【古市佳央さん】生死の境を彷徨い生還した男は、やがて人の心を震わせる講演家に。
2017年11月2日 更新

【古市佳央さん】生死の境を彷徨い生還した男は、やがて人の心を震わせる講演家に。

「生きる意味」「本当の幸せ」在り来たりかもしれない言葉も、この人の口から発せられると魂が宿ります。古市佳央さん。最強の講演家と称される彼は、日々幸せに生きる人を増やすべく全国を行脚。16歳にして全身の41%を火傷し実に33回もの手術、生還と引き換えに変貌した容姿。いまや貪欲なまで前向きに生きる古市さんの言葉に触れることが出来ました。

2,296 view
青春ど真ん中の16歳。
当時の多くの若者が夢中になったバイクで、古市佳央さんは大きな事故に遭遇。

全身の41%を火傷し奇跡的な生還を果たしたものの、16~23歳という多感な時期におよそ3年間の入院生活と33回にも及ぶ手術。そして生き永らえたものの変わり果てた容姿…。

真に生死の境を彷徨った彼はどのように自らを生に奮い立たせていったのか。

後に「最強の講演家」と称されるまでになる古市さん。
1000回を超す講演活動を通し、いまや多くの聴衆に感動と勇気を与える彼の「生きる意味」「本当の幸せ」を、その飾らない言葉でお話いただくことが出来ました。

~乗り越えられない壁はない~古市佳央さん

-「世界一幸せな歌う講演家」として全国を飛び回り、多くの人々に感動や勇気を与えていらっしゃる古市さんですが、その活動の原点はどこにあるのでしょうか?
恩人と呼ぶべき方が、かづきれいこさんでした。
この方とは火傷跡のリハビリメイクを通して出会ったのですが、ある時にかづきさんの導きで講演する機会をいただきました。当時29歳のころです。

そこから17年間、お声がかかる度に講演活動をするようになりまして。今から4年半前に「講演家」を生業とするようになりました。
古市佳央さん

古市佳央さん

1971年東京都生まれ。16歳の時にバイクの事故で全身の41%に大やけどを負い、自分の焼けただれた姿に絶望し、真剣に自殺を考える。
その後、3年間の入院生活の中で奇跡の出会いが次々と訪れ、再び生きる希望を取り戻す。
33回の移植手術を終え、23歳で退院し中古車販売業を起業し社会復帰するも、火傷した事を後悔する日々が続く。
2000年に、リハビリメイクの第一人者のかづきれいこさんとの出会いで講演活動をはじめる。その一歩がきっかけで日本全国を講演活動で回るようになり、2013年には全国講師オーディションで優勝し日本一の講師となる。
現在は温かい世の中にするためにオープンハートの会の運営や、全国各地の小中学校や大学、企業に招かれての講演活動にも力を注いでいる。
(公式HPより)
講演を始めた頃は自分に自信がありませんでした、火傷をして容姿が変わってしまいましたからね。人前で話したり自分をさらけ出すなんてことはとても勇気がいることでした。

でも、お声をかけて下さったかづきさんが「あなたの言葉は多くの人に勇気を与える」と仰ってくれたんです。数々の学校やセミナーで話をしましたが、最初の頃は「なんで自分が…」というのが正直な気持ちでしたが、やがてたくさんの人が感想をくれるようになりました。
「話を聞いて力をもらった」「本当に有難う」って。

自分の人生で「有難う」と言われる経験はありませんでしたから、なんで有難うと言われるのか戸惑いながらも、やがて自分自身が大嫌いだった自分を受け入れてくれる人がどんどん増えてきたんです。

目立つことが好き!活発だった少年時代

-16歳で大きな事故に遭遇した古市さんですが、どのような少年時代を過ごされていたのでしょう。
小学校の頃はスポーツも勉強も大好きでしたよ、クラスでもおそらく目立つ少年で負けず嫌い(笑
中学生になると中2の頃からヤンチャになって勉強もしなくなって…高校にあがってもほとんど学校に行かず、高2の春にバイク事故に遭ってしまったんです。

生死の境を彷徨う事故、壮絶なリハビリ生活

【古市佳央】大谷由里子の全国講師オーディション2013 グランプリ受賞時の講演

古市さんご自身のスピーチでは、言語に絶する壮絶な事故が克明に語られています。
-楽しい青春時代が一転、壮絶なリハビリが始まりました。
16歳って普通なら青春真っ盛りの楽しい年頃ですよね。そんな時期にトータル3年入院して手術を33回、当時は想像を絶するような痛みと苦しみでした。

火傷の手術って残酷でして、普通は切って縫って治すのが手術なのですが火傷の手術は終わってからが痛い。治してるのか傷つけてるのか分からない激痛と向き合う日々なんです。

痛みのなかで人生に絶望します。事故前には決して戻らないことが分かって、どうやって生きていこう…楽に死ねる方法を考える日々、でも死ねませんでした。
-病室でテレビを見たり音楽聴いたり、そんな当たり前の日常はありましたか?
テレビも音楽もありましたよ、普通に話せるようになってからは看護師さんや他の患者さんとも仲良かったり。

周囲が優しかったり庇ってくれたお陰で、肉体的には辛かったけれども精神的には和らぐことが出来ました。

23歳にしてリサイクル屋を創業、やがて中古車屋を展開

-16歳から最初の入院が1年8か月、そこから入退院を繰り返してトータルで3年間。23歳の時に最後の退院となりました。
23歳の時に最後の退院をしてこの体で生きていこうと決意しました。
ただ退院してもやることがないんですよね、学校も資格もないしこんな容姿で働けないし…。
そんなとき、友達が「リサイクル屋をやったらどうか」と話をしてくれました。
-90年代中盤、リサイクル屋は珍しかった気がします。
そうですね、「リサイクル屋」という言葉が出始めた頃だったかと思います。
電化製品を買って売る、みたいな個人売買から始めてやがて「中古車」を扱い始めました。
当時はインターネットがなく、個人名で専門誌に投稿して告知をしていました。
ハンディキャップを乗り越えて中古車事業を展開!

ハンディキャップを乗り越えて中古車事業を展開!

-いまやインターネットビジネスで大きな市場となっている分野ですね。
そうですね、当時はまだガリバーもありませんでした。車の買取ショップだとアップルがちらほら出てきたくらい。車は単価が大きくて、そこそこ売れて儲かってきたんです。

でも最初はなんの知識もなく手探りでしたね、親の伝手を頼ったり。そこから次第に情報やネットワーク、仲間が出来てようやく知識や流れが見えてくるようになったんです。

扱った車は当時、セダンならマークⅡ、チェイサー、クレスタ。スポーツ系ならRX-7、GT-R、セリカ、MR-2、フェアレディZ、シルビア、180sなどなど。少し経つとアメ車でアストロやカマロ、コルベットなどでした。

29歳、かづきれいこさんとの出会いから講演家へ

29歳の頃にかづきれいこさんと出会い、以降は中古車屋を営みながらも講演活動を始めていきました。

中古車市場が少し下火傾向になって時代の流れに左右されていくものだなと感じながら、一方で講演活動もお陰様で忙しくなっていきまして4年半前、すでに40代となっていましたが「講演家」の活動一本に定めるというチャレンジを始めました。
-40代となってから、まさにチャレンジを始められたのですね。

「人は誰でも自分のことを好きになれる」

ステージに立つ人は外見もよくて知識もあって、そんなふうに思っていました。だから自分には無縁の世界で、自分は自分で雑草魂で生きていくしかないと思っていたんです。

でも、そんな自分がステージに立つことに意味があるのだと教えてくれたのがかづきさんでした。

おそらく僕は普通の外見の人よりも臆病でした、それも長い期間。それが1000回を越える講演のなかで、自分の殻を破ったんだと思います。

「いま苦しんでいる人も必ず乗り越えられる」

「自分が事故に遭ったことは運命だったのではないか」「その経験を語ることが自分の使命だったのではないか」そんなふうに考える自分になっていきました。

例えば「タイムマシンがあったら事故の前に戻りたいか」と問われて、この活動を始める前は絶対に戻りたかった、でもいまは戻りたいと思わなくなりました。自分がいま幸せで、自分が大好きだからだと思います。

ありのままの自分を受け入れてくれる人とたくさん出会ったからこそ「人は誰でも自分のことを好きになれる」「いま苦しんでいる人も必ず乗り越えられる」と伝えたいんです。

人生は一度きり、いろんなことをやりたいし挑戦したい。どうせ死ぬのだから、時間がもったいないですよね。
-溢れるような前向きな挑戦心と伝える気持ち、その原動力はどこにあるのでしょう。
本質的には僕自身が「もっともっと人に認められたい」願望を持っているのかなと自己分析しています、そのために頑張ってるんじゃないかと。

そして講演家としては、言葉に共感してもらう力を込めたいと願っています。それは講演という短い時間で何を伝えることが出来るか、そして何を持って帰ってもらえるか。

「感動」の次、それが「感動して行動を始める」ってことなんですよね。その場で感動して終わりでなく、持って帰ってから行動に反映してもらうという。
現在、古市さんは全国で講演活動を行う傍ら、多くの人々がステージに立つ機会をプロデュースしたり、自身の言葉を唄に乗せて届けるライブ活動も始めています。

また多忙な合間を縫ってなんと東海道や中山道を完歩しつつ道中で講演を行っていくなど、ユニークな取り組みを精力的に展開。いずれは小説も書いてみたいと意欲を見せています。

また「ほっこり笑顔」という言葉で、無意識では硬直しがちな表情をちょっと意識して笑顔を作り、みんなが思いやりの心を抱けるようにと精力的に伝える日々を送っています。

ご自身の苦悩と乗り越えた体験をこれからも全国の人々に届けていく古市さんは、これからもたくさんの前向きな笑顔を生んでいくに違いありません。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【創業した者、されたモノ】 ホンダをつくりだした男、本田宗一郎の夢

【創業した者、されたモノ】 ホンダをつくりだした男、本田宗一郎の夢

幼い頃に見た夢。戦争によって中断された研究。相棒、藤沢武夫の存在。本田技術研究所、本田技研工業――ホンダをつくりだした男はいかなる経歴の持ち主だったのか。【創業した者、されたモノ】第2弾。
冬子の群青 | 638 view
デートカーと言えば? バブル時代のモテ車について語ろう!

デートカーと言えば? バブル時代のモテ車について語ろう!

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、自動車がデートにかかせなかった時代、どんな車に乗っていましか?憧れましたか?俺たちのデートカーについて語ろう!
ズバリ、最も憧れた車orバイクは!?

ズバリ、最も憧れた車orバイクは!?

「西部警察」に「あぶ刑事」他多数、常にカッコいい車やバイクを見て育った私たち。ズバリもっとも憧れた車は何でしたか?
【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

2017年8月26日公開の映画「幼な子われらに生まれ」。”親愛なる、傷だらけのひとたちへ。”と綴られたこの映画には結婚、離婚、再婚、連れ子、大事な人の死と、ミドルエッジ世代に無関係でない幾つもの人生の”ひだ”が描かれています。傷つきながらも幸せを紡ごうとするオトナたちを、ドキュメンタリーのようなリアリティで表現した三島有紀子監督に、インタビューの機会を頂戴しました。
『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタン☆ブギ』は、楠みちはるによる日本の漫画、またこれを原作とした実写版映画1987年に東映系にて公開されました。その出演者のその後を追ってみました。
ギャング | 36,551 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト