【泉じゅん】ポルノ女優として1970年代に活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ
2020年5月8日 更新

【泉じゅん】ポルノ女優として1970年代に活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

当時は可愛らしい表情や美しいスタイルで人気だった女優・泉じゅんさんをピックアップして、その経歴やエピソード・代表作を紹介していきたいと思います。アイドルにも負けない容姿で、ポルノ女優だったことが信じられないほどの存在です。ぜひ記事をご覧になって、泉じゅんさんの魅力を知ってください。

54,971 view

可愛らしくて魅力的な泉じゅんさん

泉じゅんさんのプロフィール

泉じゅんさんのプロフィール

本名  :結城 由紀子
     (旧姓:飯島)
生年月日:1956年9月6日
出生地 :東京都江戸川区
血液側 :B型
職業  :女優
活動期間:1976年~

泉じゅんさんの略歴

東京都江戸川区に生まれ、都内の公立高校を卒業すると女優業を目指すようになります。1976年に日活ロマンポルノの映画作品『感じるんです』の主役に抜擢され、本格的に芸能界デビューを果たすと、美しいルックス・スタイルが話題となりました。
『感じるんです』以降はロマンポルノから離れ、一般の映画・テレビドラマにも出演するようになりますが、1980年の『百恵の唇・愛獣』をきっかけに次々とロマンポルノ作品に出演していきます。
その可愛らしい容姿と美しいヌードから、ロマンポルノの中でも人気を集める女優となり、主演をつとめた映画作品は次々にヒットしていきました。テレビドラマの仕事も増えていき、『大捜査線』『西遊記』『水戸黄門』といった人気番組にもゲスト出演されています。

泉じゅんさんの代表作

映画

『感じるんです』

『感じるんです』

公開:1976年
監督:白鳥信一
脚本:吉原幸夫
出演:泉じゅん
   水城ゆう
   岡本麗
   絵沢萌子
   坂本長利

あらすじ

洋裁学院生のジュンは、ある日、弟のチンが自分のことを見て自慰していることに衝撃を受けます。そして、男性との性行為が日常茶飯事だった友人のパンコに声をかけ、相手をするようにお願いするのでした。すると、パンコは代わりに兄の憲ちゃんと付き合ってほしいと言い出したので、四人でハイキングに出掛けることになりました…

おすすめポイント

泉じゅんさん主演のデビュー作。原作者である泉大八、役名のジュン、この二つの要素から泉じゅんという芸名が生まれました。そういった意味でも、女優としての原点といえる映画作品といえるでしょう。
若い男女の情事に刺激され、初々しいながらも激情に飲まれ、そのまま身体を委ねてしまう姿が堪らないです。
『百恵の唇・愛獣』

『百恵の唇・愛獣』

公開:1980年
監督:加藤彰
出演:泉じゅん
   日向明子
   村川めぐみ
   小林稔侍

あらすじ

人気歌手の夏明美が所属する芸能プロダクションの社長・吉岡は、政治家や金と女を使って今年のレコード大賞を内定させていました。しかし、ライバルである五木陽子の存在は確約している内定を脅かす不安要素だったため、スキャンダルを掴んだり、あらゆる手段をつかって蹴落とそうとするのでした…

おすすめポイント

前作『感じるんです』の清純さを残す印象とはかけ離れた内容です。黒い欲望が渦巻いた世界観で、同性愛・強姦・薬物・道具責めといった濡れ場が詰め込まれています。
現在では大物俳優として有名な小林稔侍さんも出演されていて、お尻まる出しで、大胆な情事を演じているのも見逃せないポイントです。
『天使のはらわた・赤い淫画』

『天使のはらわた・赤い淫画』

公開:1981年
監督:池田敏春
出演:泉じゅん
   阿部雅彦
   伊藤京子

あらすじ

アダルト雑誌のモデルになってしまい、恋人や仕事をも失ってしまった女性の姿を描いた物語です。そんな主人公に近づいてきたのは、アダルト雑誌を見て想いを寄せていた若い男性。大都会に蠢く闇と奈落の底に落ちていく女性…

おすすめポイント

64 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年~90年代に2時間ドラマなどを中心に活躍した!『南條玲子』が懐かしい!!

80年~90年代に2時間ドラマなどを中心に活躍した!『南條玲子』が懐かしい!!

80年~90年代にかけて2時間ドラマなどを中心に活躍されていた女優、南條玲子さんをご存知だろうか?何年かメディアで見なくなり気になり調べてみました。
ギャング | 6,680 view
宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

いつの時代も観る者を惹きつける女優のヌード。体当たり演技のひとつとして、高く評価されることも多いですよね。そんなヌードを10代のうちから披露していた方々が意外に多いのをご存知でしょうか?
となりきんじょ | 170,195 view
日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノは1971年(昭和46年)11月に『団地妻 昼下りの情事』(白川和子主演)と、『色暦大奥秘話』(小川節子主演)を第1作としてスタートしました。以降、谷ナオミ(初代SMの女王)、田中真理、宮下順子、原悦子、泉じゅん、鹿沼えり、東てる美、高倉美貴、朝比奈順子、風祭ゆき、水原ゆう紀、美保純、可愛かずみ・・・数多くのスター女優が生れました。伝説の日活ロマンポルノの世界を支えた人気女優55名を振り返ってみましょう。
ガンモ | 742,232 view
日活ロマンポルノが45周年!第1作「団地妻 昼下りの情事」の白川和子や若手女優が記念イベントに登場!

日活ロマンポルノが45周年!第1作「団地妻 昼下りの情事」の白川和子や若手女優が記念イベントに登場!

1971~88年に1100本が製作された成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」。第1作「団地妻 昼下がりの情事」が公開されてちょうど45年となる20日、記念イベント「リブート新作公開直前!~ロマンポルノ誕生45周年記念イベント~」が行われた。
80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」。白川和子や小川節子、美保純、可愛かずみらを輩出した成人映画シリーズだった。今年、生誕45周年を迎えるにあたって始まったロマンポルノリブートプロジェクト。その予告映像が公開されている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト