最も買いづらいタイトルだったエロ雑誌「漫画エロトピア」!
2016年2月22日 更新

最も買いづらいタイトルだったエロ雑誌「漫画エロトピア」!

強烈なタイトルのエロ漫画雑誌「エロトピア」!日本初の官能劇画雑誌で有名でしたが、のちには時代の波に乗り、ロリコン美少女漫画がメインに変遷していきました。

44,779 view

「漫画エロトピア」とは?!

『漫画エロトピア』(まんがエロトピア)はKKベストセラーズ、分社された後はワニマガジン社から発行された成人向け漫画雑誌。最初の官能劇画誌とされる。1973年に創刊し、2000年に休刊した。前田俊夫の「超神伝説うろつき童子」や、ふくしま政美の「女犯坊」といった連載漫画が人気を博した他、ヌードグラビアページがあった。
ベストセラーズKK 漫画エロトピア1978年6月15日号

ベストセラーズKK 漫画エロトピア1978年6月15日号

「エロトピア」というタイトルはあまりにも直接的で、当時思春期だった男子には買いづらかった記憶があるのではないでしょうか?いかにもエロ本という、代名詞的存在になっていました。

その名の意味は

昭和の時代に創刊された日本初の官能劇画誌エロトピア。野坂昭如氏が”エロスのユートピアたれ”との意で名付けたという
野坂昭如

野坂昭如

命名は「火垂るの墓」の野坂昭如。
文春文庫 エロトピア 〈1〉

文春文庫 エロトピア 〈1〉

この本に「ポーノトピアという言葉はあっても、エロトピアはなく、ぼくの新造語である」と後書きに残している。

官能劇画雑誌として不動の地位を築く

うろつき童子 1 (ワニマガジン コミックス)

うろつき童子 1 (ワニマガジン コミックス)

出版社: ワニマガジン社
ISBN-10: 4898290361
ISBN-13: 978-4898290361
発売日: 1986/11
著者 前田俊夫
女犯坊 第一部 怒恨鉄槌編

女犯坊 第一部 怒恨鉄槌編

出版社: 太田出版 2013/11/1
作画 ふくしま政美
原作 滝沢解
悪の華 (上村一夫ビブリオテーク)

悪の華 (上村一夫ビブリオテーク)

出版社: まんだらけ (2012/10)
ISBN-10: 4860720946
ISBN-13: 978-4860720940
発売日: 2012/10
著者 岡崎 英生
イラスト 上村 一夫

前期の表紙画は横山明

 (1580048)

スーパーリアリズムとして一世を風靡した人で、この時代にして非常に高い画力を持った作家です。
横山明のイラストレーション

横山明のイラストレーション

グラフィック社
1983/01

美少女マンガ雑誌に転換

当初は劇画調の作品が中心だったが、1980年代後半よりロリコンマンガの影響を受け、アニメ調の絵の作品が中心となっていき、当初横山明によるリアルな女性のイラストだった表紙イラストも、1980年代後半からは遊人が手掛けるようになった。
燃えよ鉄人 1

燃えよ鉄人 1

発売日 1989年1月
出版社 ワニマガジン社
著者 MEE
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【美少女漫画家:遊人】みんな隠れてでも読みたかった「ANGEL」「校内写生」「桜通信」

【美少女漫画家:遊人】みんな隠れてでも読みたかった「ANGEL」「校内写生」「桜通信」

キャラクターの可愛さに衝撃を受けた「遊人」の漫画! エロ漫画はちょっと。。。という人まで隠れて読んだ名作です!
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,632 view
漫画「鬼平犯科帳」が25周年! 衝撃で話題となっているポスターキャンペーンにプレゼント企画も!

漫画「鬼平犯科帳」が25周年! 衝撃で話題となっているポスターキャンペーンにプレゼント企画も!

連載開始から25周年を迎える、ご存知さいとう・たかを先生の劇画「鬼平犯科帳」。リイド社は「鬼平犯科帳」の25周年を記念して衝撃的なポスターで様々な読者層への広報を開始。ネットで話題となっていますが、なんとそのポスターのプレゼント企画もあるようです。
本当は妹を虐待していた…??映画『火垂るの墓』と原作者・野坂昭如の実体験の違い

本当は妹を虐待していた…??映画『火垂るの墓』と原作者・野坂昭如の実体験の違い

1988年に公開されたジブリ映画『火垂るの墓』。その主人公・清太は、原作者・野坂昭如のアバターとされていますが、しかし、野坂は戦時中、清太のような妹想いの好青年だったわけではなく、幼い妹の食料を奪い、虐待まで加えるというひどい兄貴だったといいます。
こじへい | 56,096 view
80,90年代芸能界マジギレ事件簿

80,90年代芸能界マジギレ事件簿

今では自主規制とやらで、つまらなくなったと言われるテレビ。しかし、今より規制が緩かったせいか、テレビの世界では芸能界でマジギレをそのまま放送するなどぶっ飛んだ事件も存在していました。そんな事件簿を懐かしく振り返ってみてみましょう。
yt-united | 100,172 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト