2018年1月13日 更新

部屋にそびえる1mの城! スーパーロボット《マジンガーZ》が全高1mで立体化!操縦用メカと兜甲児も精密に再現!

またもやプレミアムバンダイ先生が登場。ロボットアニメ「マジンガーZ」放送開始45年を記念し、《マジンガーZ》を全高1mで立体化した《究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.》(145,800円 税込/送料・手数料別途)の予約受付が始まりました!

2,581 view

マジーーーーーーン………ゴォー!!

《究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.》

プレミアムバンダイ先生がまたまたやってきました!

巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」放送開始45年を記念し、劇中の10年後の世界を描いたアニメ映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の公開に合わせて、「マジンガーZ」を全高1mで立体化した『究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.』(145,800円 税込/送料・手数料別途)の予約受付を、映画公開日の2018年1月13日(土)13時に開始いたします。
〝果たしてマジンガーZは巨大ロボットアニメなのか〟というところにはこう、言葉のアヤというか、何も感じないと言えば嘘になるみたいなところがあります。

 まあ〝でもマジンガーZは巨大ロボットアニメ〟ですよね。たしかに間違っちゃいない。

商品特徴

究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレード...

究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.

 今回のウリはなんと言ってもその大きさ。
 全長なんと1m。
 〝比較対象がスマホなのはなにか理由があるのでしょうか〟

 あとはソフビ人形などではだしにくい《光沢》もひとつのポイント。
 こちらは黒と銀を基調にしたボディはもちろん、胸にある赤いパーツまで再現されています。当然頭部も。
 なお右手には《マジンガーブレード》を持たせることができます画像は持っている状態ですね。


 さて頭部の話がでましたので《パイルダー》の存在にも注目していきたい。こちらも細かくつくられています。
主人公・兜甲児(かぶとこうじ)がマジンガーZを操縦する際に乗り込む小型飛行メカ「パイルダー」も、「ホバーパイルダー」と後継機「ジェットパイルダー」の2種類を緻密に立体化しました。劇中同様にマジンガーZの頭部へドッキング(パイルダー・オン)が可能です。さらにパイルダーには、兜甲児フィギュアがそれぞれ乗り込んでおり、口を結んだ表情と「マジンゴー!」など劇中のセリフを叫んでいる表情の2種類を再現しています。
究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレード...

究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.

究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレード...

究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.

ホバーパイルダー

ホバーパイルダー

商品概要

・商品名  :究極造形シリーズSP マジンガーZ マジンガーブレードVer.
       ( http://p-bandai.jp/item/item-1000122218/?rt=pr )
・価格   :145,800円(税込)(送料・手数料別途)
・対象年齢 :15才以上
・セット内容:マジンガーZ本体、ホバーパイルダー、ジェットパイルダー、
       マジンガーブレード
・商品サイズ:縦113cm×横64cm×高さ(厚み)35cm
・商品素材 :PVC
・生産国  :中国
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他
       ( http://p-bandai.jp/?rt=pr )
・予約期間 :2018年1月13日(土)13時~2018年2月13日(火)23時予定
・商品お届け:2018年5月予定
・発売元  :株式会社プレックス
・販売代理店:株式会社ジーマ

(C)永井豪/ダイナミック企画

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。


・商品購入ページ: http://p-bandai.jp/item/item-1000122218/?rt=pr

《究極造形シリーズ》について

細部までこだわった精巧な作りを目指すため、全高約1mサイズに設計された大型フィギュアシリーズです。過去に、本商品の前身である「マジンガーZ」、「ウルトラセブン」、「帰ってきたウルトラマン」などの製作実績があります。

《マジンガーZ》について

1972年に漫画家・永井豪によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画作品、及びそれを原作とするTVアニメ。搭乗型巨大ロボットの祖となる作品で、多彩な武器と圧倒的な強さを誇る「マジンガーZ」の迫力と存在感、主人公「兜甲児」をはじめとする個性的なキャラクターが魅力です。
連載当時、爆発的な人気を博し、国内のみならずアジア、ヨーロッパ各地で多数のファンを獲得。今もなお熱狂的なファンが多く存在しています。
TVシリーズの10年後を描く新作劇場版アニメ「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」が、2018年1月13日(土)に公開開始いたします。

マジンガーZ最後の出撃?『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』予告編

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

1970年代の不朽の名作アニメ「マジンガーZ」が映画で復活!イメージビジュアルが公開

1970年代の不朽の名作アニメ「マジンガーZ」が映画で復活!イメージビジュアルが公開

永井豪原作のアニメ「マジンガーZ」が45年ぶりにスクリーンで復活する。今回、「マジンガーZ」の映画化が決定し、イメージビジュアルを公開した。
red | 5,141 view
マジンガーZ の原点回帰となる超合金が登場!!後期型マジンガーZの魅力を再現!!

マジンガーZ の原点回帰となる超合金が登場!!後期型マジンガーZの魅力を再現!!

株式会社バンダイから、永井豪氏の画業50周年、人気テレビアニメーション「マジンガーZ」の生誕45周年と、更に「超合金魂」生誕20周年を記念したトリプルアニバーサリー商品として、「マジンガーZ」の劇中に登場するロボット“マジンガーZ”を原点回帰のデザインで再現した「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」の発売が決定した。
red | 6,215 view
ついにインターネットに登場!「永井豪のヴィンテージ漫画館」がeBookJapanで配信開始。永井豪先生の製作秘話がまた読める!

ついにインターネットに登場!「永井豪のヴィンテージ漫画館」がeBookJapanで配信開始。永井豪先生の製作秘話がまた読める!

電子書籍販売サイトeBookJapanは、2017年に画業50周年を迎えた永井豪先生が作品の誕生秘話を明かす「永井豪のヴィンテージ漫画館」の配信を開始しています。価格は税込で432円ナリ。
『TAMASHII NATION 2017 オープニングセレモニー』/ 「秋葉原UDX」会場 -FUTURE ZONE-の内覧会レポート

『TAMASHII NATION 2017 オープニングセレモニー』/ 「秋葉原UDX」会場 -FUTURE ZONE-の内覧会レポート

バンダイの大人向けコレクターズ商品の統一ブランド「TAMASHII NATIONS」の10周年の集大成となるイベント「TAMASHII NATION 2017」が12月1日(金)から3日(日)に開催されます。「TAMASHII NATION 2017」のオープニングセレモニーと内覧会の様子をお伝えいたします。バンダイの最新技術で今後展開される懐かしのロボットアニメや特撮シリーズの人気キャラを沢山見ることが出来て大満足でした。
趣味の模型 | 897 view
創刊!週刊「20世紀Walker」powered by 20世紀交歓所 

創刊!週刊「20世紀Walker」powered by 20世紀交歓所 

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト