【追悼・洋画】2022年に惜しまれつつこの世を去った有名俳優たち
2023年1月16日 更新

【追悼・洋画】2022年に惜しまれつつこの世を去った有名俳優たち

2022年、世界の映画界を代表する名優たちがこの世を去りました。映画好きなら一度は目にしているであろう有名俳優ばかりで、数多の名演技が今も記憶に残っています。今回は、2022年に亡くなった俳優の中から、日本でもおなじみの人気映画に出演した6名を追悼します。

430 view

ウィリアム・ハート

生誕:1950年3月20日
死没:2022年3月13日(71歳)


ウィリアム・ハートは、1980年のSFホラー映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』の主演でブレイク。1981年には『白いドレスの女』、1983年には『再会の時』に出演し、活躍の場を広げます。

そして、世界的な名声を獲得したのが1985年。主演映画『蜘蛛女のキス』での演技が好評を博し、アカデミー賞主演男優賞英国アカデミー賞主演男優賞カンヌ国際映画祭男優賞など、各国の主だった男優賞を総なめにしました。1986年の『愛は静けさの中に』、1987年の『ブロードキャスト・ニュース』でもアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、「3年連続主演男優賞ノミネート」を記録しています。

亡くなる直前まで、現役の俳優として活躍しました。

映画『蜘蛛女のキス』トレーラー

ジャック・ペラン

生誕:1941年7月13日
死没:2022年4月21日(80歳)


ジャック・ペランは、フランスの俳優、映画制作者で、1960年代には、ヴェネツィア国際映画祭男優賞、アカデミー外国語映画賞を受賞するなど、若手の頃から活躍していました。

日本で有名な役柄といえば、1988年のイタリア映画『ニュー・シネマ・パラダイス』で演じた、大人のトト(サルヴァトーレ)役。映画のクライマックスで、恩人のアルフレードが残した形見のフィルムを観て涙するシーンは、映画史上最も感動的なエンディングの一つと言えるでしょう。

『ニュー・シネマ・パラダイス』のエンディング

レイ・リオッタ

生誕:1954年12月18日
死没:2022年5月26日(67歳)


レイ・リオッタは、1986年のコメディ映画『サムシング・ワイルド』での強烈な演技で注目を集めブレイク。その後、サイコパスから好青年まで様々な役柄をこなし、個性的俳優として人気を確立します。

1990年の『グッドフェローズ』で演じた実在のマフィア、ヘンリー・ヒル役や、1991年の『フィールド・オブ・ドリームス』で演じた実在のMLB投手、シューレス・ジョー・ジャクソン役、2001年の『ハンニバル』で演じた司法省役人役などが有名です。

映画『Dangerous Waters』の撮影で訪れていたドミニカ共和国で急逝しました。

レイ・リオッタの演技トップ10

ジェームズ・カーン

生誕:1940年3月26日
死没:2022年7月6日(82歳)


ジェームズ・カーンの出世作といえば、史上最も有名なアメリカ映画の一つ、1972年の『ゴッドファーザー』でしょう。彼が演じたのは、コルレオーネ一家の長男で、熱く気性の激しいソニー役。敵の罠にはまり、蜂の巣のように銃殺されるシーンはあまりにも衝撃的でした。本作の演技で、共演したロバート・デュヴァル、アル・パチーノとともに、3人同時にアカデミー賞助演男優賞にノミネートされています。

他の出演作品では、1981年のフランス映画『愛と哀しみのボレロ』、1992年の『ハネムーン・イン・ベガス』、1995年の『イレイザー』などが有名です。

映画「ゴッドファーザー」よりソニー・コルレオーネ暗殺シーン

ルイーズ・フレッチャー

生誕:1934年7月22日
死没:2022年9月23日(88歳)


ルイーズ・フレッチャーの当たり役といえば、1975年の映画『カッコーの巣の上で』でのラチェッド看護婦長役でしょう。精神病院を執拗なまでに取り締まり、患者を追い詰める悪役婦長は、誰もが憎むキャラクターでした。その演技が評価され、アカデミー賞では主演女優賞を受賞。また、AFIが企画した「100人のヒーローと悪役」では、悪役の第5位に選出されています。

その悪役ぶりとは対照的に、アカデミー賞の受賞スピーチでは、聴覚障害者の両親に向けて手話で感謝の言葉を述べました。史上最も感動的な受賞スピーチの一つとして、今も語り継がれています。

他の出演作品では、1977年の『エクソシスト2』、1983年の『ブレインストーム』などでの好演が有名です。

ルイーズ・フレッチャーのアカデミー賞受賞スピーチ

ロビー・コルトレーン

生誕:1950年3月30日
死没:2022年10月14日(72歳)


ロビー・コルトレーンの役柄で記憶に新しいのは、ハリー・ポッターシリーズルビウス・ハグリッド役。2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』から、2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで約10年間、シリーズ8作品に出演しました。

他の作品では、ピアース・ブロスナン時代の007シリーズ『ゴールデンアイ』『ワールド・イズ・ノット・イナフ』で演じたロシアのマフィア、ズコフスキー役もおなじみです。2001年の『フロム・ヘル』、2004年の『オーシャンズ12』などの人気映画にも出演していました。

ロビー・コルトレーンを偲んで

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【追悼・洋画】2023年に惜しまれつつこの世を去った有名俳優たち

【追悼・洋画】2023年に惜しまれつつこの世を去った有名俳優たち

2023年、世界の映画界を代表する名優たちがこの世を去りました。映画好きなら一度は目にしているであろう有名俳優ばかりで、数多の名演技が今も記憶に残っています。今回は、2023年に亡くなった俳優の中から、日本でもおなじみの人気映画・テレビドラマに出演した6名を追悼します。
izaiza347 | 548 view
【追悼・洋楽】2022年に惜しまれつつこの世を去った有名アーティストたち

【追悼・洋楽】2022年に惜しまれつつこの世を去った有名アーティストたち

2022年、世界の音楽業界でも、著名なアーティストたちがこの世を去りました。日本でおなじみのアーティストも多く、年齢的にはまだ若い人も。。。今回は、2022年に亡くなったアーティストの中から、生前世界的ヒットを記録した7名を追悼します。
izaiza347 | 603 view
【2022年】人気記事TOP10をご紹介!

【2022年】人気記事TOP10をご紹介!

2022年を彩った数々の人気記事。その中からPV数の上位10記事をランキング形式でご紹介します。懐かしい人や流行ばかりのラインナップとなっております!
【愛と哀しみの果て】第58回(1986年度)アカデミー賞を振り返る!【ウィリアム・ハート】

【愛と哀しみの果て】第58回(1986年度)アカデミー賞を振り返る!【ウィリアム・ハート】

1986年と言えば、第12回先進国首脳会議(東京サミット)が開催された年。チェルノブイリ原子力発電所事故や スペースシャトルのチャレンジャー号爆発事故など大きな事故が続く年でもあった。そんな1986年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 250 view
【カッコーの巣の上で】第48回(1976年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

【カッコーの巣の上で】第48回(1976年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

1976年と言えば、ロッキード事件が発覚した年。 政界に激震が走った一方で、モントリオールオリンピックが行われた年でもあった。そんな1976年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 739 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト