さくらももこ脚本!「谷口六三商店」って知ってる?
2020年5月19日 更新

さくらももこ脚本!「谷口六三商店」って知ってる?

ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんがテレビドラマの脚本も手掛けたことがあるのをご存じですか?その名も「さくらももこランド・谷口六三商店」。昭和を感じさせるようなホームドラマでキャストも豪華なんですよ。「谷口六三商店」のキャストやあらすじを振り返ってみましょう。

221 view

「さくらももこランド・谷口六三商店」とは?

1993年4月から6月までTBS系で火曜21時から放送されていたドラマです。脚本はさくらももこさん。漫画が原作のドラマはたくさんありますが、漫画家がドラマの脚本を手掛けるなんてなかなかないですよね。

当時はちびまる子ちゃんがりぼんで連載中でした。漫画の連載とドラマの脚本を両立させるなんてすごいですよね。さらにエッセイ本なども出版していましたからね。

「谷口六三商店」は、「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」など昭和のホームドラマを思い出すような作品です。まさに、ちびまる子ちゃんの時代ですよね。それだけでなく、ギャグも多くコメディ要素もありました。今までにないような斬新なドラマでしたよ。

「谷口六三商店」はDVD化されておらず、動画サイトで配信もされていません。ですが時々BSのTBSチャンネルで再放送されています。見て見たい方はチェックしてみてください。

キャストも豪華!

「谷口六三商店」は老舗の煎餅店。店主の谷口六三とその妻、そしてその息子と妻、息子夫婦の3人の子供が住む7人家族です。

キャストは以下の通り。

谷口六三:泉谷しげる
谷口ヨシ(六三の嫁):もたいまさこ
谷口康男(六三の息子):西岡徳馬
谷口初枝(康男の嫁):市毛良枝
谷口明子(康男の長女):夏川結衣
谷口真一(康男の長男):加勢大周
谷口晴子(康男の次女):相楽晴子
サビィ・プラカーシュ(真一の嫁):鷲尾いさ子

他にも荒井注さん、柄本明さん、羽野晶紀さん、古田新太さんなどが出演されています。豪華ですよね。ゲストで間寛平さん、ジミー大西さん、バカルディ(現さまぁ~ず)、たまなども出演しています。さらにナレーションは岸田今日子さんなんですよ。

祖父母と父母のキャスティングがすごい!

谷口六三を演じた泉谷しげるさん、ヨシを演じたもたいまさこさんは当時実年齢40代でしたが、70代の役を演じていました。ですがメイクをしっかりしていて本当におじいちゃん、おばあちゃんに見えるんですよ。

実年齢より30歳近く上の役を演じることなんてなかなかないですよね。それだけでなく、息子夫婦を演じた西岡徳馬さん、市毛良枝さんも同年代なんです。

実年齢は西岡徳馬さん、泉谷しげるさん、市毛良枝さん、もたいまさこさんの順なんです。自分より若い人が子ども役なんてなんとも不思議な感じだったでしょうね。この独特なキャスティングもさくらももこさんらしい感じがします。

主題歌はYMO

Amazon.co.jp: ポケットが虹でいっぱい: ミュージックストア (2191020)

主題歌はYMOの「ポケットが虹でいっぱい」です。YMOが再結成して最初のシングルでした。英題は「Pocketful of Rainbows」でエルヴィス・プレスリーのカバー曲です。初めからこのドラマの主題歌になることが決まっていたので、それに合わせたアレンジをされています。

ちなみに、初めはYMOのメンバーにドラマ出演してくれないかと依頼したのですが断られてしまい、代わりに日本のバンド「たま」が出演したそうです。

「谷口六三商店」は毎回数多くの挿入歌も使われています。挿入歌はキャストが歌うんですよ。「うらみ・ます」、「神田川」、「結婚しようよ」など昭和のヒット曲が多く、どんな曲が出てくるのかも毎回楽しみでした。「おどるポンポコリン」も登場しますよ。

谷口六三商店のあらすじ

谷口六三は怒りっぽい性格の煎餅職人。妻は明るく優しい性格です。その息子、康男は少々頼りないですが、妻の初枝はしっかりものでした。

康男と初枝には3人の子どもがいます。ちょっとおバカな長女明子、広告代理店に勤める頭がいいけど世間知らずなところがある長男真一、そしてチャキチャキした江戸っ子気質の次女晴子。この7人が同居しているというだけで楽しいコメディになるのが想像つきますよね。

ある日、真一は結婚したい人がいるといって一人の女性を連れてきます。それはインド人のサビィ・プラカーシュ。2人は仕事関係で知り合い、恋愛に発展しました。サヴィは親日家の家庭ですごし、子どものころから日本に憧れていたので真一との結婚を心に決めたのです。

突然の結婚宣言、しかも国際結婚に家族は大パニック。特に六三と晴子が猛反対します。2人とも江戸っ子気質ですから、インド人の嫁なんて受け入れられないというのは分かる気がしますね。六三はいずれはお店を真一に継いでほしいと考えていたのです。

最初は結婚に反対していた六三ですが、次第に2人を認めます。さらに、サヴィのお中には赤ちゃんがいることが判明。2人は結納することになるのですが、サヴィの家族が結納の品として送ってきたのはなんとインド象でした。

サヴィを受け入れた家族たちですが、文化の違いはその後もさまざまな問題になってきます。江戸っ子の家族とインド人の嫁とのトラブルなどをコメディタッチで描いた作品です。ベースはホームドラマなので心温まるところもたくさんありますよ。

昔の作品ですが、今見ても面白く楽しめます。さくらももこさんのファンの方はもちろん、そうでない人も機会があったら一度見て見てください。


14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

お宝映像あり⁉見どころ満載『毎度おさわがせします 2』

お宝映像あり⁉見どころ満載『毎度おさわがせします 2』

好評だった『毎度おさわがせします』続編。前回から2年、少し成長したのどかと徹。今回も思春期真っ最中のドタバタ、ハチャメチャ…そして、ちょっとエッチなおさわがせな日常のはじまりです。大人っぽくなった徹に注目しつつも、さらに可愛くなったのどかから目が離せません。
annosuke | 7,930 view
『絵本 まるコジ』発売記念!まる子とコジコジの初フェア&コラボカフェ実施!

『絵本 まるコジ』発売記念!まる子とコジコジの初フェア&コラボカフェ実施!

まる子とコジコジの絵本発売を記念し、物販イベント「まる子とコジコジフェア」とコラボレーションカフェ「MARUKO & COJICOJI CAFE」が実施されます。
「たかなシアター六番街」-ちびまる子ちゃんのブラック回-

「たかなシアター六番街」-ちびまる子ちゃんのブラック回-

たかなシアター六番街、今回は国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」のブラック回(80年代後半~)を紹介します。
たかなし亜妖 | 3,832 view
ちびまる子ちゃんの新作がりぼんに掲載決定!今国民的アニメの部屋の間取りも話題に!

ちびまる子ちゃんの新作がりぼんに掲載決定!今国民的アニメの部屋の間取りも話題に!

2018年に亡くなった、さくらももこの代表作として名高い漫画「ちびまる子ちゃん」の新作「ちびまる子ちゃん ハロウィンパーティーをやろうの巻」が、少女漫画雑誌「りぼん」11月号(10月3日発売)に掲載されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 442 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 2,418 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト