【和由布子】1980年代に美人女優として存在感を発揮!五木ひろしとのご結婚や惚れ惚れするセクシーショットをプレイバック!
2022年6月3日 更新

【和由布子】1980年代に美人女優として存在感を発揮!五木ひろしとのご結婚や惚れ惚れするセクシーショットをプレイバック!

1980年代に登場し、その美貌で多くの男性ファンを魅了した和由布子さん。演歌歌手として有名な五木ひろしさんと結婚され、芸能界から引退されましたが、その美しさは現在も健在ですよね。今回の記事では、そんな彼女の全盛期を振り返り、かつて披露された悩殺ショットもご紹介させていただきます。

2,803 view
内容&あらすじ
京都・原谷。料亭・蔦乃家の三姉妹、頼子、里子、槙子と女将のつねが、里子の夫で婿養子の菊雄を交え桜の咲き乱れる中、甘酒を飲んでいる。一行は二十歳で自殺した頼子の双子の・姉・鈴子の墓参りの帰りであった。忘れ物をして墓に戻った頼子は、そこで鈴子を自殺に追いやった男・熊倉と出逢う。鈴子の分身であった頼子にとって、彼は心底憎い男だった。つねは幾代も続いた老舗・蔦乃家の娘で芸妓となり、やがて京大の助手をしていた青年と恋をした。彼女は青年の子を宿していたが、生木を裂くようにして別れさせられ、生まれたのが鈴子と頼子である。そして、婿をとったつねは、里子と槙子を儲けるが、夫は幼い子供たちを残して他界したのだった。東京・銀座でクラブ・アジュールのママをしている頼子のもとに、熊倉が現われる。彼は昔、祇園で遊んでいた頃と変り、商売に失敗し落魄れはてていた。
『海に降る雪』

『海に降る雪』

公開:1984年
監督:中田新一
出演:和由布子
   田中隆三
   奥田瑛二
内容&あらすじ
今里塩子は、ボランティアを特集したTV番組に出演した際、効果音担当の井岡裕一と知り合う。塩子は秋田県出身で、旅行代理店に勤めていた。裕一は山形県出身である。2回目のデートで、裕一は塩子のアパートに泊まった。その日から、塩子の部屋で同棲生活が始まった。
『ねずみ小僧怪盗伝』

『ねずみ小僧怪盗伝』

公開:1984年
監督:野村芳太郎
出演:中村雅俊
   和由布子
   小川眞由美
   中条きよし
内容&あらすじ
女流文学者・与謝野ハル子がねずみ小僧の研究にと次郎吉とお駒を取材しにくる。二人は若い頃の回想を始めた。時は江戸時代。深夜の鐘がゴーンと鳴る頃、金竜寺境内にある麦とろ屋の一室から次郎吉が動き始める。彼は黒装束に身を包み、豪商の家を狙って金品を盗み出すねずみ小僧だったが、実のところ、夢遊病者であった。盗品は山のごとく集まり、次郎吉の姉・お駒がねずみ小僧となって盗品を貧しい人々に配って歩く。町中、ねずみ小僧の噂でもちきりだった。品川沖に黒船が控え外国使節を迎えている手前、貧民対策に躍起となっている幕府は、遠山の金四郎こと金さんにねずみ小僧退治をまかす。金四郎は年老いたむっつり右門にねずみ退治を命じた。

最近の和由布子さんの活動ぶり

五木ひろしさんとのご結婚を機に芸能界を引退した和由布子さん。彼女のその後の動向を追ってみると、松山さち子の名義で五木ひろしさんの所属事務所・五木プロモーションの社長に就任され、公私ともに夫のことを公支えているようですね。
彼女の近況やお子様のことを掲載した記事を発見しましたので、こちらでも紹介させていただきますね。
大手メディアの記事ではありませんが、写真付きで三人のお子様のことに触れていたりと信憑性はかなり高いと思われます。かつての美貌も健在で、すぐにでも女優に復帰できそうですよね。このご様子から察するに、この先、もう女優として活動することはなさそうですが、彼女が支える五木ひろしさんを応援していきたいと思います。
ご夫婦のこれからのご多幸・ご健勝を祈願して、とりあえず今回は記事を締め括らせていただきますね。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。今後とも気になる有名人を取り上げていきますので、また別の機会で皆さんとお会いできたら嬉しいです。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト