日本初の声優専門事務所・青ニプロダクションってどんな会社?
2021年12月8日 更新

日本初の声優専門事務所・青ニプロダクションってどんな会社?

数々の有名声優が在籍している声優事務所「青二プロダクション」。今ではたくさんの事務所がありますが、声優専門の芸能事務所は青二プロダクションが初めてだったんですよ。その歴史や所属している声優さんをまとめてみました。

187 view

青二プロダクションとは?

青二プロダクションは、東京俳優生活協同組合のマネージャーをしていた久保進さんが、1969年に設立した会社です。

久保さんは元々東京俳優生活協同組合で東映動画(現:東映アニメーション)の仕事を中心にしていました。声の仕事をする俳優さんをキャスティングしていたという訳ですね。

ですから声の仕事を専門とする芸能事務所を立ち上げたいという思いで青二プロダクションを立ち上げたそうです。設立当初は東映動画とのかかわりが深かったんですよ。1990年代までは東映動画のアニメ作品に出演している声優の半分は青二プロダクション所属でした。キャスティングにも関わっていたためクレジットに「協力:青二プロダクション」とのっている作品がほとんどです。

1996年からは東映関連のプロダクションもキャスティングを行うようになってきました。東映だけでなく、他のアニメ会社が制作したアニメやゲームでもキャスティングを行うことがありました。単なる声優事務所ではなく、アニメ制作にしっかりかかわってきたんですね。

青二プロダクションの名前の由来

「青二プロダクション」という名前は一度きくと結構耳に残りますよね。

名前の由来ははっきりわからないのですが「南青山二丁目に事務所があった」という説が有力です。(現在は北青山三丁目に移転しています)他には「青二才」からとった、という説もあります。どちらの意味も持っているのかもしれませんね。

1982年に「青二塾」を設立

1982年には付属の声優養成所「青二塾」を設立しました。声優の後継者を自分たちの手で育てよう!というのがコンセプトだそうです。

青二プロダクションの基本理念は「優れた声優は優れた俳優でもある」ですから、青二塾ではまず俳優を育成するというのがポリシーです。

そのため、他の声優養成所よりも敷居が高く、試験も難しいそうです。

現在は東京校1部、東京校2部(夜間)、大阪校の3校があり、それぞれ有名声優を数多く輩出していますよ。ただ入塾のテストも難しいですが、さらに青二プロダクションに所属するための試験は難しいそうです。それだけ厳選しているので、実際に現場で活躍する声優さんになっているのでしょうね。

東京校の初代塾長は久松保夫さんですが、4月に開校し、6月に亡くなっています。その後、青二プロダクションの創始者である久保進さんが引き継ぎ、北川米彦さんが1984年から2018年まで長く塾長を務められました。

その後1年間は古市利雄さんが塾長代行となり、2019年からは古川登志夫さんが塾長を務められています。現在も人気声優として活躍しながら、後輩の育成もされているんですね。

他にも数々の人気声優さんが講師、特別講師として後輩の育成につとめています。青二塾出身の声優さんが今は講師として活動されていることも。まさに憧れの存在ですね。現役の声優さんから直々に教えてもらえるというのはすごいですよね。

青二プロダクション所属の声優

青二プロダクションに創立当時から所属していたメンバーは以下の通りです。

北川米彦、永井一郎、柴田秀勝、野田圭一、山本圭子、山口奈々、坪井章子、矢田耕司、八奈見乗児、津田延代、久松保夫(初代青二塾塾長)、野沢雅子、富田耕生、大竹宏、千々松幸子、田の中勇、はせさん治

現在も現役で活躍されている方も多いですよね。もちろん初めから有名だったわけではなく、青ニプロダクションで数々の仕事をすることで実力と知名度を上げていったのでしょう。

現在もたくさんの声優さんが所属されていますが、選抜してご紹介させていただくと以下の通りです。

岩田光央、置鮎龍太郎、落合福嗣、神谷浩史、草尾毅、島崎信長、中井和哉、古川登志夫、古谷徹、緑川光、国府田マリ子、沢城みゆき、田中真弓、水田わさび

以前は1作品の半分が青ニプロダクションということもあったそうですが、青ニプロダクションだけでもたくさんのアニメが作れそうなほどのメンツですよね。

独立して事務所を立ち上げた人も

数多くの声優が所属する青ニプロダクションですが、もちろんやめていった人も数多くいます。

1979年には青二プロダクションから声優16名、スタッフ6人が独立して「ぷろだくしょんバオバブ」を立ち上げました。

こちらのメンバーも豪華で、以下の通りです。

富田耕生、富山敬、小原乃梨子、神谷明、井上和彦、肝付兼太、緒方賢一、吉田理保子、千々松幸子、加藤修、水島裕、清水マリ、北浜晴子、野沢雅子、三ツ矢雄二、山田俊司

青ニプロダクションに比べると少し規模は小さくなりますが、養成所もあり大きな声優プロダクションで今もたくさんの声優さんが所属されています。

野沢雅子さんはその後個人事務所を立ち上げますが、最終的に青二プロダクションの戻っています。

他には松尾銀三さんが立ち上げた「銀プロダクション」、ナレーション部門担当の社員が立ち上げた「アトゥプロダクション」があります。

かつては紅屋25時、オフィスもりという事務所もありましたよ。
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

セクシーな声から男らしい声まで!声優・緑川光さんのお仕事まとめ

セクシーな声から男らしい声まで!声優・緑川光さんのお仕事まとめ

「SLAM DUNK』の流川楓、「蒼き伝説シュート!」の田中俊彦役が有名な緑川光さん。様々な声で演技ができるのが魅力的な声優さんですよね。今回は緑川光さんのお仕事をまとめてみました。
saiko | 296 view
父親も声優!大塚明夫さんのお仕事まとめ

父親も声優!大塚明夫さんのお仕事まとめ

アニメや洋画の吹き替えで活躍されている声優の大塚明夫さん。父親は同じく声優の大塚周夫さんです。二世声優というのはまだ珍しいですよね。大塚明夫さんのお仕事や父親との関係まとめてみました。
saiko | 218 view
OVA版【超機動伝説ダイナギガ】人気声優バラエティ番組『渋谷でチュッ!』から誕生した巨大ロボット&美少女ものアニメ!

OVA版【超機動伝説ダイナギガ】人気声優バラエティ番組『渋谷でチュッ!』から誕生した巨大ロボット&美少女ものアニメ!

全2話の完全オリジナルアニメとして制作された『超機動伝説ダイナギガ』。当時、人気の声優が出演していたバラエティー番組『渋谷でチュッ!』から企画が生まれ、具現化されたコンテンツです。アニメ制作に先行してラジオドラマも制作されています。今回の記事では、OVA版『超機動伝説ダイナギガ』について、本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきます。
tsukumo2403 | 171 view
晩年も数々のアニメ作品に出演!声優・石塚運昇さんのお仕事まとめ

晩年も数々のアニメ作品に出演!声優・石塚運昇さんのお仕事まとめ

2018年に67歳で亡くなった石塚運昇さん。人気声優でも年を重ねるとアニメの出演本数が減っていくものですが、石塚さんは晩年までたくさんのアニメ作品に出演されていました。石塚運昇さんの出演作品とその魅力を振り返ってみましょう。
saiko | 186 view
実は子役出身!声優・岩田光央さんのお仕事まとめ

実は子役出身!声優・岩田光央さんのお仕事まとめ

映画版「AKIRA」の主人公で知名度を上げた声優の岩田光央さん。声優デビューしたのは16歳とかなり若いのですが、その前に子役としても活動されていました。岩田光央さんの俳優のお仕事、声優のお仕事をまとめてみました。
saiko | 187 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト