プーマ(PUMA)の代表作「クライド」が復活!70年代の名作シューズ!
2016年7月7日 更新

プーマ(PUMA)の代表作「クライド」が復活!70年代の名作シューズ!

プーマ(PUMA)を代表するアイコニックなシューズ「プーマ クライド」が復活。プーマストア各店舗などで発売が開始された。70年代を代表するスポーツシューズで、ヒップホップスターをはじめ、多くの人々に愛用されてきたシューズが「プーマ クライド」だ。

2,140 view

70年代の名作シューズ!プーマ(PUMA)の「クライド」が復活!

プーマ(PUMA)を代表するアイコニックなシューズ「プーマ クライド」が復活。
プーマストア各店舗などで発売が開始された。
復活する「プーマ クライド」

復活する「プーマ クライド」

1970年代を代表するスポーツシューズであり、ヒップホップスターやスケーター、Bboyをはじめ、90年代のパンクムーブメントのミュージシャンたちにも愛用されてきた「プーマ クライド」。

この人気シューズが生まれるきっかけは、バスケットボールプレイヤーのウォルト・クライド・フレイジャーが、プーマのスウェード製のシューズのカスタムメイドを要望したことだった。
YELLOW

YELLOW

BLACK

BLACK

RED

RED

【詳細】
プーマ クライド
販売店舗:プーマストア各店舗、プーマオンラインストア、プーマ取り扱い限定店舗

価格:13,000円+税

【問い合わせ先】
プーマ お客様サービス
TEL:0120-125-150

「プーマ クライド」とNBA選手「ウォルト・クライド・フレイジャー」

1968年メキシコ五輪、アメリカ代表で男子200m 金メダリストの「トミー・スミス」が着用していたスウェード製のトレーニングシューズがベースになっている「プーマ クライド」。

NBA選手のウォルト・クライド・フレイジャーのリクエストを最大限に開発に活かし、従来のプーマのシューズよりもワイズを広げ、バスケット用の新型ソールを搭載する全く新しいモデルであった。
アウトソールはデュラブル スター パターンと呼ばれる新しい意匠のカップソール。
ニューヨーク・ニックスで活躍したウォルト・クライド・フ...

ニューヨーク・ニックスで活躍したウォルト・クライド・フレイジャー

出典 ameblo.jp
彼がオン・コートで着用していたのは、Natural / Orange。
「ニューヨーク・ニックス」のチームカラーであるオレンジ、ブルーのシューレースにチェンジ、時には左右で色を変えて着用することもあったそうだ。

NBAではCLYDEだけが着用出来たスニーカーだが、多くのカラー バリエーションを発表することでチーム カラーに対応出来たことから多くのアスリートにも着用された。

そして当時のアメリカでも黎明期だったヒップホップシーンに波及していった。
クライドは愛称!

クライドは愛称!

白人のヒップホップグループ「Beastie Boys」...

白人のヒップホップグループ「Beastie Boys」もよく履いていた!

出典 ameblo.jp

プーマ(PUMA)とアディダス(adidas)は兄弟喧嘩で始まった!

プーマ(PUMA)の歴史は1920年、ドイツのニュルンベルクにて靴職人の息子として生まれた、兄のルドルフ・ダスラーと弟のアドルフ・ダスラーの2人は共同で資金を出し合って、製靴会社である「ダスラー兄弟商会」という会社を設立しビジネスをスタートさせた事に始まる。

兄のルドルフは販売部門を担当し、弟のアドルフは製造部門を担当した。
ダスラー兄弟が居なければスポーツアパレルの歴史は変わっ...

ダスラー兄弟が居なければスポーツアパレルの歴史は変わっていた!?

営業販売が中心のルドルフと、職人気質で無口なアドルフの間では頻繁に意見が食い違い、それがキッカケで、1948年にダスラー兄弟商会は分裂を余儀なくされた。

販売員の多くはルドルフについて行き、靴職人の多くはアドルフについていった。

兄のルドルフ・ダスラーはルドルフの「RU」とダスラーの「DA」を採って【RUDA】というスニーカーブランドをスタートさせたが、1年後にはもっとフットワークの軽快なイメージを持ちたいとなり社名をプーマ(Puma)に変更した。

また、弟のアドルフはルドルフと川の対岸に工房を構え、愛称の「アディ」と苗字の最初の3文字(Das)を合わせて社名をadidas【アディダス】というスニーカーの製造を開始させた。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 2,178 view
クラシック&シックな大人の定番スニーカー 5選

クラシック&シックな大人の定番スニーカー 5選

世界的なアスレジャー(「athletic(アスレチック)=競技」と「leisure(レジャー)」=余暇」を組み合わせた造語)ファッションの流行で、クラシックな定番スニーカーも大ブレイクしています。クラシック&シックな大人のスニーカースタイルとして今でも大人気の70・80年代モデルのスニーカーを振り返ってみましょう。2014年以降のレトロシューズブームに乗って特にクラシックな白スニーカーは大人気です。
ガンモ | 13,529 view
グラミー賞も獲得!白人ヒップホップの先駆者と言えばビースティ・ボーイズ!

グラミー賞も獲得!白人ヒップホップの先駆者と言えばビースティ・ボーイズ!

ニューヨークで結成されたパンク、ラップの3人組グループ「ビースティ・ボーイズ」。黒人の音楽と言われたヒップホップで最初に成功した白人グループとして知られる。リーダー的存在のエムシーエー(MCA)は2012年に亡くなってしまった。
ひで語録 | 1,605 view
映画公開40周年記念!「劇場版 エースをねらえ!」が東京・ユジク阿佐ヶ谷にて特別上映決定!!

映画公開40周年記念!「劇場版 エースをねらえ!」が東京・ユジク阿佐ヶ谷にて特別上映決定!!

株式会社トムス・エンタテインメントは「劇場版 エースをねらえ!」の劇場公開40周年を記念し、東京・ユジク阿佐ヶ谷にて同映画の特別上映を決定しました。期間は3月8日(金)から3月15日(金)まで。
隣人速報 | 457 view
日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

相模ゴム工業株式会社が、全国を対象におこなった調査「ニッポンのセックス2018年版」の結果を特設ページで発表しました。果たして現代人のセックスはどうなっているのでしょうか?
隣人速報 | 17,195 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト