、1974年(昭和49年)の邦画配給収入ランキングの第7位となった。
(出典:Wikipedia)
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/e4/d87c21f477a68f94bd4d61176a4f11d1.jpg (1458716)

テレビアニメ「ルパン三世」

ルパン三世

ルパン三世

『ルパン三世』(ルパンさんせい)は、モンキー・パンチ(原作)の漫画(1967年 - )および、その主人公の名前。怪盗ルパンの孫、ルパン三世を主人公に置いた、ナンセンス、コメディー、スラップスティックの要素を多分に含んだアクション作品である。
(出典:Wikipedia)

1974年 実写映画「ルパン三世念力珍作戦」

ルパン三世 念力珍作戦

ルパン三世 念力珍作戦

『ルパン三世 念力珍作戦』(ルパンさんせい ねんりきちんさくせん)は、モンキー・パンチの漫画『ルパン三世』を原作とし1974年8月3日に公開された実写版映画。

本作品でのルパンファミリーは、ルパン三世を目黒祐樹、次元大介が田中邦衛、峰不二子を江崎英子、銭形警部を伊東四朗がそれぞれ演じた。なお、原作の石川五エ門に相当する役は本作に登場しない。

ルパン役を演じた目黒は後年テレビ番組で「監督とも話し合った結果、原作の通りに作るのはまず無理との判断になったので、原作を意識せず好きなように作ってみようということになった」「個人的にはとても気に入っている役」「再び映像化するなら是非演じてみたい」とコメントしている。
(出典:Wikipedia)

テレビアニメ「野球狂の詩」

野球狂の詩

野球狂の詩

『野球狂の詩』(やきゅうきょうのうた)は、1972年から1976年に『週刊少年マガジン』に掲載された、水島新司の野球漫画。1997年に『ミスターマガジン』で『野球狂の詩 平成編』として復活、廃刊後は『コミックモーニング』に移籍、『野球狂の詩2000』、『新・野球狂の詩』として掲載された。
(出典:Wikipedia)

1977年 実写映画「野球狂の詩」

実写映画 野球狂の詩 水原勇気:木之内みどり

実写映画 野球狂の詩 水原勇気:木之内みどり

1977年に木之内みどり主演で日活で実写映画化。フジテレビ系で1977年にテレビアニメ化され、そのうちの1エピソード『北の狼南の虎』が1979年にアニメ映画として公開された。また1985年に斉藤由貴主演で、月曜ドラマランド枠にてテレビドラマ化された。
(出典:Wikipedia)
http://natsunokaze.altervista.org/img/other/pat/41-40_p.jpg (1458725)

95 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 📺 2020/4/30 07:28

    ドカベンのTVKオリジナル化
    タッチのGTVオリジナルなど
    第110回大会の2028年だの200回目2118年は5いっしょ3ちゃんねる版でやってほしい

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高橋留美子のドタバタラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかに!!

高橋留美子のドタバタラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかに!!

小学館が2022年で設立から100周年を迎えるのを記念し、高橋留美子のラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,428 view
舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

2020年2月に上演され大好評を博した舞台「キューティーハニーEmotional」の続編かつ最終決戦となる新作公演「キューティーハニー・クライマックス」の上演が決定しました。日程は2021年6月16日(水)~20日(日) 。
隣人速報 | 798 view
実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」にてセーラーマーキュリーを演じた女優・泉里香がこのたび、自身のインスタグラムにて黒猫の「ルナ」と再会した写真を投稿し、大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,944 view
25年ぶりの映画公開記念!スポニチから劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞が発売決定!

25年ぶりの映画公開記念!スポニチから劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞が発売決定!

スポーツニッポン新聞社(スポニチ)より『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞』の発売が決定しました。また、記念ウォッチやサマンサタバサのコラボアイテムも発表されています。
隣人速報 | 710 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 5,637 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト